ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

<   2017年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧



こんばんは、ゴッチです。
「ゼルダの伝説BoW」話の続き。





相変わらずあてのない旅を続けています。
途中、失われた記憶をひとつ思い出し、それをインパさんに伝えると青い服を渡されました。


青い服ゲット

d0087129_19011277.jpg

おお、これはパッケージなどに描かれているリンクの服じゃないか。
どうやらこれが今作におけるリンクの普通の服みたいですね。
これを着ていると敵のHPの数値が見えるようになります。
なるほど、これで敵の大体の強さがわかるってことか…
格上の敵は明らかにHPの数字が多いですしね。

でも防御力的にすごいってわけじゃないみたいだし、寒かったり暑かったりする場面では着替えることもあるので…まあ特にこの服にこだわらなくてもいいのかな?


※時刻はゲーム内時間です

d0087129_19012083.jpg

その後、海辺にたむろしてた魔物を追い払おうとしたら意外と強くて長期戦になったり、


d0087129_19012384.jpg

偶然出会った強敵みたいなのと戦ったりしました。
この「ヒノックス」はそんなに手こずらなかったなあ。たまたま強い両手剣を持っていたのでそれを使ったからなのかもしれないけど。

それにしても、今のリンクさんは敵の攻撃を2発喰らうと大体死にます(汗
せめて3発くらいは耐えたいけども…
単にハートが少ないのか、防御力が低いのか、薬などで防御力アップの効果を付けることが前提のバランスなのか。

ともかく戦闘のたびに作り置きしてある料理を結構消費してますね(・。・;;
またキノコ狩りやケモノ狩りの日々がはじまる…
持ち物に重量制限がないのが救いです。





今度のゾーラの里はゴージャスだなあ

d0087129_19012859.jpg

キザな印象のゾーラ族の「シド王子」という人に(強引に)ゾーラの里を救ってくれとお願いされ、ゾーラの里へ向かいました。
味方であるはずの神獣「ヴァ・ルッタ」がガノンに操られてしまい、大量の水を吹き出し続け、このままだと里の貯水池が決壊して大変な事になるという。

100年前、ガノンとの戦いに敗れたリンクはゾーラの里ではあまり歓迎されてない感じ。
でもリンクにはガノンと戦う為に神獣を味方に付ける目的があるので、いろいろ皮肉を言われてもガマンしつつ依頼をこなします…


d0087129_19013976.jpg

ところで、ゾーラの里に寄る前にこの辺りのシーカータワーを起動させてませんでした。
おかげでこのゾーラの里の一件、ずっとマップがわからない状態でして(汗
大きく迷うことはなかったけど、会話中に地名が出てきてもどこなのかわからないのでやりにくかった…
結局タワーを起動させたのは里を救った後でした(笑)

大きなイベントをやる前にはタワーを起動させよう!
約束だぞ!


このシーン超盛り上がる!
d0087129_19013363.jpg

ゾーラ族の王様から特別な防具を貰い、準備を整えて神獣攻略に挑みます。
この神獣「ヴァ・ルッタ」との戦いは熱かったですねえ!
滝登りジャンプから落ちつつ矢を放つ時のクライマックス感!
壮大でカッコイイBGMも手伝ってテンション上がりましたねえ。


神獣内部のボス

d0087129_19014726.jpg

で、神獣を鎮めると神獣内部へ入ることになります。
ここがいわゆる「ダンジョン」になってるんですね。
広さはそれほどでもないけど、仕掛けが大規模ですごく凝ってる。

「ははーん、あれ動かすんだ…、ああ!それでそこ登るのか!」

と、仕掛けの解き方に気付いた時はものすごい気持ちいい。
いやーゼルダ楽しい!!

ひとつの仕掛けで複数の謎を解くことになるので、これよく考えたなあと感心します。
あと神獣内部は画面右下のマップ表示がグリグリ動いてやたらカッコイイです。

ボス戦は思いの外あっさりと終わりました。
ボスを倒すと「ハートの器」貰えるんですね。
ここはお約束通りだった、良かった(笑)
いや、ハートの器はありがたい、本当にありがたいです。


ところで、ゾーラの里で貰える防具は泳ぐスピードがアップするだけじゃなくて、滝をものすごい勢いで登る力があります。
これ便利!そして気持ちいい。

オープンワールドになったとは言え、こういう「ザ・特殊能力」が身に付けられるってのはゼルダ的ですよね。滝登りはパワーも使わないからガンガン使えてナイスです。





ゾーラの里の一件が終わってからは、またあてのない旅に戻りました。
なんとなーく祠を探したり、サブチャレンジをこなしたりしつつウロウロしてます。


d0087129_19014951.jpg

ハイリア湖上空を滑空してみたり、


d0087129_19015434.jpg

今度はハイリア湖をイカダで渡ってみたり。


d0087129_19015949.jpg

むう、ウロウロしてたらなんだか景色の感じが変わってきたぞ。
近くの馬宿で話を聞いたら「ゴロンシティ」というのがこの先にあるらしい。
フム、また大きなイベントの予感。
今度はタワーを起動させたり、準備をしっかりしてから臨むとしよう(笑)

あ、そうそう。
リモコンバクダンを強化したらかなり使いやすくなりました。
これからはちょっとした戦闘はバクダンに頼ろう。

俺の名はリンク…
暗号名は ボマーだ!






d0087129_19021925.jpg

ところで前回の雑記以降、ゲームに集中しすぎてあまりスクリーンショットを撮ってませんでした(^^;

いえね、Wii Uだとスクショ撮影が面倒でねぇ…ゲームに戻るのに結構待つし。
でも今回の話題はぼんやりとした場面のスクショばかりだったので、話題にするかどうかはともかく、きちんとスクショを撮っておこうと思ったのでした。

くそう、こういう時はスイッチの方がいいなあと思っちゃうぜ…
スイッチのスクショ保存は早いのだろうか。
というか撮ったらすぐネットにアップしないと画像が保存できないってのが面倒なんですよ!

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-28 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
友達にお題を出してもらって、スマホの壁紙を作る「壁紙シリーズ」。
今回は、先日までブログで制作過程を連載していたものです。

※画像クリックで原寸サイズが表示されます

d0087129_15203921.jpg


ご存知「初音ミク」さん。
なんだかんだで僕はミクさんを結構描いてる気がするな…!

これはブログでやった通り、iPadのみで完結させています。
ただ、Pixelmatorからjpegを書き出すと強めに圧縮がかかってしまうので、この絵はjpeg書き出しだけPhotoshopを使いました。
いつもの壁紙シリーズならPixelmatorで書き出したjpegでも十分綺麗なんだけど、この絵は結構気に入ったのでできるだけキレイに出力したかったもんで。

まあ、画像を拡大したり注意して見ないとノイズがあることがわからないとは思うけど、ちょっとしたこだわりというか…





Procreate上での作業動画です




せっかくなので今回のキャラ絵が出来るまでをProcreateで動画にしました。
以前他の絵で動画を上げたことがあるけど、それと比べるとペン入れの部分がだいぶ違ってます。

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-26 03:09 | 壁紙いろいろ | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
iPadでミクさんのスマホ壁紙サイズのイラストを作るという話題です。
今回は最終回、仕上げ作業です。





キャラ絵が出来たので、これをスマホ壁紙サイズの背景に合わせて仕上げをします。
大体の場合は、キャラ絵を「Pixelmator」に持ってきて、Pixelmator上で適当な背景を作るんですが、今回はエフェクトとか入れようと思うので、まだProcreateで作業します。


d0087129_08030467.jpg

キャラ絵とは別に新しいキャンバスを開き、
事前に「Dropbox」に用意しておいたスマホ壁紙サイズの枠を読み込みます。
ここでようやくDropboxさんの登場!
いつもならMacで用意した資料やテクスチャなどの素材を一旦Dropboxに置いておき、iPad側で必要に応じて取り出す、って感じで使います。

…でも、今回の絵では資料もテクスチャも使わないので、Dropboxさんの出番はほぼないのだった…(笑)


d0087129_08030658.jpg

さっき貼り付けたスマホ壁紙サイズの枠をアタリにして、適当に背景を作ります。
各エフェクトはそれぞれレイヤー分けをしておきます。

Procreateには背景やエフェクトに向いているブラシがいろいろ用意されているので、こういう背景もすぐ作れちゃいます。
こういうブラシを知らない人が見たら、「ピカピカキラキラさせるの、どうやってんの?」と思うかもしれません。
実際は申し訳ないくらい簡単です(笑)

ところで今回みたいに背景を最終のサイズより大きめに作るのは、後で各レイヤーを微調整する時に大きめの方が融通が利くからです。
壁紙サイズギリギリでエフェクト等を作ると、「エフェクトが顔にかかっちゃうから、少しずらそう」と思っても、できなかったりする時があるんですよね。





背景ができたら、いよいよ作業場を「Pixelmator」に移します。
操作感は違うけど、PixelmatorはPhotoshopに近い機能を持っています。
大きさや位置移動、角度調節などの微調整や、レイヤーの色調整とか効果をかけたり、絵と背景を合わせたりする作業にはProcreateよりPixelmatorの方が断然便利ですね。


あらかじめPixelmatorにスマホ壁紙サイズのファイルを用意しておき、これを複製して今回の仕上げに使います。


まずはProcreate上で必要なレイヤーをコピー

d0087129_08031058.jpg

Procreateで作った背景を、レイヤー毎に「キャンバスをクリップボードにコピー」で、Pixelmatorへコピー&ペーストしていきます。
Procreateでキャンバスをコピーすると、その時に表示されているレイヤーが統合されるんで、レイヤー毎でのコピペをしていきます。


d0087129_08031146.jpg

この辺の作業はなんかもっと上手いやり方がありそうなんだけども…まあ、いいか(^^;
Pixelmatorへコピペしたものは、大きすぎて枠の外に出てる部分もちゃんとあるので、後で微調整も可能です。


d0087129_08031326.jpg

そしてミクさんもコピペでPixelmatorへ持ってきます。
壁紙サイズより大きめに作ったので大きく貼り込まれます。
サイズや角度を微調整して、エフェクトより下のレイヤーに配置。
キャラクタはレイヤーを統合した状態で貼りたいので、Procreateでは背景を非表示にした状態でコピー。
これで見えているレイヤー全てが統合された状態でPixelmatorへ貼り込めます。

さっきからアプリ間のコピペばかりで面倒ですねえ。

以前、仕上げ作業をProcreateでやろうとして、壁紙サイズに絵や背景を縮小すると、なんだか画像がネムいというか、ぼやけた感じになっちゃいました。
ウーム、Procreateは描いた絵を縮小するとぼやけちゃうのかな?
なので僕は構成作業ではPixelmatorを使うようになりました。


Pixelmator上で色合い、効果やフィルタなどをかけたりもできるけど、今回はあまり追い込まずに終わろうかしら。
でも最後にテキストを入れてみようかな。

ブラウザやメモアプリなどで適当なテキストを用意したら、Pixelmatorへコピペ。
テキストが表示されます。


d0087129_08031509.jpg

文字ボックスをお好みのサイズにして、テキストの書体や大きさ等を変更。
フォントは結構入ってるけど、ほぼ欧文ですね。日本語は少々。

ところで正直Pixelmatorでテキストを扱うのはやりにくいですね。
環境があるなら、大人しくIllustratorを使う方が圧倒的に捗りそうです。


これで完成とします

d0087129_08031814.jpg

テキストを入れてみたけど…なんか気に入らなかったので、結局文字はシンプルに「HATSUNE MIKU」だけにしました。

文字の他にも全体の色やバランスを微調整、適当な円を入れたりもしました。
よし、これでミクさん壁紙、ついに完成です!



d0087129_08032062.jpg

完成した絵は「共有」の「コピーを送信」で出力しておきます。
保管用の元データとしてpsdデータをMacに送ったり、壁紙用としてjpegを書き出して、この絵の全ての作業が完了となります。






と、いうわけで。
iPadでミクさん壁紙を作る話題、これにて終了でございます。
僕の作業手順、おかしい部分もいろいろあるとは思いますが、趣味でお絵かきしてる人のやり方ってことで、ひとつご勘弁ください(笑)

iPadのでお絵かきはまだまだ奥深いです。
Procreateでは他のタッチの絵とかも描いてみたいなあと思ったりしてます。
レイヤーを無視して、思い切り大きなサイズで描き込む絵とかもやってみたい。
Pixelmatorはもっともっといろいろ出来そうですね。

また話題にできそうなネタがあったら、iPadのお絵かき話題をやりたいと思います。
今回描いた絵は、3/26(日)にブログにアップしますので、よろしかったらどうぞ。

それでは長々と読んで下さった方、どうもお疲れ様でした!

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-24 00:00 | おえかき | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
iPadでミクさんのスマホ壁紙サイズのイラストを作るという話題です。
今回は彩色をやっていきます。





塗りの作業はProcreateを使うようになってからだいぶ楽になりました。
なぜ楽になったのか。


d0087129_17221772.jpg

それはレイヤーの機能「基準」と塗りの機能「ColorDrop」があるから。
基準(以前は「リファレンスレイヤー」と呼ばれていた)というのは、基準に設定したレイヤーを参照しつつ、他のレイヤーで作業できるというもの。
どういうことかというと…


d0087129_17222306.jpg

ペン入れのレイヤー「主線」を基準にしたら、とりあえず袖の黒い部分を「服黒」レイヤーに塗ることにします。
色を選んだら右上のカラーアイコンを押したまま、塗りたい範囲にポイッとドラッグ&ドロップ。


メチャクチャ簡単に塗りつぶせる

d0087129_17222821.jpg

袖の範囲を塗りつぶせました。

楽!

楽だけど、細い部分までは塗りつぶされないので、そういう部分は手動で色を入れておきます。
ちなみにColorDropの「しきい値」を変えれば塗りつぶす範囲の調整もできます。

この絵のように、ColorDrop機能を使えば、しっかりと線で囲ってあるものなら基本色の塗りがかなり捗ります。


よく使うブラシやコマンドを登録

d0087129_17223729.jpg

最近はショートカットメニューも使うようになりました。
好きなブラシや機能を登録できるので、わざわざ画面端のツールボタンで選ばなくてもOK。
ブラシと消しゴムを素早く切り替えたり、数タップ必要な「レイヤーの内容を選択」もこれなら一発。

とても便利!

ただ、出したくない時にメニューが出る事がありますね(・。・;
手袋でもすればいいんだろうか…


d0087129_17223391.jpg

基本色が塗り終わりました。
ここからは、塗りたい色のレイヤーを選んで「レイヤーの内容を選択」をして、色がはみ出さないようにしてから影色を入れていきます。


単にアニメ塗りならこれを全ての部分でやっていくだけですが、もうちょっと豪華にしたい場合、僕は基本色レイヤーの上に「調整レイヤー」を作り、エアブラシで細かい調子を加えたりします。
こういう場合、基本色のレイヤーの内容を選択した状態で、新しいレイヤーを作ります
これで選択範囲を維持したまま新レイヤーを塗れるのでとても便利。
はみ出しを気にせずどんどんエアブラシをかけられます。

前回で部分毎にレイヤーを分ける作業が重要だと書いたけど、それはこの調整レイヤーみたいに「選択範囲としても使う」という使い方もするから重要だったんです。
これを手動でどうにかしようとするとなかなか面倒だし時間がかかるんですよね〜。


各レイヤーは、Photoshopのように透明度の設定や各種レイヤー効果を設定できます。
乗算とか焼き込みとかですね。
これらも利用して塗りを進めていきます。


影色の上にエアブラシを重ねてグラデーションを調整

d0087129_17224734.jpg

大体塗り終わりました。
もうあとひと頑張りで塗りは完了です。


d0087129_17225155.jpg

腕の発光部分などの細かい部分も作ります。
昔ならIllustratorできっちり作ったものを変形させて貼ったりしてたけど、今じゃこの程度なら手書きで十分だ、って思うようになりました。
手書きの方が何倍も早いです。小さく入れるので仕上がりは大差ないし…


キャラ絵完成

d0087129_17225709.jpg

ハイライトや照り返しを加えて、キャラ部分は完成。
ハイライトを入れると、絵がグッと引き締まるので僕は好きな作業ですねえ。
これをやらないと、「完成!」って思えない(笑)

さて、このあとは背景と合わせて仕上げ作業になります。

というところで今回はここまで。
ようやくPixelmatorの出番です。
そして次回でこの話題は最終回!
続きまーす。


[PR]
by maguro_negi | 2017-03-23 00:00 | おえかき | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
iPadでミクさんのスマホ壁紙サイズのイラストを作るという話題です。
前回で下描きまで済んだので、今回はペン入れと彩色前の準備までをやります。





Procreateを使い始めて半年位は、
アナログでやっていたことをそのままデジタル化するようなやり方をしていました。
アナログの時は、線が均一なミリペンでペン入れをし、その後太さの違うミリペンを使い分けながら線に強弱を付けていく…
というやり方でペン入れをしていました。
仕上がりは良いんだけど、時間がかかるのが難点でした。

Procreateでも同じような感じで、大体均一の太さの線を引き、そのあと線に強弱をつけるやり方のペン入れをしていましたが、ある時から、
「何度もやり直しが出来るんだから、一回で強弱の付いた線を引こう」
と頭を切り換えることにしました。


筆圧で大胆な強弱が付けられる

d0087129_17011719.jpg

いくつかブラシを試してみて、気に入ったのがこの筆ブラシ。
iPad Creator」というサイトの管理人さんが自作されたもの。
この管理人さんは今回使う筆ブラシの他にも魅力的なブラシを自作されていて、僕もいくつか使わせて貰っています。

↓こちらのページからダウンロードできます。

別にペン入れはデフォルトの「スタジオペン」でも良いんですが、筆ブラシなら筆圧で面白い線が引けるし、
サッと引いた線がすごく良い感じになったりするので使っていて楽しい。
昔は「全ての線を自分の思い通りにしたい」と思っていましたが、今では考えが変わりまして、不確定要素のある筆ブラシでペン入れした方が、線が魅力的に思えたりします。





d0087129_17012271.jpg

それでは作業開始。
下描きレイヤーの上に主線レイヤーを作って、そこにペン入れをします。



d0087129_17012983.jpg

線の強弱をつけながらペン入れしていくので、作業の時短に繋がりました。
線を引いて、失敗したと思っても一手戻って引き直せる。
やり直せるからこそ思い切った線が引けます。
う〜ん、デジタルならではのペン入れですねえ。
やり直せるとは言え、ペン入れ作業は毎回緊張しますね。

下描きとペン入れの工程をデジタル化して、さらにペン入れの方法も変え、塗りのやり方を現在の手順にしてからは、体感的にかなり時短に繋がっているなと感じます。
今まで1日1時間くらいの作業で1週間くらいで作っていた絵が、今では3〜4日で上げられるようになりました。





d0087129_17013354.jpg

さて、ペン入れが終わりました。
ここからは彩色になりますが、彩色の前に準備をします。
この準備、結構重要な部分だったりします。

ここで言う準備というのは要するに、

使用するレイヤーをあらかじめ用意する

ってことです。

塗り始める前にこれをやっておくと、この後の彩色時に考えることが減って塗りに集中できます。
趣味とは言え作業効率が良くなれば、さらに遊びの時間を捻出できるじゃないですか(笑)


最終的にはもっとレイヤーが増えます


d0087129_17013833.jpg

レイヤー分けは人によって様々でしょうけど、僕の場合は「使用する基本色でレイヤーを分ける」という感じにしています。
このミクさんの場合、服に3色使っているので、レイヤーはグレー・黒・緑で3枚用意しておきます。
それに加えて肌色2枚、髪の毛用に2枚、白目や口の中、瞳、瞳孔、小物、さらにハイライトで2枚…

…うん、多いな(笑)
まとめられそうなレイヤーはまとめたりもします。
これが後々の作業でかなり役に立つので、めんどくさがらずにしっかり分けておきます。

この時、キャンバスのピクセル数を多くしていると、レイヤー上限にひっかかってしまうので要注意。
塗りながらレイヤーを増やしたりすることもよくあるので、キャンバスサイズを設定するときは気をつけましょう。

色の参考として、色分けがわかりやすい資料を画面の端に貼ることもあります。
資料からスポイトで色を参照する為に使います。
今回は色がわかっているので、色の参考は貼らないで進めます。


というところで今回はここまで。
次回は塗りに入ります。
続きまーす。

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-22 00:00 | おえかき | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
iPadでミクさんのスマホ壁紙サイズのイラストを作るという話題です。
今回は下描きをやっていきます。






通常、僕がブログでやっている「壁紙シリーズ」は、アニメ好きの友達からお題をいただくんですが、今回は見出しの通り「初音ミク」を描くことにしました。
なぜミクさんなのか。
それは資料を集めたりしなくても描けるから(笑)

いえね、壁紙シリーズのお題のほとんどは僕が知らないキャラなので、資料集めが結構面倒でして。
なので今回は僕が知ってるキャラにしました。


頭の中でどんな絵にするかが大体まとまったら、いよいよApple Pencilを持ちiPadに向かいます。
iPadはスタンドで少し立てています。
IKEAで300円位で買ったタブレットスタンドの底に、ホームセンターで280円位で売ってるクッションゴムを滑り止めに貼ったものを愛用しています。

何千円もする高いスタンドなんていらねぇ!

いや、あったらあったで便利なんだろうけど…





d0087129_07472161.jpg

Macの画面に資料画像を表示して、それを見ながら下描き。
この話題、「iPadのみで絵を完成させる」がテーマなんですが、資料を参照する所はパソコンに頼っています。
まあ、資料画像を映せるものなら別にパソコンじゃなくても良いんですが、やっぱりパソコンが便利ですね。


2画面表示機能もあるにはあるけど…

d0087129_08062218.jpg

ちなみにiPadには2画面表示させる機能もありまして、これを使えばパソコンが無くても資料を参照できるんですが、画面が狭くなるのでお絵かきにはあまり向いてない感じ。
本当に仕方なく使う事はあるのかもしれないけど、なるべくなら資料は別に用意したいですね。



d0087129_08062389.jpg

さて、まずはキャンバスを選びます。
プリセットから選んでも良いし、自分で好きな大きさを設定しても良いです。

Procreateはキャンバスサイズに応じて使用できるレイヤー数が変わる仕様になっています。
キャンバスを大きくすればするほど使用できるレイヤー数が減っていきます。
キャンバスのサイズはいろいろ試してみて、今は2000×2500pxで落ち着いています。
この設定だとレイヤーは最大36枚
僕の場合であれば、レイヤーを贅沢に使ったとしてもこれだけあれば十分だし、描いた絵がスマホ壁紙サイズ(720×1280)より大きくなるので、構成時に絵が小さすぎて困るということもないです。
このサイズでは、拡大して詳細を描き込む時にドットが粗くなっちゃうのが難点ですが、まあ僕の絵でそんな細かい描き込みはあまりないからいいかなと(笑)



d0087129_08062518.jpg

下描きを開始。
下描き用のレイヤーに、シャーペンブラシで下描きをしていきます。
線が黒いとペン入れする時に見辛くなるので、僕の場合は下描きは青を使います。

Procreateで多用するジェスチャーは、なんといっても「画面移動・回転」と「やり直し」ですね。
画面の拡大・縮小、移動、回転はすべて指二本で行います。
「やり直し」は指二本で画面をタップ。これで一手前にもどります。
消しゴムツールで消すよりもこっちの方が早いのでこれもよく使います。


d0087129_08062713.jpg

選択ツールと変形ツールを使うと、選択した範囲を移動させたり、拡大・縮小・回転ができます。
絵を描いている時に、
「この部分、ちょっとズラしたいけど描き直すのもったいないなあ」
「手をもうちょっと大きくしたいなあ」
「頭大きく描きすぎたなあ」
みたいに思うことはあると思いますが、選択ツールと変形ツールを使えば描き直さずに位置や角度や大きさを修正できちゃう。

iPadで絵を描く前は、下描きとペン入れはアナログだったので、これが出来るようになってものすごい助かりましたねえ。
腕や足の長さを伸ばしたりとか角度を変えたりとかもできちゃう。

「そんなの邪道だ、自分の力だけで勝負しろ!」

と思う方もいらっしゃると思いますが(僕もそう思う一人でした)、今は考えが変わりまして、
「これで時短できたり絵のクオリティが上がるのならどんどん使おう」
と思っています。



d0087129_08062979.jpg

そうこうしているうちに下描きが完成。
次はペン入れです。
続きまーす。

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-21 00:00 | おえかき | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
久々のおえかき話題です。
今回はiPad+Apple Pencilを使って、スマホ壁紙サイズの「初音ミク」を完成させるまでの工程を、5夜連続でやっていきます。





さて、「その1」ではこの話題で僕が使うデバイスやアプリをご紹介。
今回ではまだ絵を描き出しません(笑)


d0087129_07471901.jpg

iPad Pro(9.7インチ)128GB
iPadを導入する際、Air2とものすごい迷ったんですが、今思うとProにして本当に良かった。
絵を描いたりネットを見たり音楽を聴いたり動画を見たりマンガ読んだりゲームしたり。
今やMacよりも使用頻度が上がっており、もはや手放せなくなりました。

Apple Pencil
iPad Proを選んだ理由、それはこのApple Pencilが使えるから。
他のスタイラスやBluetoothペンを使っていないので比較はできないんですが、使い心地は素晴らしい。
すごく自然に使えます。
多少欠点はあるけど、良い所の方が上回っているのでそこまで気になりません。





d0087129_07490926.jpg

Procreate
iPadでお絵かきをするアプリはたくさんありますが、僕はこのProcreateを使っています。
ネットで調べて「これが良さそうだ」と思って買ったので、他のアプリは使ったことないです(^^;

作業の邪魔にならないスッキリした画面、多彩なブラシ、ストリームラインなど気の利いた機能、慣れると自然に出来るようになるジェスチャー、psdなど各種書き出しや作業を録画する機能まで完備。
Dropboxにも対応と、良い所が盛りだくさん。
僕のお絵かきにおけるメインアプリです。





d0087129_07490793.jpg
Pixelmator(iOS版)
大ざっぱに言うと、Photoshopのような画像編集アプリ。
iOS版の他にMac版もあります。
まだまだ使い慣れていないので一部の機能しか使ってませんが、Procreateではやりづらい構成作業がPixelmatorならとても楽にこなせます。
いろんなツールもあるし、図形やグラデーションの作り方も簡単。
レイヤーはもちろん、レイヤー効果やエフェクトもあります。
さらにテキストも扱えます。
僕はイラスト作品の構成・仕上げ作業に使っていますが、これで絵を描いたり写真の調整などもできるらしい。

キャンバスのリサイズ、psdやjpegなどへの書き出し機能があるので、完成した絵の出力もこれでOK。
Dropboxにも対応しています。





d0087129_07491223.jpg
Dropbox
とても有名なクラウドストレージ。
Mac、iPhone、iPad間のデータのやりとりで重宝しています。
これを使い始めて、「もうファイルをコピーするのに機器同士をケーブルで繋いだりUSBメモリを差したりする時代じゃないんだなあ」としみじみ思いました。
※ネタバレ:結局この話題ではDropboxさんの出番はほぼないです(笑)






iPadで初めて描いたのがこれ
d0087129_18371326.jpg

2016年夏にiPad Proを導入し、イラスト制作をフルデジタル化して早半年。
iPadで絵を描き出した当初はProcreateでキャラ絵を描き、それをMacに持っていき、PhotoshopやIllustratorを使って構成・仕上げという流れでした。
場合によってはペン入れまでをProcreateで、塗り以降をPhotoshopというやり方もしていました。
その後Procreate用に設定や手順を変えて、iPadのみでキャラ絵を仕上げられるようにしました。

そして2017年からは新たに「Pixelmator(ピクセルメーター)」を導入。
だいたいの構成・仕上げ作業はこれでまかなえるようになり、凝ったことをしたいと思う時以外はPhotoshopの出番がなくなりました。
これで、Macで作業をせずともiPad上だけで作品を完成させられるようになりました。

まあ、Illustratorはまだ使う場面がありますが、
iPad導入時の目標に掲げていた「脱Adobe」に一歩近づいたかな。
Illustratorも代替アプリがあるそうなので、これも近々触ってみようかと思っています。

どうやら将来、渋々Creative Cloudを導入せざるを得ない、ということはなくなりそうで一安心です。
仕事ならともかく、趣味で月額を払うのはやはり厳しいですしねぇ…(^^;


…さて、長い前置きがようやく終わりました(笑)
次回からようやく絵を描き出します。
やっとミクさんが登場ですよ!

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-20 00:00 | おえかき | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
友達にお題を出してもらって、スマホの壁紙を作る「壁紙シリーズ」。
今回は自分で勝手に作った物です。

※画像クリックで原寸サイズが表示されます

d0087129_14543583.jpg


ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」より「プルア」さん。
「ハテノ古代研究所」所長で、120歳くらいだけど若返りの実験を自分自身で試したら若返りすぎて子供になったそうです(笑)
想定以上に若返ったけど、本人は結構気に入ってるようだ。


d0087129_11395122.jpg

ちびっこ、メガネ、ニーソ、フリル、ランドセルにリコーダー。
プルア所長のデザインは萌え要素満載で、初めて見た時に「うお!ゼルダでこんなキャラ出すのか!」と驚きました。
まあランドセルにリコーダーが萌えかというと、ちょっと違う話になりそうですが(汗

ともかく衝撃を受けたのでつい絵を描いたのでした。
しかしゼルダ、面白いですねえ。
毎日楽しく冒険してます。

…とは言っても、朝起きてから出勤するまでの1時間程度なんですが(・。・;
休日は2〜3時間位ガッツリ遊んでます。
でもボリューミーすぎて一向にゲームが進んでる気がしない(笑)

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-19 00:00 | 壁紙いろいろ | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
「ゼルダの伝説BoW」話の続き。


間違いなく入口じゃない(確信)

d0087129_11392454.jpg

ハテノ村到着。
カカリコ村に続き、やはり変な所から村に入ったらしいです(笑)


d0087129_11392835.jpg

ハテノ村で最初に出会ったのは、空き家を壊している大工さん。
そして、この棟梁さんは…オネエっすね(・。・;
時のオカリナの時も大工はオネエだったなあ。
そして棟梁の謎の歌と踊り。

むぅ、やはりゼルダの登場人物は普通じゃないぜ…!

この空き家、お金とアイテムを持ってきたら買い取ることができるらしいけど、まだとても払える金額じゃないな(汗


d0087129_11393722.jpg

この村は平和な感じですね〜。
この辺は厄災ガノンによる被害が少なかったようで、比較的平和なんだそうです。


……。

あ!そういや、このゲームの目的の話をしてなかったや。





このゲーム、「厄災ガノン」を倒すことが目的です。
ゼルダのラスボスで一番有名なのはガノンなので、「やっぱりそうだよね」って感じです。

100年前、ガノンが復活して世界に大きな被害がありました。
ハイラル王家は事前に古代兵器などを準備をしていたにもかかわらず、ガノンを抑えられなかったそうです。
リンクもその時に一度ガノンと戦い、破れたそうです。
で、リンクは復活のための措置を受け、100年後に目覚めて今に至るというわけで。

ゼルダ姫は今も頑張ってガノンを押さえ込んでるらしいけど、それもそろそろ限界だそうで、リンクさんが世界各地を巡ってあれこれやって、ゼルダ姫の元に向かうというのがこのゲームのメインミッションになります。

でも、ガノンが居るハイラル城は行こうと思えばすぐ行けるそうです。

世界を巡ってリンクの味方に会ったり装備を強くしたりしてからガノンに挑むのが普通だけど、やろうと思えばいきなりラスボスに挑めるという。

ずいぶん思い切った仕様にしたもんだ…!

ちなみに僕はと言えば寄り道ばかりして、なかなかリンクさんの冒険が進みません(・。・;





さて、それではハテノ村をうろつきます。

d0087129_11394593.jpg

染物屋で服の色を変えられるというので、緑にしてみました。
やはりリンクさんは緑だよな!
すごくしっくりきました。
あとはいつもの帽子が欲しいなあ。

それはそうと、色を染める時のダイナミック染色には笑いました。


チェッキー(あざとい)

d0087129_11395122.jpg


「ハテノ古代研究所」に用事があるので行ってみたら、メガネのちびっこが居ました。
このちびっここそが研究所の所長「プルア」さん。
120歳以上らしいけど若返りの実験を自らにやったら若返りすぎて子供になったらしい(笑)

d0087129_11395479.jpg

ちびっこ、メガネ、ニーソックス、フリル、そしてランドセルにリコーダー(笑)
なんなんだこの萌え要素を詰め込んだようなデザインは…!
ゼルダの世界観ってファンタジー物にしてはかなり自由だと思っていたけど、ここまでとは…


d0087129_11401305.jpg

日記を読むと、数日掛けてだんだんと若返ったらしい。
年相応の言葉で日記が付けられているのが面白い(笑)
「マジエロい」「マジムカツク」とか、普通ファンタジーな世界観の話じゃ出てこない単語だろうけど、ゼルダはそのへんフリーダムですねえ。

そしてこの日記のある部屋、学校感がすごいです(笑)
学校の机、学校の椅子、なんかよくある巾着みたいなのぶら下がってるし、遠足のリュックみたいなのもある…

なんでこの部屋、こんなにこだわってるんだ…!
なんというか、開発スタッフの気合いみたいな物を感じます。
なぜこの部屋にこんなにも全力を出したのか(笑)



d0087129_11391776.jpg

ちなみにプルアさんのビジュアルに衝撃を受けたのでスマホ壁紙を作りました。
近いうちにブログにアップします。





d0087129_11401814.jpg

ハテノ村から先は、「どこへ行け」っていうわかりやすい目的はなさそうですね。
いくつかのぼんやりとしたヒントはもらえるので、それを頼りに冒険することになりそう。
どうやらこの先は自由に冒険を楽しんでくれ、って感じなのかしら。

これからは祠を探して攻略したり、気になる所へフラリと行ってみたりというあてのない旅になりそうです。
一応は四つの地方にそれぞれ居るらしい「神獣」とやらを探す目的があるけど、どこから行っても良いっぽいし、まあそのへんはおいおいやっていきますか〜。


イカダで川下り

d0087129_11402320.jpg

このゲーム、恐ろしく広いフィールド中にネタが詰め込まれてるので、冒険していてホント飽きないです。
フィールドもただのマップじゃなくて、いろんな遊びが詰まってる。
いわゆる謎解きダンジョンは「祠」がその役目ではあるけど、フィールド自体にもいろんな仕掛けがあるので、言ってしまえば今作は全編が謎解きダンジョンみたいなもんです。

そしてやたら細かいところまでしっかり作ってある。
崖を登ってたら雨が降ってきて岩が滑って落ちた時は、「よくそんな要素まで入れ込んだなあ」と感心しましたねえ。
SkyrimもFallout4もここまでフィールドのネタの密度は高くなかったと思う。
ベセスダのオープンワールドも恐ろしい物量だったけど、ゼルダは物量もある上にいろんな要素を「遊び」に繋げてるところがすごいです。
まったく恐ろしいゲームだ…僕に寝るなと言うのか(笑)


d0087129_11403186.jpg

さ、ということで、このところ連続でやってきたBoW雑記はここで一段落します。
この先はなにか面白そうなネタがあったら雑記の続きを書こうかしら。
それではみなさま、良い旅を!
チェッキー!(←気に入った)


[PR]
by maguro_negi | 2017-03-17 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
「ゼルダの伝説BoW」話の続き。



おお、この顔懐かしいな

d0087129_18164960.jpg

カカリコ村に行く前に、寄り道をしてました。
たまたま見つけた馬宿に入ったら、行商人の「テリー」が居ました。
「風のタクト」でも店をやってましたねこの人。
顔は変わらないのに体つきが逞しくなったのでなんか違和感が(笑)





それにしても草原のグラフィックがすごい

d0087129_18165612.jpg

いろいろ寄り道を楽しんだあと、次の目的地「カカリコ村」へ向かいました。
街道から行かずに山を越えて村へ向かったので、どうやら裏側から村へ入ったらしい。


d0087129_18170100.jpg

村人との会話で「この村の裏手に泉があって〜」みたいな話があって、「そんなのないよなあ?」と思ってたら僕が入口と思ってたのが裏口だったというね(笑)
どこからでも村に入れる、それがオープンワールドの醍醐味!
…ってことにしておこうか(・。・;


d0087129_18170536.jpg

ここではシリーズでおなじみの「インパ」からリンクさんが今後やるべきことが伝えられますが、そんなことよりもこの恥ずかしガール「パーヤ」さんが気になるっ!
どうもオープンワールドの登場人物って印象に残らない人が多い気がするけど、BoWはそんなことなかった。
システムがガラリと変わったとは言え、そこはやはりゼルダ。
登場人物の個性、尖りすぎです(笑)
愉快な人が出まくります。
そして会話の選択肢が愉快なのもゼルダならでは。

ところで、今作のカカリコ村はずいぶん和風ですねえ。
お地蔵様とか海外の方に伝わるんだろうか…


d0087129_18171071.jpg

カカリコ村では「ハイリアの服」を買い、ようやく旅人っぽくなりました。
でも赤い色ってなんだかリンクさんらしくないな。


d0087129_18171963.jpg

そのあとに寄った大妖精の泉では、「時のオカリナ」の大妖精をさらに強烈にしたような熟女の大妖精が登場(笑)
安易に美人の女性を出さない、それがゼルダ…!





馬なので「うましお」

d0087129_18172870.jpg

で、次の目的地は「ハテノ村」という所だそうですが、そのまま行ってもアレなので、また寄り道の旅をしました。
祠をいくつか攻略し、野生の馬を自分の馬として馬宿に登録したり。

まあでも今のところは徒歩での旅をメインにしているので、馬に乗るのはまだ先でいいかな〜。
そういやSkyrimでも馬で旅をしたことなかったな(笑)
どうやら僕は徒歩で旅をするのが好きらしい…


山を見るとつい登りたくなる

d0087129_18173429.jpg


あと、どうも僕は高い所に登りたがるようです。
「あの山、登れそうだ」と思ったら頑張って登っちゃう。
BoWでは斜面や崖は「がんばりゲージ(スタミナのこと)」を消費すればだいたい登れるので、上手いルートを見つければ割と山登りはできちゃいます。
ちゃんと山の上まで行ける、そしてそこにネタがある。
なんという作り込み…!


急にボス戦みたくなって焦った

d0087129_18173991.jpg

そんな感じで山登りしてたら、頂上のデカイ岩が動き出して戦闘に!
こいつ魔物だったのか!
しかし、名前が「イワロック」って…なんだその安直なネーミング…っ!


d0087129_18172349.jpg


今のところほとんど街道を歩いていないので、魔物によく出くわします。
戦闘は駆け引きが楽しいですねえ。
敵を発見したら、弓でヘッドショットを狙うか、地形を活かした戦いができないか、武器はどれを使うかなど考えるのが楽しい。


d0087129_18174517.jpg

やぐらみたいな場所にパラセールで上から乗り込んでみたりもしました。
上空から颯爽と現れて、
「俺はケンカを買いに来たんだ、ウォーミングアップはなしだぜ!」
とコブラばりのセリフを放ってみたい!


タイマンになったら、盾はじき(いわゆるパリィ)を狙ったり敵の攻撃をジャンプでかわしてからのラッシュを狙ったり。
やれることが多くて戦闘が楽しみになってきます。
盾はじきが決まった時の「パカーン!」という効果音と派手なエフェクトがものすごい気持ちよくてクセになります。

武器には耐久度があるので、一発一発確実に当てねば…と、攻撃するのも慎重になるし、頭も使うし反射神経も必要…今度のゼルダの戦闘はかなり本格派ですね!

戦闘中に武器が壊れて慌ててバクダンを出すも、ちゃんと離れずに起爆したので自分も吹っ飛んだり(笑)

そんなワチャワチャする所もまた楽しい。





d0087129_18175048.jpg

む、家の明かりと煙が見えてきた。
あれが「ハテノ村」かしら。
崖の方から近づいちゃったので、またしても変な所から村に入ることになりそうだ…(笑)

[PR]
by maguro_negi | 2017-03-14 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)