ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


大晦日だよPSゼロ、他


こんばんは、ゴッチです。
2008年も終わりですねー。でもどういうわけか年々「年の終わり感」を感じなくなってきてるんですけども。
ホントに今日大晦日?という位で…とりあえず夕食はそばかなあ。


「ファンタシースターゼロ」を買いまして、プレイ途中の「Fallout3」をお休みして集中的に遊んでます。
友達ともWi-Fiやってみたけど、やっぱり友達と遊ぶと面白さはぐんと上がりますね〜。
初めは操作が取っつきにくかった(ショートカットメニューがないとかXボタンのカメラ回転とか)けど、慣れてくれば割と普通に動かせてしまいます。

一人用のストーリーやサブクエストも結構良い出来で楽しめてます。何よりプレイヤーがちゃんと話に参加してるのがPSUプレイヤーからすると嬉しいわけで…PSU EP2のプレイヤーは学芸会の「木」レベルの扱いだったからなあ(EP3ではプレイヤーへのヨイショが多すぎて逆に萎えます)。

ゲーム自体はPSOをベースにしつつもロックオン移動とかフォトンアーツとかのPSUにもあった要素が若干加えてあって、全体的にかなりイイカンジ。PSOをベースにしてあるって時点でかなりグッドだと思うのです。つまりダンジョンに潜って戦ってアイテム探してボス倒して戻ってくる、を繰り返すゲームになったということです。合成や技を鍛える要素もないし、かなりシンプルなゲームです。
PSUでは超地味だったレンジャーも、3段攻撃のモーションが凝っていたり、フォトンアーツがカッコ良かったりでかなり魅力的になりましたねえ。

今はストーリークリア間近のあたりで、現在のメインキャラ「まぐろ」は3人分のマグを抱えつつ戦ってます(笑)いずれ育てたマグを他のキャラに装備させて楽をさせてあげるのだ…!
d0087129_1364125.jpg

PSOの他に、モンハンとか信長online(少しだけ)とかPSUとか、いくつかオンラインものをやってきたけど、ビジュアルチャットというのは今までにない新鮮さ、そしてもどかしさ(笑)
文字を書いてもつぶれて読めない、相当量の漢字を忘れてる、そもそも漢字書くと真っ黒い塊にしか見えない、など、これでチャットするには結構慣れが要りそうです。
最近は2行ないし3行のひらかな・カタカナで簡潔にチャットするようにしています。
でもやっぱり途中にちょっと絵とか入れたくなっちゃうんですよね〜。アドリブで絵を描くのはかなりムズイけど、グダグダな絵をイキオイで出すのもまた楽しいのです!
友達のらくがきをコピーして、その上にらくがきとかできるし、これはこれで面白いチャットだなあと思います。
まあでも、キーボードが欲しいなあと思う時もありますが…。



次の話題。
d0087129_137499.jpg

近所の立川に行ってきました。立川と言えば、最近だと「聖☆おにいさん」ですかねえ。立川ルミネの本屋さんも「聖☆おにいさん」をプッシュしてます。というのもこのマンガだとイエスとブッダは立川南口あたりに住んでいる設定だそうで。二人が訪れた昭和記念公園には、マンガに出てきたように2人乗り自転車とか足こぎボートとかイエスが天に召されかけたボヨンボヨンするやつとかあるし。僕も昭和記念公園には毎年春に花見しに行ってます。

ここしばらく、家と会社とコンビニを往復する生活だったので、立川に来たのは久しぶり。用もないのにコトブキヤとかビックカメラをウロウロするのは楽しいです。
d0087129_1372338.jpg

で、先日発売になった「それでも町は廻っている 5巻」買ってきました。巻を重ねても安心の面白さ。特に小学校のウワサとか、「あー、ウチの学校にもそんなのあったあった」と思いながら読みました。
そしてエビちゃんはますます嵐山くんに惚れてしまうのかーっ!?
そういや今回真田くんが出ていないのが寂しいなあ。


さて、2009年は、手の掛かる仕事をどうやって効率よくこなすか、この辺が一番の課題になりそうです。せめて普通に休みが取れる程度にはしないと!そしてスキーに行くのだ!
ゲームについては三夜連続の話題でやった通り。あとは遊ぶ時間が取れるかってトコですか。
絵の方は今年は描くつもりで結局描けなかった絵のネタがいくつかあるので、まずはそれを優先的に描こうかなと思います。あと、サイトもちょっと改造するつもりです。

そんな感じで今年のゴチログはこの辺で。来年は適当にネタをみつけて2009年のゴチログを始めようと思いまーす。
みなさま良いお年を!
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-31 13:14 | ファンタシースター | Comments(2)

こんばんは、ゴッチです。2008年に買って遊んだゲームの話をしています。
今回はXBOX360(と初代XBOX)で買ったソフトの中で、気に入ったものを数本振り返ります。
一時期はあまりにもソフトを買わないので、本体を手放そうと思ったりしたけど、現在は良質ソフトに出会えたことで元気に活躍中です。


・バイオショック
今年の(個人的)360ブームの火付け役がコレ。体験版を遊んで気になって、久々に一本やってみるかとこの「バイオショック」を買ったことで、「なんだ360おもしれージャーン!」となりました。バイオショックをやらなかったら、もしかして360を手放していたかも?
主観視点のシューティングアドベンチャー。プレイヤーの成長要素もあるし、RPG的なゲームと考えて良いと思います。
1960年という時代設定のため、レトロな世界観。だけどプレイヤーが探検するのは超技術でつくられた水中都市「ラプチャー」の廃墟。遺伝子操作で超能力を使えたり、仮面を付けた奇妙な敵達、不気味な潜水服男「ビッグダディ」と、死体に注射器を刺して何かを吸い取っている少女「リトルシスター」という凸凹コンビ…圧倒的な世界観と個性的なキャラクターに僕はまんまとやられてしまいました。
細かい設定のおかげで深みを感じるストーリーと、ゲームとしてはかなり簡単だったことで、思わずクリア後すぐ2回目もやっちゃったりしました。
廃墟となったラプチャー内のグラフィックの綺麗さは、そこにいるかのような錯覚を覚えるほど見事。建築物やポスターのデザインも秀逸。ゲームを進めるのも親切なヒントもあるし、ちょっとホラーな部分があるけど、ホラーが苦手な僕でも夢中になって楽しめたので大丈夫でしょう。ただ、かなりドキドキしました(笑)
これを超えるようなナイスゲームはそうそう出そうにないぞ、と思ったのでした。


・ライオットアクト
広ーい街を自由に移動して、街にはびこる悪漢どもを退治しろ!超人警官となって大暴れできるゲーム。こういうのって結構いろんな制限があって本当の意味で大暴れできないってことがよくあるけど、このゲームは違いました。ホントに大暴れできる。しかもプレイヤーは超人なのでもう強い強い。ビルとビルの屋上を飛び回るほどの大ジャンプができるし、その辺のクルマを奪って、いやお借りして乗り回せるし、降りた車は持ち上げて敵に投げつけたりできるし(おいおい)。過ぎた悪行はさすがに粛正されますが、それでも結構やりたい放題できます。
敵とのバトルも快適な操作性でストレスを感じません。強行突破もスニーキングもお好きな方法で敵のアジトに乗り込んで戦える。
ゲーム自体は淡々としてますが、それゆえにやめ時を見失う。ストレス発散にちょうどいいナイスアクションゲームです。ゲーム的にはTPS風3Dアクションゲームって感じですか。


・斑鳩
下手だけど「斑鳩」好きなんですよ。渋い色づかいで雰囲気のあるグラフィック。アツイBGM。ボスを倒した時の爆発。我が身を省みず、限界以上の力を出してしまうラストシーン…
XBOX360ライブアーケードで配信されているので、シューティング好きなら、トレジャー好きならぜひ。クセのあるゲームなので攻略は大変だと思いますが、何か得るものがあるんじゃないかと思います。これが1,200円ならお得な買い物だと思うのです。惜しいのは360コントローラの十字キー…


・ライデンファイターズ エイシズ
実はゴチログで「秋のシューティング祭り」としてシューティングを数本取り上げようと思っていて、その中の一本。でも仕事が忙しくなってやむなく祭りは中止されました。なのでこの場で当時用意していたテキストを流用させていただきます(笑)
本作はかなりのこだわり移植だそうで、元のゲームをやったことないのに気になって買いました。
僕は3Dグラフィックのシューティングも大好きですが、やっぱりシューティングはドット絵ですよね!
作り手の方もその辺をよおっく解っていらっしゃるようで、画面の表示方法がとにかく多彩。
画面の拡大率の変更や横画面表示、画面を回転できるモニタでの表示を考慮したアスペクト比も用意、フレーム数をアーケードと同じ描画速度(1/54フレーム)にできたり、ドットのカクカク感をなめらかにぼかすかシャープにするかとかの設定がもう細かい細かい!
僕はドットがクッキリ見えた方が好きなので、クッキリ表示で職人の魂がこもったドットを堪能しながら遊んでます。
アーケード版はやったことなかったんですが、まあ基本的な部分はよくあるシステムだからすんなり遊べます。スコア稼ぎのシステムがいろいろ凝っていて、スコア稼ぎを意識しだすとどんどん奥深くなるという…
豊富すぎるオプションでシューティングが苦手な人も大安心です。敵が弾を撃ってこないなんていう設定もできます。
発売当初に音ズレがあるとか、いくつかバグが発見されたんですが、今では修正パッチが配信されたのでバグも直りました。このパッチでさらにオプションの項目が追加されていたりします。ああ、発売されてもこだわりの仕事っぷり。バグは残念ですが、こうやって直ったわけだし良しとしたいです。


・パンツァードラグーン オルタ
これは初代XBOXのソフトですが、360で動作対応した時に抑えておいたんですよね。買ったのはたしか去年で、そのまま放っておいたんですが(笑)
ふと思い出して遊んでみたら、いやあ実にナイスゲームでした。戦闘タイプを任意でチェンジしながら戦ったり、スピード調整があったりと、シリーズの中では操作が結構忙しいんだけど、展開を覚えればなんとかなりそうです。
ゲームの内容はサターンから続くパンドラ的展開。独特の世界観を楽しみながらショットとロックオンレーザーで気持ちよく敵を撃ち落とせます。
一部の敵はコツがわからないと手間取ると思いますが、繰り返し遊べばわかってくるでしょう。
開発スタッフは過去のシリーズと別チームらしいですが、それでここまでパンドラっぽくできたいうことにオドロキです。
ハードがサターンからXBOXになったので、グラフィックと動きの滑らかさに驚きます。XBOXのグラフィック、今見ても全然見劣りしませんねえ。
BGMも相変わらずのパンドラ節で、雰囲気たっぷりな曲から超燃えるものまで名曲揃い!エンディングの歌とか感動モノの良さです。今回は全体的に映画音楽のような壮大さがありますねえ。
スタートからエンディングまで結構長いので、中断セーブを使いつつ遊ぶのがいいと思います。ちなみにストーリーの時間軸は年代順に並べるとツヴァイ→初代→アゼル→オルタだそうで。ほほう。

--------------------------------

XBOX360は今年でずいぶんと世間の見方が変わったマシンだったと思います。有力なソフトはPS3とXBOX360、あとPCで発売というマルチプラットフォームな展開がわりと普通になってきたし、ダッシュボードが一新されてゲームをインストールして遊ぶとか、いろいろと快適になってきました。
国産ゲームも360用に良いゲームを投入してきているし、360は来年も元気な印象です。そして来年もバイオショックみたいにオモシロゲームに出会えるといいなあ。

あと、お気に入りソフトとしては挙げませんが2008年の最重要ソフトとして挙げざるを得ないのは「アイドルマスター ライブフォーユー!」。
偶然これに出会ったことで僕の中にアイマスブームが吹き荒れました(笑)一過性のものと思ってたけど、どうやらかなり深くまでアイマスに染まっていたらしく、ベスト版CDとか買う始末。ゲーム本編はあまりやる気がしないものの、アイマスの曲とキャラクタ達は大変気に入りましたねぇ。

来年360で欲しいゲームは…んお、「ナインティ・ナイン ナイツ2」なんて出るのか(今知りました)!しかも2月発売予定と結構近い!
「ナインティ・ナイン ナイツ」は結構好きだったんですよね〜。ただ、好きだったけどナイスゲームとは言えないものでした。ひとことで言うと「惜しい」。ちょっとした調整で大化けしたと思うんですけど、残念ながらストレスの溜まる感じに仕上がっていましたねえ。あとはセーブにまつわるダメ仕様。あれを知った時は唖然としましたね(^^;
じゃあ2が出たらやってみようかな?
他には発売日が延びてしまった「真・三国無双5 Empires」。エンパイアーズ系は好きなので、これはやってみようと思います。今回もオリジナル武将が作れるらしいし。
えーと、あと「スト4」「鉄拳6」「デススマイルズ」「怒首領蜂 大往生」とかのアーケード移植ものも気になるなあ。
今挙げたのは国産ゲームだけど、きっと海外物でも気になるのが出てきそう。360の未来は明るいぞ!

--------------------------------

ということで2008年に遊んだお気に入りゲームをざざーっと振り返ってみました。
今年はブログも満足にできなかったので、ここぞとばかりに文字を打ちまくってしまいました。
三夜とも読んで頂いた方、どうもお疲れさまです。

あとは大晦日に来年の抱負でも書いて、2008年のゴチログを締めようかなと思います。
それではまたでーす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-29 20:10 | 雑談 | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。2008年に買って遊んだゲームの話をしています。
今回はWiiで買ったソフトの中で、気に入ったものを数本振り返ります。


・ファミリースキー
コレは大変気に入ったんだけど、続編が1年経たずに出た上、コレを上回る満足度だったので、ファミスキは続編の方で感想を述べます。基本的にファミスキを買うのなら続編の方がオススメですが、ユーミンが流れるという点ではこちらも捨てがたいところ。


・マリオカートWii
DS版でマリオカートに激ハマりしたあとの新作だったので、そりゃもう今年一番の期待作でした。内容は期待通り、いやそれ以上の面白さで大満足。特にオンライン対戦が非常に良い出来で感心しました。
ゲームバランスについては、カートよりバイクの方が有利という「マリオ『カート』なのにそれでいいのかよ」という状態ですが(笑)
あと一人用もアイテム運がなんだか悪い感じで、連続でひどい目に遭うことが多かったりします。逆転につぐ逆転になるようなバランスにしているだろうから、きっとこういう展開になるんだろうなあとは思いますけども。あと新アイテムの存在が今ひとつパッとしません。
まあ、知り合い同士で遊ぶならバランスとか別に気にせずワイワイ楽しめると思います(腕前の差はしょうがないけど)。これはWii持ってるならぜひオススメしたい一本ですねえ。
あ、ちなみにWiiハンドルはあまり使ってません(^^;


・Wii Music
みんなで音ゲーソフト?いいえ違います。これは重ね録り体験ソフトと言って良い内容。最大6パート、全てのパートの楽器を選んで、パートをそれぞれ演奏して、出来上がったミュージッククリップをニヤニヤしながら楽しむソフト。リモコンやヌンチャクで音を出すと、音程は自動で調整されるので、自分の好きなタイミングで音を鳴らしてOKというアナログな演奏システムが特徴的。演奏方法は選んだ楽器に近いジェスチャーで操作します。
集中的にやりまくった一本でした。譜面通りに演奏することもできるけど、なるべくなら自分流のアレンジで演奏して欲しいです。納得のいく一曲を仕上げることの大変さと、出来上がったクリップを見る自己満足タイムを堪能して「曲を作ることの面白さ」を味わって欲しいですねえ。
世間的にはあまり受け入れられなかった印象だったけど、僕はかなり気に入りました。ただ収録曲がいまひとつパッとしないので、いつか新曲とかを何らかの形で追加してほしいですね〜。


・ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード
続編では待望のスノボ実装。前作を凌ぐ充実っぷりのゲレンデ「ジャンボリー・スノーリゾート」の他にも「マウント・アングリオ」という大自然の雪山で思いっきり滑れちゃう、おなか一杯になれる一本。これこそファミスキ決定版と言えましょう。
Wiiリモコンとヌンチャクを使っての操作も結構雰囲気があってイイカンジ。慣れれば思い通りに滑れます。バランスWiiボードがあればさらに全身での操作ができますが、Wiiリモコンとヌンチャクだけでも個人的には十分楽しめました。
雪を滑る感じがかなりうまく再現されていて、見た目のかわいさとは裏腹に、滑りに関してはかなりのこだわりを感じます。雪質の違いとかまで感じ取れるし。
トリックが充実したので、ただ滑るだけじゃなくてトリックをおりまぜながらスキー・スノボを楽しめます。各イベントも遊びやすくなったし、ポータブルオーディオ機能もかなり快適だし、なにより前作以上に好き勝手に、まったりと遊べるので大変気に入りました。
これでネタを出し切っただろうと思うくらいの内容だし、もうやることないだろうなと思うけど…あるとしたらWi-Fi対応、オンラインでファミスキ?同じゲレンデにいろんな人が好き勝手に滑っている、みたいなことになったらぜひやりたいですねえ!

--------------------------

WiiもXBOX360もそうですが、据え置きマシンは「波」があって、Wiiのゲームに夢中な時はWiiばっかり遊んで、それが一段落したらパタッと遊ばなくなるという状態になりました。Wiiってたしか毎日電源を入れたくなるマシンとしてデザインしてあるらしいけど、僕の中では結局ゲームをやるのかどうかってところで電源を入れるかどうかが決まってる感じです。天気予報とかニュースとか、パソコンで見ちゃうしねぇ。あと僕は朝にラジオをかけてるので、天気やニュースはそれでまかなってたりもします。ラジオは画面を見なくてもいいので、何かしながら情報を得たい時になんかはサイコーだと思うのです。偶然すごい良い曲に出会えたりもしますしね。
最近はTVもあまり見てません。たまたまやってた映画やニュースや旅番組(笑)を流したりする程度で、バラエティの類はもう一切見なくなりましたねえ。大晦日の「ガキの使い」は見ようと思ってますが。

おっと、Wiiの話でした(笑)
来年は特に何が欲しい、ってのがあるかなあ?ちょっと発売スケジュールをみてみると…
こないだ発表された「モンスターハンターG」、あとは「WiiSports Resort」「朧村正」「モンスターハンター3」「罪と罰2」。
けっこうありますね(^^; 全部無事に発売されることを祈っております。

では今回はこの辺で。次回はXBOX360でーす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-28 19:38 | 雑談 | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
2008年もあと数日で終わろうとしています。今年もいろいろありました。特に仕事が夏くらいから急激に忙しくなったことで、生活リズムはもちろん、やるはずだったいろんな予定とかがだいぶ乱れてしまったのが今年の一番の出来事かなあ。
結局この状況が良くなりそうにないまま仕事納めになるので、来年は状況改善を目指すのがなによりも重要な目標になりそうです。
プライベートの方でもいろいろと目標があるけど、仕事の状況が良くならないと出来ないことだろうから…やっぱりまずは仕事の方をどうにかすべきかなあ。

--------------------------

さて、2008年に僕が遊んだゲームについての話をします。
そんなにゲームやってないよなと思って振り返ってみたら、結構いろいろ遊んでました(笑)
その中でも印象に残ったナイスソフトをここでまとめて振り返ってみます。
しかしここはゴチログ。振り返るにしてもそんなに簡潔にはいきそうにないので、数回に分けることにしました(^^; まあこれはこの話題をやろうとした時から「数話に分けないとすごい長くなりそうだ」と思ってましたが…

この話題の今後の予定はこういう感じで行こうと思います。それぞれ結構な文量になりそうです。

第一夜:まえがき&携帯ゲーム機編
第二夜:Wii編
第三夜:XBOX360編&あとがき


今回の話題では、画像は入れないことにします。写真用意するのが大変そうなので…

ちなみに12月発売で僕が買った2本「Fallout3」「ファンタシースターゼロ」は、この話題では取り上げないことにします。これらはまさに今プレイ中のソフトだし、今後「これはナイスだった」と思えるかどうかまだわかりませんので。


--------------------------

と言うわけで、さっそくいってみましょう。
今回は携帯ゲーム機のソフト。


・DS:クイズマジックアカデミーDS
DSが出た当初から「もしマジアカがDSに移植されたら買うなあ」と思っていたんですが、それが遂に現実のものに!期待以上の再現度でかなり満足な出来でした。まあでも進めていくとコンピューターが異様に強くなってしまい、まるで話にならない試合になっていくわけですが(笑)
本作の目玉機能、8人同時対戦のWi-Fiモードは素晴らしい出来。アーケードをまんま小さくして遊んでいると言っても良いほど。
マジアカのオンライン対戦独特の緊張感がおうちで味わえます。
でも友達と待ち合わせするときなどは使い勝手の悪いメール機能があるくらいで非常に不便でした。アーケードみたく、一期一会の対戦がメインと割り切って遊ぶほうがいいのかも。


・DS:メタルスラッグ7
DSiを買ったので、なにかソフトを一本買おうかなと思って買ったのがコレ。
メタスラのナンバリングタイトルということで、なかなか気合いが入ってます。
メタスラ特有の職人芸がうなるドット絵と滑らかなアニメーションがDSの画面でもしっかりと再現されてます。
武器を取ると「ヘビイ・マスィーンガーン」とか喋るのも嬉しいですね。「ああ、メタスラだ」って気分になります。
内容は(難易度を落としてるからだと思うけど)かなり爽快&豪快に大暴れできて、遊んでいてスカッとします。デカイ敵が破片をまき散らしながらぶっこわれるのは気持ちがいいですねえ。そしてとにかく細かいところまで良く動く。改めてメタスラはスゲエなあと思いました。終盤のロボなんかはぐわんぐわん動いてすごいっす。このロボを見て、なぜかメガドライブの匂いを感じました。メガドライブには良作アクションゲームが豊富だったよなあ。
ところでパッケージの絵はちょっとあっさりしすぎでは、と思います。あの絵を見たあとキャラクターセレクト画面を見るとギャップがすごい(笑)キャラセレ画面の方がメタスラ的に正解のはずですよね…?このキャラセレ画面もだいぶマイルドになった印象ですけども。
一発死仕様の2Dアクションって今時珍しいけど、この手のゲームはぜひ続いて欲しいと思いますねえ。DSは2Dゲームに向いてるハードだと思うけど、据え置きマシンでも超グラフィックの2Dアクションをやってみたいなとか思ったりもします。


・PSP:OutRun 2006: Coast 2 Coast
ゲームは海外版ですが、日本のPSPでも動きます。「アウトラン2SP」とほぼ同内容で、それがかなり忠実にPSPで再現してあります。動きの滑らかさは他機種版より劣りますが、イヤホンをつけて手軽に楽しむアウトラン2SPっていうのはかなりイケているのではと思うのです。
たまに起動して、お気に入りの曲を流して遊んでます。


・PSP:ファンタシースターポータブル
途中で休んだり、ブーブー言いながらも結局EP3まで遊びきってしまったPSU。それのPSP版はマゾイ部分がごっそり無くなって、大変簡単になりました。簡単すぎる気もするけど、それは普通のPSUに慣れているからなのかも?まあどちらにせよ、同じマルチプレイ推奨ゲーム「モンスターハンターポータブル」シリーズよりは手軽で気楽に遊べます。一人用のメインとなるストーリーモードは…まあ…予備知識が要るし、PSUファンじゃないと楽しめない内容でして正直面白かったとは思いませんでした。
ストーリーの方はおいといて(笑)、淡々と進むゲームなので、周回してレアアイテムを探すという作業的なプレイが好きな方にはいいんじゃないかと。
まあでもレアアイテムよりも技のレベルとかの方が重要だったりするゲームなので、PSOみたいにレアが出て驚喜したりはしないんですよね。単に自慢アイテムというか…。
PSUシリーズはキャラメイクや着せ替えは充実してるし、戦闘も「これはPSOとは違うんだ」と割り切ってしまえばそんな悪くないし、結構好きなゲームだと思うんだけど…なぜかPSOよりも熱くなれないですねえ。
ファンタポをやるんだったらモンハンやった方が達成感もあるし良いんじゃないか、とかミもフタもないことを言っちゃいますが(笑)、個人的には簡単・お手軽にPSUが楽しめるのでわりと好きな一本です。

--------------------------

今年は携帯ゲーム機のソフトをあまり買いませんでした。DSに至ってはマリオカートDSがいまだにバリバリの現役ソフトだったりするし。
PSPはファンタポに合わせてPSP-2000を新調したけど、案の定そんなに遊びませんでした。どうも僕は携帯ゲーム機をそんなにガッツリ遊ばないようです。でもファンタポは結構遊んだ方ですけどね〜。
しかし僕がPSP-2000を買った直後にPSP-3000の発表・発売。なんてこった…!そして2009年はPSP-4000が出るんじゃないか、なんて話もあるし、PSPモデルチェンジしすぎではと思ったり(笑)
でも今のPSP-2000は気に入ってます。次にPSPを買い換える時は、いわゆる「PSP2」的なものが出たら、ですかねぇ。リッジレーサー好きなので、PSP2みたいなのが出て、同時発売としてまた新しいリッジレーサーが出たりしたら間違いなく買うんでしょうねえ。

DSは秋に突如発表された「DSi」に買い換えました。これは今後のダウンロードゲームの展開が面白そうだったのと、DSLiteの十字キーがイマイチだったために買い換えようかなと思いまして。先日DSiウェア「うごくメモ帳」を落としたので、いろいろいじってみようと思います。

来年携帯ゲーム機で欲しいソフト…いまのところないんですよねえ。DSだと「ゲームセンターCX 有野の挑戦状2」はちょっと気になりますね。
あ、PSPの「初音ミク プロジェクトディーヴァ」も気になるな(笑)

さて、ではこんな所で今回は終わりです。次回はWii編でーす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-27 18:22 | 雑談 | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
ようやく今年の仕事がほぼ片づきました。月曜日にちょっとだけ仕事して、あとは掃除して仕事納め。ああ、やっと休める…!

そしてこのタイミングで、アレをゲットしました。
d0087129_1334.jpg

ニンテンドーDS「ファンタシースターZERO」!
PSゼロと呼ぶことにします。

僕がはじめて遊んだオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン(PSO)」にかなり近い感じのアクションRPGです。ちゃんとWi-Fiで4人同時プレイもできるし、フレンド同士ならタッチペンで手描きチャットまで楽しめるという!

…んと、でもまだ今の段階では一人用しか遊んでませんが(笑)

一応シリーズの前作にあたる「ファンタシースターユニバース(PSU)」とは異なり、PSOの流れを引き継いでいるのがやはり魅力でしょうねえ。
僕はPSUも好きなんだけど、あれは、まあ、いろいろと…ねぇ(^^;


前にゴチログでPSゼロを紹介した時は、その時発表されていた画面写真で下画面にアクションパレットが出ていたのを見て、これをタッチペンで突くのか!と思っていたけど、実際は普通にボタン操作でした(笑)
操作系はPSOにかなり近いです。LボタンにPSUのようなロックオン機能が付いてたり、攻撃系ボタンを押し続けるとタメ攻撃が出せたりといった要素もあります。

ええっと、数時間遊んで思ったのは、「簡易PSOかな」という印象。PSOでできたことがPSゼロではできない、ということがいろいろとあります。たとえばショートカットメニューで武器チェンジとか。携帯ゲーム機だし簡易版と割り切って遊べばいいんじゃないかと思いますが、PSOに慣れちゃってる人(僕とか)はPSゼロ用に頭を切り換える必要がありそうだ。
あと、戦いながらチャットとかかなりムズそうです(笑)慣れないうちはショートカットや定型文を指でタッチして出す程度になりそうですね〜。
よし、なにかショートカット作っておこう、ショボイ絵入りで…。



あ、あとWiiで「モンスターハンターG」が出るそうですねえ。「G」は個人的に「2」よりも好きなモンハンで、たぶん一番遊んだモンハンだったはず。フルフル装備も作りやすかったし(笑)
これは発売されたらぜひやってみようと思います。
クラコン必須らしいけど、ZLとかZRとか絶対押しにくそうだ…!
ホリから出てるゲームキューブコントローラ風クラコンでも買おうかな?
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-27 01:48 | ファンタシースター | Comments(0)

「Fallout3」の雑記


こんばんは…いやおはようございます、ゴッチです。
イヤーッ、今日(12/21)やっとこ休みが取れました。時期的にクリスマスだし、今夜はチキンでもいただこうかしら。あとケーキとか。
え、飲み物?もちろんヌカ・コーラで決まりでしょう!

で、12/20の夜に「明日休みだし、『Fallout3』をガッツリやってやる」と気合いを入れてプレイを開始して、本筋のほうを優先しつつも他のクエストも受けたりして、屋外や建物の中でスーパーミュータントとの戦闘を繰り返し、もうスーパーミュータントはそんなに怖くないぞ、なーんて思い始めたんですが。

とある建物を探索中、マーカーに赤マークが出たんで、物陰でしゃがんでから身を乗り出してV.A.T.S.発動!狙ってやるぞう〜、と思ったところ…

ズームされたのがいつものスーパーミュータントじゃなくてなんかキモいへんなのだったんでビビリました。
えーと、「ケンタウロス」っていうの?キモイなあ!


お店で弾薬を調達する時は、弾薬を買うかわりに拾ったガラクタや自分で修理した装備を渡して、結局キャップを払わずにゴミ処理を兼ねつつ弾薬ゲットなんていうセコい取引をしたりしています(笑)

ストーリーの方も、だんだん父親のやろうとしている事もわかってきて、ますます面白くなってきたぞう〜!そしてこの絶望的な世界を歩き回るのがだんだん楽しくなってきました。
初めのうちはビビリながら冒険してたけど、今は次の目的地やマーカーに表示された未発見の場所へ向かうのが楽しいです。
あとベッドがあったらとりあえず寝るという図太さも身に付きました(笑)

いやあFallout3、初めからスゲエと思ってたけど、遊べば遊ぶほど面白さがじわじわ来る感じです。

このままプレイを続けたいけど、と、とりあえず寝ようかな(^^;
と言うわけで、少し早いけどメリークリスマスです。
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-21 05:22 | Fallout | Comments(0)

ハロー、アメリカ。ゴッチです。
ラジオで「エンクレイヴ・ラジオ」を聴いているとヨドバシカメラを連想するのは僕だけでしょうか(笑)

ええと、XBOX360の「Fallout3」やってます。前回はシェルターを脱出したトコまでやりました。
目の前に広がったのは「キャピタル・ウェイストランド」と呼ばれている世界。昔はワシントンDCだった場所。

今回、やっとゲーム部分について触れます。
d0087129_259797.jpg

シェルターをあとにして、目に付いた建物へ向かってみると、そこは廃墟になった住宅地。瓦礫の山、無惨に壊れた家、バスタブに入ったままのガイコツとか、核戦争があったらきっとこんな世界になるんだろうな、という感じが実にリアルに描かれていて…なんだか怖くなってきます。
でも実はワタクシ、瓦礫ファンだったりします(笑)「AKIRA」の世界とか大好きなんですよねえ。
瓦礫ファンにはたまらない圧倒的グラフィックの世界を歩き回れるだけでもワクワクですよコレ。
d0087129_2593498.jpg

こんな世界でも、地上の人間達はしぶとく生き続けていました。とりあえず近くにあるガラクタでできた街「メガトン」で父親の行方を聞き込みしたり、本編とは直接関係のない頼み事なんかをこなしたりしていくうちに、だんだんとこの絶望的な世界でどうにか生活してる気分になってきます。
ならず者達のすみかに乗り込んで戦って、体力がギリギリになったところでベッドを発見して、すぐそこにさっき倒した敵の死体が転がっている部屋で6時間くらい(何時間寝るのか決められます)横になって体力回復…なんていうサバイバル度満点な生活を強いられたりもしますが、ゲームでここまで極限状態な雰囲気を感じられるのがスゴイなと思います。
水を飲むと体力回復できるけど、たいていの水は放射能に汚染されているので、飲むと放射能汚染レベルが上がってしまうし。それでも命には替えられないので飲む、なんて時もあるわけで。


会話は日本語でフルボイス、当然字幕も日本語。「バイオショック」の時もそうだったけど、海外ゲームの吹き替えで起用されている声優さんて、みんな上手なんですよねえ。丁寧なローカライズのおかげで安心してプレイに没頭できます。
会話シーンは自分が何を言うかの選択肢がいくつも表示されて、どれを選ぶのかはプレイヤー次第。というか話なぞせずにいきなり銃を撃ったりぶん殴ることもできます。そんなことをしてると当然悪人になりますが、そういう生き方もOKなのだ。まあ僕はなるべくいい人を目指してやってますが…。
d0087129_361772.jpg

見た目はFPSっぽいけど、かなりRPGです。敵を倒したりイベントを終わらせると経験値が入って、レベルアップして、得たポイントを各能力に振り分けて成長させていきます。
視点は3人称にもボタン一発で変更できるのでお好みで。装備品はかなり豊富で、いかにも北斗の拳に出てきそうなチンピラっぽい服なんかも着られます(笑)装備は壊れてきたりしますが、自分で修理とか自作したりもできます。
人々の頼まれごとやお使いをしたりしなかったりしつつ、本筋である父親探しをするのがこのゲームの流れですが、まあ〜寄り道の多いこと!そしてどこまでも行けそうな気がする(実際には行き止まりもあります)広ーいマップと作り込み!
地上だけじゃなくて、廃墟になった学校やスーパーマーケット、暗い地下鉄跡などの建物内まできっちり作ってあるし、動かないエスカレーターとか脱線してる地下鉄車両といった、崩壊した文明の跡というのが何とも不気味で…。「バイオショック」の感想の繰り返しになりますが、見事なグラフィックと音で作られた世界というのはすごく説得力があるんですよね。ゲームやってるというより、もう「その場にいる」感じというか。

鍵を開けるのにヘアピンとドライバーを操作してピッキングとか、コンピューターをハッキングして情報を入手といったミニゲーム的な要素も良いアクセントになっています。

本筋の進め方もある程度の自由度があるようだし、プレイヤーをどう成長させるのかも自由。世界を隅々まで探索するなら、コンピューターをいじったり、鍵を開けたりするスキルが結構重要だったりするので、どの能力を伸ばしていくのかが悩ましいです。単純に戦闘に強いキャラにすると器用さがおろそかになっちゃうし。
d0087129_373545.jpg

戦闘はFPS的だけど、RPG風な部分もあります。中でも特徴的なのが「V.A.T.S.」という狙い撃ちシステム。狙っている間はゲームが一時停止して、狙いたい箇所をじっくり選ぶことができます。ヘッドショットを狙うも良し、脚を撃って動きを鈍らせるのも、腕や武器を狙って相手の攻撃力を奪うこともできます。
この時の自分の能力や状況で攻撃が当たる確率が変動して、狙いたい場所が決まったらAPというゲージを消費して攻撃。専用のカメラアングル&スローモーションで狙い撃ちシーンが炸裂します。倒した敵から身ぐるみ剥いで、装備を入手したりお金をゲットしたり。この世は弱肉強食、死人に金や道具は不要だぜ…!
ちなみにこの世界のお金はコーラの蓋ってところがたまらなくイカしてますね(笑)
d0087129_364828.jpg

そんな感じで冒険は続きます。果たしてプレイヤーは無事に父親に会えるのか。はたまたそんなことは二の次で寄り道しまくるか。
現在もまだプレイ中で、先はかなり長そうなので、この先どんな展開が待ち受けているのかドキドキワクワクです。
d0087129_375354.jpg

そういえば「Fallout3」はHDDにインストールして遊んでます。僕の360は一番最初のモデルなのでHDDは20GB、データをやりくりしてどうにかインストールできた、って感じですが(^^;
でもインストールして遊ぶとホント静か!ものすごく快適になりますねえ!

…あ、ダッシュボードの壁紙については気にしないでください(笑)

とにかく、お正月はおうちでぬくぬくと「Fallout3」とか、なかなかよろしいのではないでしょうか。
どうやら僕の冬休みはこの「Fallout3」と、DSの「ファンタシースターゼロ」でゲーム三昧になりそうですよ!
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-17 03:23 | Fallout | Comments(0)

ハロー、アメリカ。ゴッチです。
そのレトロフューチャーかつバイオレントで絶望的な世界観に惚れ込み、ぜひやってみたいと思うゲームが発売されたので、忙しい12月だというのにゲット、チビチビと遊んでいます。
d0087129_2254550.jpg

XBOX360「Fallout3(フォールアウト3)」!
いきなり「3」ですが、Falloutの1、2は海外だけで販売されていたPCのRPGだそうです。
「Fallout3」は呆れるくらいの世界の作り込みと自由に冒険できるシステムで大人気だった「オブリビオン」のスタッフが開発にあたりました。だからなのかオブリビオンっぽいフリーダム感があるそうな。
「オブリビオン」は興味があったものの、結局まだ遊んでません。自分の中のタイミングを逃したというか。
でも「Fallout3」は世界観がかなり好みだったので、「もうこれは絶対やる!」と決めておりました。

舞台は2277年のアメリカ。2077年にアメリカと中国の間で全面核戦争(おいおい)が勃発し、ワシントンDCは廃墟と化しました。人々はシェルターの中での生活を余儀なくされ、それから200年経った後のお話です。
未来のお話ではありますが、その未来のデザインっていうのが、1950年代あたりに描かれた未来像をモデルにしているそうで…いやあ実に味のあるSF世界になってます。「古臭いけどハイテク」な感じは、名作「バイオショック」にも通ずるものがありますね。
d0087129_22544157.jpg

冒険には欠かせない個人用ハイテク端末「Pip-Boy 3000」の画面デザインと挙動なんかもうシビれるカッコ良さです。
プレイヤーは父親と一緒にシェルター「Vault101」で生活し、成長していきます。シェルターから出ることは決して許されず、ここでの人々は生まれて死ぬまでをシェルターの中で暮らすのです。
いじればいじるほど変な顔になりそうなキャラクターメイキング(笑)を済ませると、チュートリアルを兼ねたシェルター内での生活が始まります。
ここで赤ん坊から青年へ成長するまでを駆け足で体験します。
そしてプレイヤー19歳のある日、それまで一緒に暮らしていた父親が突然いなくなったと友達から聞かされます。なんとシェルターを脱走したとか!シェルター脱走は重罪なのです。
当然脱走者の子供であるプレイヤーにも捜査の手が迫ります。もし捕まったら何されるかわからない…!
やむを得ず、プレイヤーも父親を追ってシェルターを脱走することになります。
親切な友達によると警備員をかわして、シェルターの最高権限者、監督官の部屋に忍び込んでコンピューターを操作、隠された出口への階段を探して脱出しろとのこと。ぬお〜、のっけから手に汗握る展開だ!

ようし、いよいよオイラの冒険が幕を開けるぜ!ココは一発クールに脱出してやるぜ〜っ!

だがしかし。

目の前には放射能の影響なのか、あまりにもデカい、そして僕が(というかきっとみんな)苦手なあの虫が!
d0087129_2255512.jpg

d0087129_22552623.jpg

外は、核戦争の傷跡が未だ癒えない黄昏色の荒野。
もうこれはまさに「北斗の拳」の世界だ。
そしていきなり外に放り出されて、何をすればいいのかさっぱりです(笑)
しかもうっかり水たまりに入ったりすると、放射能汚染レベルが上がるし!
こんな場所で、父親探しどころか自分が生き抜くことすら不安になってきたところで、後編に続きます(^^;
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-14 23:10 | Fallout | Comments(2)

1日1時間「Fallout3」


どうも、ゴッチです。
ちょっと更新が滞り中です。理由は毎度おなじみの「仕事が忙しい」なんですけども。
今月は土曜日、祝日はおろか日曜日までも出勤(つまり休みナシ)になってしまいました…うう。
どこかで休み取りたいなあ。

そんな中、ゲーム買いました(笑)
ゲームやってる暇あったら寝た方が良いんじゃないのか自分!
いやでも少しくらいゲームしたいじゃん…?
d0087129_10123939.jpg

XBOX360「Fallout3(フォールアウト3)」をゲット。
核戦争後の絶望的な世界で生き抜く、独特の世界観とサバイバル感がすごいRPGです。
画面を見るとFPSっぽいけど、ゲームとしてはRPG。
はじめは何をして良いのかまるでわからなかったけど、最近はこの世界で冒険するのが楽しくなってきました。廃墟になった地下鉄とか、ドキドキしつつも「スゲエ絵だなぁ」と感心しながら遊んでます。

でも遊ぶ時間がなかなか取れなくて、毎日寝る前に1時間くらいずつやってます。長いゲームだと思うから、この調子だといつになったら終わるのか…!

今テキストを用意中なので、暇を見つけて写真も用意できたらもうちょっと詳しく紹介したいと思いまーす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-13 10:19 | Fallout | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
d0087129_123358.jpg

えーと、買っちゃいました「THE IDOLM@STER BESTALBUM MASTER OF MASTER (2枚組)」。
その名の通り、ベストアルバム!

知ってる方も多いでしょうが、アイマスのCDって山のように出てまして、何か聴きたいけどどれを選んでいいのやら…という人(僕のこと)にはうってつけのアルバムです。
とりあえずゲーム中に出てくる曲が全部フルバージョンで聴けるアルバムなら満足だったんですが、これはそれに加えて「ライブフォーユー!」の方で配信している曲や以前発売されたCDからの収録曲からも何曲かセレクトされているようで、とりあえずコレ買っておけば間違いないっていうアルバムだと思います。
このCDで初めて聴いたけど「my song」いいですねぇ。
「shiny smile」も改めて聴いてみてすごい好きになりました。

いわゆる声優さんが歌うアルバムなんですが、完成度の高い曲ばかりで大満足ですねえ。いやホントに曲がいいんですよ。
アイマスの曲を聴くと、その昔モーニング娘。がものすごい勢いだったころを思い出します。今のアイマスにはそういうパワーを感じますね〜。もうこの勢いのまま紅白とか出ちゃえばいいのではとか思ったり(笑)

ちなみに、「ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード」では「relations(インスト)」「THE IDOLM@STER(これもインスト)」などのノリの良いアイマス曲を流して「ジャンボリースノーリゾート」のナイターを滑るのが最近のマイブーム。
頂上から「ワインディングバイパー」をトリックキメつつ猛スピードで滑り、分かれ道を曲がって「オクトパスライン」に入り、「カンガルーパーク」でちょっと遊びつつ「ラクーンロード」に突入して最後のしっぽ部分でジャンプトリックをキメてフィニッシュ、とかよくやってます(ファミスキやってる人じゃないとまるでわからないな、コレ)。

でも最近は「マウント・アングリオ」もよく行くようになって、ルートを模索しながらダラダラ滑ってます。

…ぬ、アイマスの話だったのにいつの間にかファミスキ話に…

まあ、とにかく「THE IDOLM@STER BESTALBUM MASTER OF MASTER」、興味がおありならぜひ、という話でした(笑)
[PR]
by maguro_negi | 2008-12-01 00:41 | 雑談 | Comments(4)