ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

タグ:Nintendo Switch ( 15 ) タグの人気記事



おはようございます、ゴッチです。

d0087129_08054197.jpg

Nintendo Switch「大乱闘 スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラSP)」、早速プレイ中です!
果たして僕はこの特盛りボリュームを満足に楽しむことができるのか…!


とりあえず、操作設定とかをいじった後で、サウンドテストを覗いてみると…


d0087129_08054715.jpg

うん。

すでに恐ろしい曲数が聞ける(笑)


これ、まだ一部であって、ゲームやってると増えるんでしょう…?
全曲解放とかするの超大変そうだぜ…

そして選曲が「すれちがい伝説II」のバトルの曲とか、「みんなのリズム天国」の「さる時計」とか、いちいち僕の好きなツボを付いてくるのが憎い!
さる時計、好きだったなあ。
思わずリズムに合わせてボタンを「パン!パン!」って押しそうになる(笑)

d0087129_08054938.jpg

っていうか、なぜ「Wiiショッピングチャンネル」の曲まで入れてあるんだ(・。・;;
いや、この曲、かなり好きだけど!
大量にあるPCエンジンのバーチャルコンソールを選ぶときにどれを買うか決めかねてるときのモヤモヤした気持ちが蘇る!

しかもオリジナル曲だけじゃなくてわざわざZUNTATAがアレンジしたやつまで入ってる!
毎回思うけど、スマブラは気合いを入れるポイントがおかしい(笑)

ZUNTATAと言えば、ZUNTATAアレンジの「かっぺいの歌」が大好きです。
「どうぶつの森」シリーズにあるのでぜひ聞こう!





いかんいかん、このままではサウンドテストだけで満足しそうだ…
ゲームしよう。

そうね、まずはオーソドックスな一人用「勝ちあがり乱闘」をやるか。


d0087129_08054432.jpg

……。

キャラ少ねえ!

あ、でもこれ、初代スマブラの時のファイター達かな?
ゲームを進めるとキャラが増える仕様でしょうけど、あえて初期キャラをこれにしてあるのが憎いですねえ。


d0087129_08055127.jpg

今回の一人用のメインであろうモード「灯火の星」もやってみました。
ネットで見かけたけど、この「灯火の星」って、逆から読むと「星のカービィ」とも読めるんだとか…
なるほどねぇ。

ファイター達が次々と敵に捕らわれていく中、唯一助かったのがカービィだし、ディレクターの桜井さんの代表作といえばやっぱりカービィですもんね。

このモードは、広いマップを歩き回りながらいろんなゲームキャラ達の「スピリッツ」というものを解放しつつ、捕らわれたファイター達を助け出し、最終的にラスボスに挑む…って感じですが、なんかものすごい長丁場な感じです。
分岐もいろいろあるし、道中のバトルにはいろんな条件があって、その対策としてスピリッツの組み合わせが重要だとか。


d0087129_08055558.jpg

このバトルではスネークが相手で、スピリッツはスネークマン。
蛇つながりでしれっとメーカーの壁を越えている(笑)

d0087129_08055722.jpg

おお、懐かしい、エキサイトバイク!
この「エキサイトバイク」と「F1レース」はパッケージイラストが鈴木英人さんだよな、と思ってネットで裏を取ろうと思ったら全然そんな情報が載ってないですね(汗
いや、でも、僕の記憶では鈴木英人さんだったような…


d0087129_08055951.jpg

うお、こんなのもいるのか(笑)
ゲームボーイのローンチソフト「役満」のパッケージなんて知ってる人はもう完全におっさんであろうに(・。・;

スピリッツを集めるだけでもかなり楽しそうですね!

d0087129_08055386.jpg

というわけで、早くもスマブラSPの時間泥棒ぶりにガッツリとやられています。
「灯火の星」をクリアするだけでも相当な時間遊べそうだ…
しずえさんに会えるのはいつの日か。

ちなみにこの記事はスマブラSPの充実したサウンドテストを流しながら書いてます。
シリーズ毎でセットが選べるので、今のところ「その他」カテゴリを流してますが、これはとてもいい…!
「レッキングクルー」だけで何曲あるんだか(笑)
大好きな曲だからどれもいいけども!


ともかくスマブラSP、ヤベエぞ!
制作中の壁紙の作業がまったく進まないッ!

[PR]
by maguro_negi | 2018-12-08 09:30 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

d0087129_07575332.jpg

先日配信になったNintendo Switchの「SEGA AGES アウトラン」ゲットしました。

えっと、僕がアウトランの移植版を買うのは、メガドライブ版、セガサターン版、3DS版ときて今回で4回目です(笑)


設定でブラウン管っぽい表示もできるぞ

d0087129_07575524.jpg

スイッチ版は3DS版をベースに、立体視以外の追加要素、つまり「ワイド画面対応」「60フレーム動作」「クルマのカスタム要素(もちろんON・OFFできます)」「新曲2曲追加」といったものを引き継ぎつつ、さらなる追加曲が収録されています。

追加曲はアウトラン基板で実際に鳴らせるようにプログラムされたものと、ストリーミング再生のものがあるんですが、ストリーミングの曲だとミュージックセレクト画面でカセットとして表示されるこだわりぶり。
というかこのクルマ、カセットデッキ付いてたのか…(笑)

d0087129_07575975.jpg

アウトランのメガドライブ版は、ドラムの音が「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のと同じで、音色はアーケード版に近いものがあるけどドラムがソニックなんだよなぁ…とちょっと残念だったんですよね。ドラムも適当な所があったりしたし(笑)
でも、そのメガドライブ版にはいつもの3曲に加えて「STEP ON BEAT」という新曲が入ってました。
「STEP ON BEAT」は、アーケード版の3曲とは毛色が違うけど、リゾート感があって結構好きだったんですよね。


ストリーミングの曲はカセットになってる

d0087129_07575764.jpg

そんな思い入れのある「STEP ON BEAT」が、今回のスイッチ版ではアーケード音源版にアレンジされて収録されてます!これはうれしい!

その他にも追加曲はいくつかあり、スイッチ版アウトランは全9曲!すげえ!
というわけでいろいろな曲を流しつつドライブしてます。
難易度を下げて制限時間を長くして、さらにクルマのカスタム要素を全部ONにすればスゴい速さな上に滑りにくいというチートマシンになるのでゲームが相当簡単になります。

d0087129_08545972.jpg

僕はハンドルとバンパーのカスタムをONにして、曲がりやすくて当たりに強いマシンにして遊ぶのがお気に入り。
これだとマシンカラーもイイ感じの赤になるし。
BGMを堪能しながら快適にドライブできますよ!

d0087129_07580195.jpg

アウトランに思い入れがある人ならこれはいい一本だと思いますよ〜!
ワンプレイが短くてお手軽だし、お値段も安いしね。


d0087129_06281036.jpg

テーブルモードでちょっと遊ぶのにもちょうどいいです。
こうやってパソコンの前にちょこっとスイッチを置いてお手軽にアウトラン。
最高すぎる…!
ちなみにこの記事は写真のような状態でサウンドテストモードにしてBGMを流しながら書いてます。
改めて聞いてみると、3DS版での追加曲「CAMINO A MI AMOR」がかなり良いな…!





さあ、次のSEGA AGESはなにが来るかなあ。
「スペースハリアー」が来たら買うなあ。
でもスペハリって3DS版のものをベースにしたとしてそれ以上に追加要素とかあるのかな?
あれかな、「ニンテンドーラボの操縦桿で操作できる」とかかな(笑)

[PR]
by maguro_negi | 2018-12-02 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

久々に塊魂を体験


こんばんは、ゴッチです。

d0087129_09044780.jpg
Nintendo Switchで体験版が配信された「塊魂アンコール」やってみました。
「塊魂」は初代とその次くらいまではやったなあ。
「塊魂アンコール」は初代のリマスターみたいですね。


d0087129_09044519.jpg

グラフィックはHD画質になったけど、雰囲気はPS2版のままですね。
まあこれがツヤツヤしたフォトリアル画質になったらそれはもはや塊魂の世界観じゃなくなるから、単に解像度を上げる程度で良いんだろうな。

体験版では最初のステージ「イエ」が遊べます。
いやあ懐かしい。
クリスタルキングの曲もいいですねえ。
塊魂シリーズは曲がかなりイカしてますよね!
ビッグアーティストが意外な曲を担当していたり、名曲も多い。
一方でクセのある曲もあるので、嫌いな曲もありますが…

d0087129_09045075.jpg

「塊魂」のメインキャラとも言える「王様」ですが、僕はワガママで態度がデカい王様の性格が好きじゃない。
続編では王様が子供の頃、厳しい父親に反発してグレていた時期があるという過去がわかるので、まあこんな性格なのもわかるけど(笑)


d0087129_09044308.jpg

フム、次は製品版か…
内容が初代のままならば、最終面はかなり好きだったし、エンディングの松崎しげるの曲「愛のカタマリー」も大好きだったので惹かれるものはあるけども、まあ思い出だけで大丈夫かな。
エンディングもちゃんと遊べるのも良かったですねえ。

曲ならサントラ持ってるしね。

しかし、ナムコはこういうセンス溢れるゲームを最近出してないですねえ。
僕が知らないだけかな?

[PR]
by maguro_negi | 2018-11-25 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
先日プレイ感想を書いたNintendo Switch「CELESTE(セレステ)」。
一度登頂したんですが、その後も引き続きプレイをしてました。

↓「CELESTE」の感想文はこちら。


再びチャプター1から登り始めて、地道にハートとイチゴを集めつつ進めていましたが…



おれはやった!

d0087129_07331495.jpg

よっしゃあああ!
イチゴコンプリートッッ!

いやー、たくさん死にました(笑)
えっと、イチゴをコンプするのに僕は2948回も死んだのか…

でもおかげでエンディングの一番イイヤツが見られました。
いやー、よかった。



初登頂時のエンディング。上のと比べるとみんなのテンションが低い(笑)

d0087129_08064519.jpg

イチゴをあまり気にせずクリア優先でやったときの死亡回数は1169でした。
そのあとチャプター8に挑むためのハートを集めつつ、せっかくなのでイチゴも集めながらじっくりとセレステマウンテンを登り直して、ついにイチゴコンプリート。



チャプター8スタート。新たな苦行の始まり(汗

d0087129_07331622.jpg

そのあとチャプター8にも挑戦して、無事これもクリア。

「これもクリア」とかサラッと書いたけど、チャプター8、マジ難しかった…
なんなのあれ…(笑)

通常なら、ダッシュは一度地面に着地すれば回復するけど、チャプター8ではダッシュ回復アイテムを取らないとダッシュが回復しないという仕様で、マグマパターンと氷パターンを切り替えるスイッチを上手く使って、乗ると動き出す岩の勢いを利用してのジャンプを駆使して…

ええと、ともかく、難しかったです(笑)
スクショを撮ってる余裕なんかないです(・。・;;
終盤はマグマに追われながらの長丁場のアクションを一気に決めないといけなくて、キツかったなあ。

でも、チャプター8終盤で思いがけず感動。
くっそー、シンプルながらも憎い演出だぜ…!
また泣きそうになっちゃったじゃないか。
最後はちょっとウルウルしながらアクションを頑張りました。
ゴール手前はそれほど難しくなくて助かった。





トゲだらけの地形なので休憩するヒマがないのがつらい

d0087129_07331962.jpg

B面のチャプター1はなんとかクリア。
恐ろしく難しいけど、なんか、「あきらめたくない!」って思っちゃうんですよね。
難しくて煮詰まった時、気晴らしにA面を遊ぶと、自分が上達してるのがわかって気持ちいい。
初見の時に何度も死んだ場所が、今の自分はいとも簡単に突破できちゃう!

まあ、でも、B面完全攻略とかはやめておこう…(汗



セオのインスタ

d0087129_07332239.jpg

ところで、登場人物のひとりで自称カメラマンの「セオ」は、ゲーム中マデリンとセルフィーを撮ってインスタっぽいSNSに投稿してますが、その画像が本物のインスタに上がってます。
開発陣のこういう小粋なサービス、とてもいいですねえ。

セオのインスタには他にもいろんな画像が上がっており、ゲームクリアした後に見るといろいろと感慨深いです。
マデリンとも良い関係を保ってるようですね。


d0087129_07332476.jpg

チャプター8もクリアしてイチゴもコンプしたし、僕のセレステ登山はここで終了としよう。
いやあ、セレステ、本当に面白かった。

さて…次は少しゆるめなゲームがやりたいかな(笑)

[PR]
by maguro_negi | 2018-10-26 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

「ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン」を堪能したことで、自分の中に2Dアクションブームがやってきました。

ということで次にチャレンジするのはこれだ!


d0087129_08055149.jpg

「山のぼりゲーム」!

……。

も、もとい!
(いや、山のぼりゲームも大好きですが)


d0087129_08055396.jpg

Nintendo Switch「CELESTE(セレステ)」!
これ、世間の評価がかなり高いそうで、前から気になってたんですよね。
よゐこの動画でも面白そうだったし。


d0087129_08055673.jpg

主人公はMadeline(マデリン)という女性。
心に悩みを持っていて、あるとき思い立って「セレステマウンテン」にやってきました。
セレステは登山者の心を映すと言われています。
「この山を登れば、自分の中の何かが変わるかもしれない」
マデリンはそんな思いで、セレステの頂上を目指すのです。





d0087129_08055850.jpg

セレステは、横視点のジャンプアクション。
ドットで描かれた世界は美しく、場面や雰囲気に合わせたBGMや環境音、迫力のあるSEがゲームを盛り上げます。
長いオープニングとか覚えにくいチュートリアルとかはなく、ゲームスタートしてすぐゲーム。
いいぞ、こういうのがやりたかったんだ。

一見するとスーパーファミコンあたりの時代のゲーム画面に見えますが、特にレトロな感じを狙ってるわけじゃなく、凝ったエフェクトがふんだんに使われていて古くささはありません。
SEやBGMに関してもレトロハードのスペックを意識した作りではないようです。
「ドット絵で作られている現代のゲーム」って感じ。



「こんなんどうやって行くんだ…」の連続

d0087129_08060047.jpg

ゲームルールは実にシンプル。
アスレチックを進んでゴールを目指す。
これだけ。

マデリンのアクションは基本的に4種類。

・ジャンプ
壁に掴まる
壁からのジャンプ
空中ダッシュ

これらのアクションを駆使して、一見「無理だろこれ」みたいなステージを次々にクリアしていくことになります。


d0087129_08060252.jpg

山頂への道は険しく、何回、いや何百回も失敗します。
でもものすごい速さでリスタートするので、
ぐぬぬ、もう一回!」という気になれます。
リスタートポイントは細かく設定されているので、頑張っただけ先に進める感じ。

そうやって何度も繰り返しているうちに、次第に操作のタイミングが洗練されてきて、難関がクリアできるようになってくる。
この、難しい!できた!の繰り返しが気持ちよくて、いつしか夢中になってやってしまうのだ…


チャプター毎に地形のメインとなるギミックが変わり、手を変え品を変えプレイヤーを楽しませてくれます。
新たな仕掛けに慣れないうちはもちろんドカドカ死にますが、爆速リスタートのおかげで、ミスしたときのストレスをほとんど感じないのがすごい。

このゲーム、難しい反面、操作性やシステムがものすごく快適だから、何回死んでもやり直す気になれるんですよね。





山のイチゴ狩りは命がけ

d0087129_08060700.jpg

道中には収集アイテムの「イチゴ」が浮かんでいます。
空中に浮かぶフルーツ…いかにもゲーム的(笑)

イチゴはいかにも取りにくそうな場所にあって、普通にクリアするだけでも大変なのに、イチゴも狙うとなるとさらに難易度が上がります。
ちなみに集めたイチゴの数で、エンディングがちょっとだけ変わります。

やり込み要素はイチゴの他にも、隠されたカセットテープを取ると挑戦できるようになる高難易度な裏面「B面」があったり、B面をクリアすると出現する更なる高難易度な「C面」があったり、チャプターをノーミスでクリアすると手に入る「ゴールデンストロベリー」というのもあるらしい…

こ、このゲームを…ノーミスでクリアする…だと……???


d0087129_08060956.jpg

しかも、なんかゲームギアっぽい画面の「8ビット風セレステ」まで遊べちゃう。
(どうやらセレステのプロトタイプのようです)

ゲーム性はほとんど変わらないので、こっちでも何度も死にながらつい1面クリアまで遊んじゃった(笑)



音関係はマジで素晴らしい

d0087129_08061558.jpg

このゲーム、BGMがシーンにすごく合ってて、チャプターの始めは静かな感じだけど先に進むにつれ音に厚みが出てきて曲が盛り上がってきたり、場面に合わせてBGMのボリュームが小さくなったりと音の演出が秀逸。

リアルな足音や風の音などのSEや環境音もすごく良くて、厳しい雪山に挑む気分をグイグイ盛り上げてくれます。
セレステを遊ぶ時はぜひ大音量で遊んで欲しい!
ホントに音が良いんです!

ゲーム終盤、山頂へのアタックになるチャプター7のBGMは、辛い道中も苦にならないような、すごく前向きになれる良い曲がプレイヤーの疲れを吹き飛ばしてくれます。
シーン毎のアレンジ、盛り上がりもすごくいい!やる気になってくる!





会話シーンもイイ感じ

d0087129_08061715.jpg

チャプタークリア時や道中で時折挿入されるイベントシーンでストーリーが語られますが、しっかりゲームと一体化しています。
なぜこのゲームがこれほどまでに難しくしてあるのかということにも、きちんと理由付けがしてあります。


d0087129_08062754.jpg

マデリンはうつ病であり、パニック障害も持っているので、これまでいろいろと苦労してきたそうです。

自分の心を映しだすという不思議な山、セレステを登ることで、自分を見つめ直して新しい一歩を踏み出そうとしているマデリンの目には、どうもセレステはひどく難しいジャンプアクションとして見えているようだ…

この死にまくりなアクションゲームをクリアできるくらいに頑張らなきゃ、マデリンが抱えている心の闇を乗り越えられないってのも、なんだか納得しちゃう。


そしてゲームを進めていくうち、いつしか僕自身の中にも、
「ゲームを投げそうになる気持ち」と、
「難しくてもクリアしたい気持ち」が
せめぎ合ってることに気付きます。


『 征服すべきは山の頂上ではなく、自分自身だ
登山家、エドモンド=ヒラリーの言葉。

…うん、そうかもしれない。
自分と向き合い、問題を乗り越える。
自分と戦い、頂上へ辿り着く。
セレステというゲームは、たしかに登山とよく似ています。

面白そうだなと思ってゲームを遊んでいただけなのに、自己洞察みたいなことを考えさせられるとは…
霊峰セレステ恐るべし。


d0087129_08063035.jpg

登場人物は少ないですが、みんな個性的で好きになれるし、山のパワーでマデリンの闇の部分が具現化した黒マデリン(僕が勝手にそう呼んでる)との会話もすごくいい。
初めは憎しみ合っていたのに、登山の途中で何度か話し合ううちに、次第に理解し合えるようになってくる。
ゲーム中盤の会話のシーンで僕は泣きましたよ、ええ。

セレステ、ストーリーもシンプルながらもとてもいい話です。
セリフのローカライズもいい感じ。
一部和訳が変な部分もあったけど、まあ流れで内容はわかるからいいか。


ただ面白そうだなと思ってジャンプアクションゲームを遊んでいただけなのに、感動して涙するとは…
霊峰セレステ恐るべし。





プレイヤーはいつしかマデリンと一体化している

d0087129_08064064.jpg


終盤でマデリンが「2段空中ダッシュ」を会得するんですが、当然ステージが2段空中ダッシュを駆使しないとゴールできない作りになるので、難しさがまた一段と上がります。
しかも、それまでリスタートポイントが細かく設定されていたのに、終盤は長丁場のアクションをこなさないと次のリスタートポイントに辿り着けなくなります。


2段空中ダッシュをうまく使って、あのイチゴ取れる?

d0087129_08063239.jpg

汗ばむ手で身をよじるほどの難しいアクションをどうにかこうにかこなして、最後の最後でミスったときの悔しさったらないです(笑)
でも見事にアクションが決まったときは思わずガッツポーズが出るほど嬉しい!


終盤はこれまでの集大成ともいえるマップが待ち構え、ここはまさに自分の中にある弱い心との戦いと言えます。
そしていつしかマデリンと一体化したかのような気持ちになっています。

コントローラーを握る手、ボタンを押す指にこんなに力が入ったことは久しぶり。
心の中で「もうちょっとだ!マデリン頑張れ!つかまれーッ!」って叫びながらやってました。


d0087129_08064519.jpg

で、ようやく山頂に到着して、マデリンとともに晴れやかな気分になりつつスタッフロールを見ながら下山して、エピローグを楽しみました。
僕は登頂までに1169回死んだようです(汗)
そしてイチゴは全体の半分も集まってないや…。





さて、ともかくエンディングを見たし、これにて僕のセレステ登山は終わり…と思ったんですが、


d0087129_08064875.jpg

ち、チャプター8!?
続きがあるの…?
このゲーム、チャプター7で終わりじゃないのかーっ?

とりあえずやってみたけど、道が途中で塞がっている…
どうやらこれまでの道中で見落としていたアイテム「ハート」を取ってこないと先への道は開かないっぽいです。

最近の僕なら、
「スタッフロールも拝んだし、ここらでいいかぁ」
と思って終わりにするんですが、なんだろう…

「もう一度、最初から登ろう」

っていう気になるんですよね。
山って不思議。

あの死ぬほど(文字通り何度も死んだ)大変だった道中。
さらに隅々まで探索するのはさぞや大変だというのに、僕はそれをやろうという気持ちになっている。





d0087129_08065648.jpg

というわけで、最終チャプターにチャレンジするため、現在アイテム集めをやっています。
ついでにイチゴもできるだけ集めよう。
その一環でB面にも少しチャレンジしたけど、B面はBGMのアレンジが変わっててこれはまた違った雰囲気!


d0087129_08065350.jpg

いやあ、セレステ、ホント良いゲームだ。
世間での高評価も納得の、僕としてもぜひみんなにオススメしたい一本です。

難しいと書いたけど、
確かに難しいけど、
頑張った先には素晴らしい達成感と感動が待ってます。
少しでも興味があったら、ぜひ勇気を出して、セレステ登頂への一歩を踏み出して欲しい!
安いしね!


さあさあ、こんな文章読んでるヒマがあったら、あなたも早くセレステに登るんだ!

[PR]
by maguro_negi | 2018-10-19 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

アンチャーテッドも終わり、「なんか手軽なゲームやりたいな」と思って探してたら、気になるタイトルがあったのでやってみました。


サークル オブ ザ ムーンではない

d0087129_09202663.jpg

Nintendo Switch「Bloodstained:Curse of the Moon(ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン)」!

今作は「悪魔城ドラキュラ」シリーズのプロデューサーでおなじみ五十嵐さん(IGA)がコナミから独立して現在制作中の「ブラッドステインド」のシリーズ。
キックスターターで資金を集めていたときの約束に「8ビットスタイルのゲームを作る」というのがあったそうで、それが本作「カース・オブ・ザ・ムーン」ってわけです。
これは本編の前日譚にあたるストーリーみたいですね。

ブラッドステインド本編は探索型になるようですが、本作はステージクリア型。

…というか…ぶっちゃけ…これは…
すごく…「悪魔城伝説」です(笑)

スタッフも悪魔城伝説を相当意識して作ったんだなあというのがビシビシ伝わってきますね!
でもマネというよりはリスペクトというか、これドラキュラの新作と言われても納得できるほど素晴らしい出来映え。

主人公「斬月」は、武器が刀でリーチが短いですが、動かした感じはまさにドラキュラ的挙動。


d0087129_09202961.jpg

グラフィック、サウンドともにファミコンの性能を意識した作り。
流れる水に入った時には、スプライトの限界でキャラがチラチラするというところまで再現(笑)
※ファミコンはキャラが横に5個以上並ぶと表示限界を超えてしまいチラチラしてしまうのだ。

でも要所要所で二重スクロールとかしてたりするので、「見た目がファミコンなのにすげえぞ!」みたいに思えます。
感心したのはシャンデリアが揺れる時に、安易にスプライトを回転させたりせずにちゃんとアニメパターンで傾けさせているところですね。


d0087129_09203467.jpg

ボス戦は、ファミコンでは表示できないであろう大きさのキャラがグイングイン動いたりします。
でも、大きなキャラでも胴体と腕は繋がってなくて別パーツだったりと、ファミコン的な部分はきちんと守ってて、こだわりを感じます。
ボスは「倒した!」と思っても最後に一発デカイ攻撃が来るので気を抜いてるとやられます(笑)


d0087129_09203105.jpg

階段を上るときに、画面上のステータス表示部分にキャラが突っ込んだりする表現とか、ファミコン的なチープさがたまらない!


d0087129_09203754.jpg


道中で仲間になるキャラは、ムチで戦うミリアム(ブラッドステインド本編の主人公)、杖と錬金術(炎とか氷とか)で戦うアルフレッド、そしてコウモリに変身する能力を持つ、どう見てもドラキュラ伯爵の息子さんぽいジーベル。
なんだかみんなどこかで見たような気がするけど、き、気のせいさ!

仲間キャラはいつでも切り替え可能なので、地形や敵に適したキャラで攻略できます。
うっかり穴に落ちそうになって、「ヤバイ!」とジーベルに切り替えてコウモリになって落ちるのを回避とかも可能。
悪魔城伝説をやっていた頃の僕なら対応できてたんですが、
おっさんになった今では、「ヤバイ!」と思っても操作が追いつかずにスッと落ちます(笑)

しかもキャラ変更ボタンとサブウエポンボタンを間違えて、サブウエポンを投げながら穴に落ちる有様(汗


難易度はそれなりに高めだと思いますが、設定でダメージを受けたときに後ろに吹っ飛ぶ「ベテラン」か、吹っ飛ばない「カジュアル」かを選べます。
僕はおとなしくカジュアルで遊びました(笑)
カジュアルだと難易度がだいぶマイルドになりますね〜。
いや!吹っ飛んで穴に落ちてこそドラキュラ的ゲーム!」と思う方はベテランで頑張りましょう。


d0087129_09210116.jpg


各ステージの前には全体図も完備。
これこれ!こういうのあると嬉しい!


d0087129_09210491.jpg

サウンドは低音が素晴らしい8ビットサウンド。
いかにもドラキュラ的なメロディがゲームを盛り上げます。
特に幽霊船のBGMと城の書庫っぽい場所のBGMは秀逸ですね!
いや、1面のBGMも良いよな…
2面の雰囲気も好きだよなあ…
まあとにかく!BGMは素晴らしい!
ドラキュラっぽい曲が多いけど、他にも「MADARAっぽいなあ」とか「月風魔伝っぽいぞ」みたいな曲もあります。
とにかくあの頃のコナミっぽい!





d0087129_09210608.jpg

ラスボスを倒すと崖の上から城を眺めるシーン。
うん、やはりこういう終わり方だよな!
でも城は崩れないけどね(笑)


ところで!
カース・オブ・ザ・ムーンは、条件を満たすと別の物語「ナイトメアモード」が選べるようになります。
ナイトメアモードでは仲間が揃っている状態で遊べるので、今まで行けなかった分岐にも行けたりして、新鮮な気分で遊べます。
で、ボスがちょっと強くなってます。


d0087129_09210944.jpg

ナイトメアモードのラストステージは通常の時とは別ステージで、いろいろあって雰囲気がゴシックホラー調から一転、和風ホラー調に切り替わります。
そう…まさに「月風魔伝」的な!


d0087129_09211143.jpg

ラスボス前は長い下り階段と、ドラキュラとは逆の演出が憎い!


ソシテ センリツノ ヨルガ オトズレタ

d0087129_19024704.jpg

このゲーム、プレイヤーの行動次第でエンディングが変わります。
そういや悪魔城伝説もマルチエンディングでしたねぇ。
結局誰も居なくなるエンディングとかもあります(・。・;
慣れればスタートからクリアまで1時間程度なので、周回プレイも苦にならない。




d0087129_19014963.jpg

現在は「アルティメットモード」というのに挑戦中。
このモードでは斬月の能力が強化されていて「二段ジャンプ」や「溜め斬り」などが使えます。
ドラキュラ的ゲームでありながらもかなり豪快な戦いができます。
これはこれで楽しいな…!


d0087129_09211475.jpg

いやー、カース・オブ・ザ・ムーン、何度も周回したくなる作りですごい楽しいのに、これで1,000円以下とは安い、安すぎる!
軽い気持ちで買ったけど、これは想像以上のナイスゲームでした。
ファミコンでワクワクしてたあの頃の気持ちになりたい方、悪魔城ドラキュラ好きの方、これは是非ともオススメです!

で、これを遊ぶとブラッドステインド本編も遊びたくなるという…!
むぅ、は、はやく本編を発売してください!

[PR]
by maguro_negi | 2018-10-05 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

おはようございます、ゴッチです。

「Nintendo Direct」、先ほど見終わりました。
Switchに過去のFFが多数移植されたり、懐かしい初代「塊魂」がリマスターされたり、Switch版「ゴーバケーション」の発売日が思っていたより年末だったりといろいろとニュースがあったものの…

もうね、最後の映像で全部持って行かれました。

d0087129_07553666.jpg

「スマブラSPECIAL」にしずえさん参戦!

うおおおおおおおおおおおおお!

d0087129_07553835.jpg

うーん、かわいい…!
しかも「むらびと」の見た目違いじゃなくて新キャラ扱いなのか!?


で、さらに驚いたのがその後の映像で、

d0087129_07554052.jpg

た、たぬきちさん…それはまさか……!?


d0087129_07554446.jpg


うごおおおおおおおおおおおおお
Switchにぶつ森新作きたあーーーーーーーーーッッ!

持ってて良かったNintendoSwitch!


2019年か…
2019年のいつ頃だろうか…

それがたとえ年末だろうとも、俺はやらねばならない…!
正直スマホ版は「見た目は良いんだけど、これじゃないんだよなぁ」という感じだったので、
完全新作の本編が発表されたのはかなり嬉しい!

これはやるぞう…
ああ早くローンを組ませてくださいたぬきちさん!

さ、というところで、仕事行ってきます(笑)
今日はあんまり仕事に集中出来ないかもしれない(・。・;

[PR]
by maguro_negi | 2018-09-14 08:07 | 雑談 | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
スプラ2雑記です。

d0087129_07540715.jpg

スプラトゥーン2、発売1周年!
ということで、「イカvsタコ」のフェスが開催!
ついにこの時が来たか…!

その昔、イカとタコが争った戦争と違い、今回はお祭りってわけですね。
「オクト・エキスパンション」で、タコがイカの世界にやってくる流れもきちんと説明できたし、発売1周年に合わせてイカvsタコのフェス開催といろいろタイミングもバッチリ。
スプラトゥーンにおいては相変わらず任天堂は流れの作り方というか、プロモーションが上手いなあ!





このフェス当日の土曜日、僕は久しぶりに友達とお出掛けをする予定でした。

しかし、前日の金曜日に熱が出てしまい(・。・;;
クラクラしながら仕事をなんとか終わらせて帰宅して熱を測ったら38.5度。
もはやお出掛けどころじゃねえ…
泣く泣く友達に予定を延期してもらい、この土日は家で大人しくしてました。
楽しみにしてたんだけどなあ。

奥さんには「遠足を楽しみにしすぎて熱を出す子供か!」と言われました。





d0087129_07541183.jpg

土曜、フェス当日。
朝には熱が下がってきたけど、喉が痛い。
こないだまで夏風邪をひいていた息子のがうつったみたいだ。
息子のは喉が痛くなるやつだったので、僕のもそれっぽいですね。


と、とりあえずSwitchを起動してスプラ2をやります。(いや、寝てろよ)


土日は家に居ると決めた以上、せめてフェスは満喫してやるーッ!


フェス用のステージが準備されてる

d0087129_07541466.jpg

朝なのでまだフェスは始まってないけど、準備されたステージを見ると、参加するほうも「いよいよフェスが始まるぜ!」って気持ちになって、盛り上がってきますねー!

でも土曜は朝にブキを試したり少しバトルをしたくらいで、午前中は病院に行って、昼間はだるくて寝てたり息子の相手をしたりしてフェスに参加できなかった。

それはつまり、
日曜日に全力を出すしかないということだ…!





d0087129_07541640.jpg


日曜日の朝。
喉の痛みでまともに眠れなかった(・。・;
ともかく午前5時半にフェスに参加。
我が家では息子が起きてきたらゲーム終了なので、ガッツリ遊ぶにはこれくらい早起きするしかねえ!

いくぞ!
目指せ「えいえん」!
うおおおお!!


d0087129_07541922.jpg

この時間帯はステージが「ザトウマーケット」「タチウオパーキング」とミステリーゾーンで、お気に入りのボールドマーカーでは射程的に厳しいかなと思ってブキを変えて挑みました。

選んだのは「N-ZAP89」。
高い連射力と、ボールドマーカーよりは長い射程、ロボットボムで敵を牽制、スペシャルのマルチミサイルは物陰でサッと使って、高台などに居座る敵をどかしたりするのに役立ちます。
つまり、索敵能力が結構重要そうだ…


d0087129_07542430.jpg

…えっと、数戦遊んでから結局ボールドマーカーに戻しました(笑)
やっぱり慣れてるブキの方が気持ちよく戦えるよね!
ね!

とはいえフェスは長丁場なので、途中で疲れてきますね。
時間に余裕のある人ならフェス開催日の好きな時間に休憩を挟みつつ遊べるだろうけど、


d0087129_07542611.jpg

この「おとうさん」にはそんな時間的余裕はないッ…!
明け方から家族が起きてくるまでの数時間、全力で取り組むしかないのだ…!

そんな意味も込めて名前を「おとうさん」にして挑んでました(笑)
これを見たら、

「ああ、おとうさん、こんなに早起きしないとゲームやれないのか、かわいそうに…」

と思って少し手加減してくれたり…
しないですかね、やっぱり(^^;


あ、名前と言えば「なつやすみだーーー」みたいな名前の人がいましたね。
なるほど、夏休みに入った小学生〜高校生か。

まあ、今のうちに飽きるほど長い夏休みをせいぜい満喫するがいいさ…
でも夏休みの宿題は早めに済ませろよ!
おとうさんとの約束だ!




フェス中はギアをいろいろと変えてました。最終的には「復活短縮」「スペシャル増加」を付けてたりしました。
速度アップ系やインク回復UPとかも欲しかったところですが、今回はよく死んでたので(笑)、これは復活短縮でゾンビのように何度も蘇ってやろうと思いまして。
まあでも、結局どれが正解ってないですよね。
自分が一番やりやすいのが真の正解なんだろうなー。


d0087129_07542169.jpg

ランクを「えいえんのイカガール」まで上げたところで、僕のフェスの戦いは終わりました。
よ、よし、やりきったぜ…!


d0087129_07542925.jpg

そしてフェスの結果はイカチームの勝利!
いやー、よかったよかった。
なんか負ける気がしてたんで、勝ったことがちょっと意外でした。
ランクを上げきったところでフェスに満足したけど、勝利するとより嬉しいですね〜。
スーパーサザエもたくさん手に入ったし、ギアの吟味も進められるなあ。

でもまだ「これ!」っていう超お気に入りのフクが見つかっていないので、力を入れて育てたいと思えるフクが見つかるまではサザエを大事に取っておこう。

そんなわけで一周年フェス、おつかれさまでした!
今回は投稿絵をやらなかったけど、次回のフェスでお題が面白いものだったら僕もなにか描いて投稿しようかな〜。
ゲーム中で採用されると嬉しいんですよね、あれ。


d0087129_07543100.jpg

そういえば、ふとヒーローモードに行ってみたら行方不明だったアオリちゃんが戻ってきてましたね。
こないだのアップデートで戻ってきたんだろうか。
でも再びラスボス戦をやるとまたタコ側へ戻ってるアオリちゃんなのであった(笑)

[PR]
by maguro_negi | 2018-07-27 00:00 | Splatoon(スプラトゥーン) | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

d0087129_08323884.jpg

いやー「オクト・エキスパンション」、どうにかクリアできました(汗
なかなかしんどかった…
でも、終わってみると「楽しかった!」と思えました。
とは言え、全部のチャレンジをクリアしたわけじゃないんでまだやることはあるんですが…

というわけで、ここで感想を書くことにいたします。


※ご注意※
この記事はゲーム終盤のネタバレを含みます。





ではあらためて、オクト・エキスパンションの説明から。
「スプラトゥーン2」の有料DLCとして配信された「オクト・エキスパンション」。
これは一人用に特化したDLCです。


d0087129_08324121.jpg

オクトの舞台はどこかの地下施設。
プレイヤーは記憶をなくしたオクタリアンの実験体「10008号(8号)」。

3号(前作のヒーローモードのプレイヤー)と一緒にタコツボバレー近くを調査中に3号とはぐれてしまったアタリメ指令は、記憶を失った8号を見つけ、共に地下施設からの脱出を試みます。

ところでアタリメ指令と3号はタコツボバレー近くの「ナンタイ山」というところからこの地下施設に来たらしいけど、ナンタイ山…

これ、軟体生物の「ナンタイ」と栃木の「男体山」を掛けたネーミングじゃなかろうか。
栃木にゆかりのある人か山に詳しい人じゃないとわからないネタだな(笑)


で、この「オクト」、ひとことで言えば、

ヒーローモードの高難易度版。

ファミコンで大ヒットした「ロードランナー」の後に高難易度版として出た「チャンピオンシップロードランナー」みたいな感じ。
あれ難しかったなあ…


スプラ2のヒーローモードは初見でもなんとなくノリでクリア出来て、たまに難しめのステージがある位だったけど、「オクト」は初見でクリアはほとんど出来ない位のクセのあるステージだらけ。
何度もやり直し、攻略法を体で覚えていくような作りです。

幸いリスタートは快適なので、繰り返しプレイでもそこまでストレスは溜まりません…が、
遊ぶ時間が有限なおっさんには厳しいな(笑)


難しいけど「も、もう一回!」って気持ちになる

d0087129_08324486.jpg

辛いならやめちゃえばいいじゃん、とも思うけど、なんか不思議と繰り返し挑戦しちゃう。
任天堂のアクションゲームはそういうところありますよね。
あと、ヒーローモードを遊んでると、マリオギャラクシーをやってるようなワクワク感を感じます。
要所要所でスーパージャンプを挟む演出が、遊んでいて気持ちいいんですよね〜。

せっかく始めたんだからクリアしたいし、難しいけど面白いから最後までやりたい。
ただ難しいだけだったら、きっとすぐ止めてましたよ(・。・;



エイトカプセルを守るやつ、超ムズイ

d0087129_08324789.jpg

ホントに難しいステージは、何度か失敗すると「クリアしたこと」にできます。
僕もエイトカプセルを守るステージがどうしてもクリアできずに頼りました。
攻略情報を見たりしてると、しつこくやっていればいつかクリアできそうな気もするけども…





魚の女子高生…

d0087129_08325077.jpg

スプラトゥーンの世界観の良さ、デザインセンスのトンガリ具合は前作、2ともに素晴らしいけど、オクトもやはり素晴らしい出来映え。

地下鉄の雰囲気、乗客の不気味なデザイン、SE、BGM。
いやあどれもスゴい良いんですよね〜!
スプラトゥーンのグラフィックはリアルだけどフォトリアルではない、良く出来たCGアニメ的な雰囲気がとても素晴らしい。

d0087129_08325319.jpg

演出の細かい部分もメッチャ凝ってて楽しいです。
今回、アタリメ司令と共にガイド役になるテンタクルズの二人の過去なんかもわかるチャットログ、ただのテキストだというのに、なんだこの楽しさは…!


地上が近づいてきた時のステージのBGMが超カッコイイ!

d0087129_08372556.jpg

地下鉄でのステージを戦い抜いて「アレ」を4つ集めると、と地上へ向けて本格的に脱出することになります。
ここはガイド達の通信がメタルギア風で、良い意味で開発の悪ノリが楽しいです。
いやあ、スプラトゥーンの開発スタッフははっちゃけてて良いなあ!


d0087129_08330738.jpg

d0087129_08325813.jpg

ラストバトルは見事な夕焼けを背景に超カッコイイ曲に乗せてイベントバトル!これはアガる!

手順を覚えてしまえば楽だけど、うまくやれるようになるまで何度もミスってしまいました(・。・;
ラストバトルは「ナワバリバトル」の形でやるあたりがニクイ演出です。
本編のヒーローモードもライドレールが最後の演出に使われてたけど、このライドレールは「俺カッコイイ感」を演出するのにホントに役立ってますねえ。
冷静に考えてみると、ライドレールに乗って的当てゲームをやってるだけだというのにこのカッコ良さ…!


3号の絆創膏が超カワイイ

d0087129_08330358.jpg

スタッフロールのデザインセンスや曲も相変わらず素晴らしい。
なんか、さっきから「素晴らしい」って単語をかなり使ってますが、本当にオクトは素晴らしい出来でした。


d0087129_08331064.jpg

で、オクトをクリアすると、通常のバトルなどでタコが使えるようになります。
見た目が違うだけかと思いきや、モーションも違うんですね。
タコガールはイカガールよりも女性っぽい動きになってます。


勝利ポーズなどもイカとは別になってるこだわりぶり

d0087129_08331253.jpg

別にイカと同じモーションでも誰も文句言わなかったと思うのに別のモーションを仕込むとか、任天堂のこだわり、すげえや…!


d0087129_08331514.jpg

雰囲気の違うヒーローモードのステージが増える程度に思っていたけど、世界観やストーリーもここまできっちり作り込んであるとは。
DLC、つまり「もっとやりたい人向け」として作られたわけだからこの難易度というのも納得です。

d0087129_08330063.jpg

難しいけど、スプラ2を遊ぶなら、オクトはやっといた方がいいですよ!
これはいいものだ。

[PR]
by maguro_negi | 2018-07-14 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
PSO2話です。

2018年4月4日、ニンテンドースイッチ版PSO2、
「ファンタシースターオンライン2 クラウド」のサービスが始まりました!


さっそく試してみた

d0087129_23592736.jpg

というわけで、我が家のスイッチでPSO2やってみようじゃないか!
TVモードで遊ぶと明らかにPS4の方に分がありそうなので、テーブルモードで遊びました。
携帯モードでも遊んだけど、僕のボタン設定では2本のスティックとL・R・ZL・ZRを多用するせいか、かなりやりにくかったです(笑)
本体を支えながらは遊びにくい…

テーブルモードなら、見ての通りの「小さい画面で遊ぶPSO2」って感じです。

お手元の画面でPSO2がお手軽に遊べちゃうのは良いですねぇ!

ただ、やはりPS4のコントローラの方が操作は快適です。
まあこれは慣れればそこそこ操作できると思うけども。
ボタン設定もカスタムできるし。

d0087129_23592991.jpg

通信速度的には「まあこんなもんかな」と思えます。
遅延はひどくはないけど、なんとなくちょっと遅れてる感はありますね。
でもこれも少し遊べば慣れちゃうと思います。

グラフィックはPS4版と比べるとさすがに厳しい。
ま、PSvita版と比べれば圧倒的に良いです(笑)

あと、これは仕方ないと思うけど、クラウドゲームゆえに動きの滑らかさがかなり犠牲になってますね。
これは残念だ。
グラフィックよりも滑らかさを優先した方が、ゲームとしては遊びやすかったんですけどね〜。
少し遊べばなんとなく慣れてはきます。
PSvita版も滑らかさはこんなもんだったし。
しかしPC版やPS4版を知っているとこれは物足りないです。





ジェネがなんか違う。お前は誰だ…!

d0087129_23593256.jpg

ハルコタンのタイムアタックを5戦やってみたけど、これくらいならスイッチでも問題なく遊べますね。
ただ、全編スイッチでやるかというと、「だったらPS4起動するわ」って思います。

ソフト立ち上げからクラウドサーバに繋いでゲームが遊べるようになるまで地味に時間がかかるので、PS4をスリープから復帰させてPSO2をやる方が早いし。
「PSO2クラウド」はオンラインゲーム、それもクラウドゲームという形を取っているので、スイッチの魅力のひとつである「スリープ復帰が爆速」が損なわれています。
ここが爆速だったら、かなり魅力があったんだけどな〜。


というわけで、PSO2クラウド、今のところの感想としては、

やれなくはないけど、
PCやPS4持ってるならそっちでやるべき

って感じです。
今回僕が試してみたように、タイムアタックだけとかならスイッチでやってもいいかも。
家の中の好きな場所でPSO2が遊べるのはなかなか魅力です。
ただ、先述の通り起動に少々時間がかかるのが惜しい。
データをダウンロードしなくても最新バージョンになってるというのは確かに魅力だけど、ダウンロードして快適になるのなら僕はそっちの方が良いです。
それを実現するにはスイッチにSDカード挿して容量を増やす必要がありそうだけども…



[PR]
by maguro_negi | 2018-04-06 00:00 | ファンタシースター | Comments(0)