人気ブログランキング |

ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:Fallout( 52 )



こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

d0087129_17145262.jpg

メインクエストを続けます。
次の目的地は…ボルダーシティか。
シティって言う位だからそこそこ大きいんだろうなあ。

d0087129_17145768.jpg

ボルダーシティまでの道のりは結構あったので、道中で気になる場所もいくつか見つけました。
今のところはメインクエストを優先したいので、とりあえずマップに印を付けるだけにしておこう。

d0087129_1715152.jpg

ボルダーシティ到着。
って、これ廃墟じゃないか…!
近くにNCR兵が居たので話しかけてみると、以前NCRとリージョンの戦いで、この町にリージョンを集めて町ごと吹っ飛ばしたんで廃墟になったとか…
ムチャクチャするなぁ…(・。・;

d0087129_1715474.jpg

コンパスのマーカーをたどっていくと、壁で囲んである区画に着きました。
ここの奥にいる「グレート・カーンズ」っていう集団に用があるんだけど、今はNCR兵と睨み合いの状態らしい。
NCR兵と話していたら、なんか「自分が突入するから援護して」みたいな流れになって、あれよあれよと撃ち合いになっちゃった(笑)
平和的に行こうかと思ってたのに…まあこうなったらしょうがない!

d0087129_1715721.jpg

建物の奥でリーダー格の奴を成敗。
この人に特に恨みはなかったんだけども…
リーダーが持っていた情報をゲットし、maguroを撃った奴はベガス内のカジノの取締役だということが判明しました。
次の目的地もどうやらベガス内っぽい。

おぉ…いよいよニューベガスに乗り込むのか~っ!?


ボルダーシティでの滞在はほんのわずかでした。
荷物満載で帰宅するつもりだったので、ちょっと手持ちぶさた。
ちょっと散歩でもするか…

d0087129_17151114.jpg

なんか列車がありますね。どうやら駅みたいだ。

そして駅の向こうの丘を登ると…

d0087129_17151379.jpg

お、おお…
湖だ…!
これが「フーバーダム」って所かな。
水も汚染されてない。
とりあえずガブ飲みしました(笑)

景色を見ながら湖のほとりを歩いていたら、突然謎のモンスターが!

d0087129_17151754.jpg

レイクルーク? ミレルーク(カニモンスター)の仲間か…?

せっかく良い気分で散歩していたというのに!
でもコイツは経験値が多めで良かったです。
d0087129_17152020.jpg



さあ、次回はいよいよベガスに接近しようと思いまーす!
by maguro_negi | 2010-11-23 17:24 | Fallout | Comments(2)

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

ロケットがあるレプコン施設の地下へ向かいます。
いよいよ打ち上げ最終段階か!

…え?
なんかまだ部品が要るみたい。
そしてジェイソンは、あのおっさんが自分がグールだと勘違いしてることを話したけど、聞いてくれなかったと話しました。

ロケット打ち上げには大量の放射能を伴うので、生身の人間、つまりおっさんはロケットに乗ることはできないそうです。

でも自分はグールだと思っているおっさんはロケットに乗るつもりでいるようで。

d0087129_1752340.jpg

maguroからも「おっさんはグールじゃないよ」と言ってみたけど…やっぱり聞いてくれませんね。
しかも、しかもですよ。
このおっさん、頭がハゲてきたから、自分はグールになったと思い込んでるようだ…
なんという解釈…(・。・;
おっさんそれグールやない、ただのハゲや!

とにかくおっさんからロケットを完成させるのに必要な部品を聞いて、それを探しに行くことに。

このクエスト面白いなあ。
ロケット打ち上げにはぜひ立ち会いたいし、もうひと頑張りしようっと。

d0087129_1752681.jpg

あれから結構探し回って、部品を調達してきました。
どうやらこれで準備完了みたい。
ジェイソンが旅立つ前に演説をします。
演説の中でおっさんが人間であることも語っていました。
それを聞いたおっさん、ようやく自分がグールじゃなくてただのハゲであることに気がつきました(笑)
かなりのショックを受けたようだけど、なんとかなだめて事なきを得たようです。

そして「ロケットはお前が打ち上げてくれ」と言い残して、おっさんは走り去っていきました…。

d0087129_1753079.jpg

さあこのクエストのクライマックスだ!
発射ボタンを押します。スイッチオーーーーン!
数機のロケットが飛び立っていきます。
ロケットというか、ミサイルっぽい発射シーンだけど…
まあみなさん、良き旅を!

d0087129_1753410.jpg

d0087129_175377.jpg

なんか危なっかしい飛び方だったけど、これで良かったのかしら…(・。・;

-------------------------

ロケットを打ち上げた後、ノバックに戻ってきました。
えっと、この後なにをするんだっけ…?
なんだか壮大な仕事を成し遂げた後なので、メインクエストの進行を忘れてました(笑)
…そうだった、町のスナイパーから情報を聞き出すためにこの仕事をしてたんだった。

スナイパーにグールは去ったと報告して、情報をゲット。
次の目的地もわかりました。
「ボルダーシティ」ってところみたいです。
マップを見ると、結構遠い感じですね。
それでは、出発しますか~!

そろそろこのメインクエストにも変化が欲しくなってきました。
だって行く先々で「アイツはどこどこに向かったみたいだ」って言われるだけなんだもん。
「おまえはドラクエ2か!」と…。
今回やったロケットクエストの方が断然盛り上がったし。

ぶつぶつ。

d0087129_1754010.jpg

モーテルで荷物を整理して休憩した後、maguroは新たな目的地へと向かったのだった…

ではまた次回でーす!
by maguro_negi | 2010-11-20 17:14 | Fallout | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

d0087129_2081776.jpg

レプコンに到着。
おそるおそる建物の中に入ります。
と、いきなり誰かに話しかけられました。
なんだ、びっくりするじゃないか…!
フムフム、なんか頼み事があるみたいですね。
しかもやたら上から目線。
人に物を頼む時の態度は、キャピタル・ウェイストランドもモハビ・ウェイストランドも同じなんですねえ(笑)

maguroのことを「スムーズスキン」と呼んでますが、これはグールが人間を呼ぶ時に使われる言葉ですね。

d0087129_2082090.jpg

声の主はこの人か…でもあなたも人間のようだけど?
んーむ、なんかこのおっさんは自分をグールだと思ってるみたいですね。

d0087129_2082324.jpg

そしてこの「ジェイソン・ブライト」というグールの人がここのグール達のリーダーみたい。
あー、今までの旅の道中で、「ブライト同盟のローブ」っていうのを着てたグールが何人か倒れてたけど、この人の仲間だったのね。

話を聞くとどうやらこの人、ロケットを飛ばそうとしてるらしいです。
いやあこのウェイストランドでそんな夢のある事をしようとする人がいるとは!
宇宙にはグールを受け入れてくれる場所があると言ってますね。
Fallout3で宇宙に行ってみた時は、宇宙人はいたけどそんな場所はなかったような…

なんだか怪しい宗教みたいな雰囲気ですが、まあでもその心意気やよし!
面白そうなので協力することに。

d0087129_2082547.jpg

まずは建物の地下にいる「デーモンズ」って奴等を片付けてこいというので、地下へ向かいます。
ん~、しかしこの建物は迷うなあ。
同じ所をぐるぐるぐるぐるしちゃいます。
でもロックピックできるドアが多くて経験値稼ぎにいいですね(笑)
ロックピックも慣れたもんです。

d0087129_2082811.jpg

地下を探索。
デーモンズというのは「ナイトキン」というミュータントのことみたいですね。
光学迷彩を使う青いスーパーミュータントのようだ。
だけどスーパーミュータントほど強い感じでもないか…?

d0087129_2083030.jpg

しかしこの地下、やたら広いな~。
下水道のような所までつながってるのか。

お?
奥に研究施設のようなものがある。
窓の向こうにロケットがありますね…!
おもちゃみたいな形です…これでホントに宇宙行けるのかな(^^;
近くに宇宙服もありました。

d0087129_2083317.jpg

こ、このデザインもなんか…(笑)
僕は好きですけども!

この後に、地下でも別のグールから頼まれごとをされたりとかいろいろやりまして、地下探索は終了。
ジェイソンに報告すると、地下へ行って出発の準備をはじめるようです。
おおお、いよいよロケット打ち上げっすか!
ぜひ見たい!


というところで、続きはまた次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-18 20:23 | Fallout | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

d0087129_23503312.jpg

ノバックのモーテルの部屋に住めるようになりました。
なのでグッドスプリングスで勝手に自宅として使っていたトレーラーの荷台から引っ越しです。

荷物を持って、ノバックへ。
実はいつでも引っ越せるように、荷物をあまりため込まないようにしていたのだ。

d0087129_2350372.jpg

感謝の気持ちを込めて、おもちゃの車をひとつ置いておきました(笑)


d0087129_2350401.jpg

マイルーム。
いやあすばらしい!
Fallout3の、メガトンの家よりも数段過ごしやすそうだ!
正直ジャマだったお世話ロボもいないし。
でも、いなかったらいなかったで少し寂しい気もするな…
これからはガラクタもたくさんため込めるなあ。
今後はここを拠点に冒険することにしよう。


さて、それじゃあ旅の続きを。
えー、次はモーテルのおばちゃんの情報で、町を見張っているスナイパーに会いに行きます。

と思ったら、家を出たら目の前にその人がいました(笑)

d0087129_23504387.jpg

むう…情報を知ってるけど、教えるかわりにちょっと仕事をしてほしいだと…?
まあ、いいか。
ここから近所のロケット研究施設「レプコン」にグールがいるらしくて、そいつらを片付けてきて欲しいそうです。
グールか…

少し前、ニプトン周辺を探索してたら、やたら強いグールに襲われて怖かった思い出が蘇ってきました(・。・;

あんなのがウロウロしてたら困るなあ…
まあでも、いきなりそんな強いのは出ないよね!
ね!

じゃあちょっとレプコンに行ってきますか!


と、その前に。
相棒ED-Eに関するサブクエストの目的地が、ノバックの近所だったことを思い出しました。
ちょっと寄っていこう。
d0087129_23504698.jpg

このおばさんに会った途端、ED-Eに記録されていたメッセージが再生されました。

d0087129_23504928.jpg

どうやらED-Eをとある場所まで連れて行ってくれという旨のメッセージでした。
なるほど、コイツにも旅の目的地があるのね。
しかもコレはエンクレイヴ製だったのか。
そういえばFallout3ではこの機械、エンクレイヴ・ラジオを流しながら浮いてましたよね。

でもこの続きはマーカーも出ないので、まあ保留と言うことで…

d0087129_23572813.jpg

「レプコン」に近づいてきました。
道すがらグール数体と戦いました。
施設の中にも入らなきゃいけないのかしら。
しかし、この一帯の建物はなかなかイカしてますね。
こういう雰囲気の建物を見るとテンション上がってくるぜ!
なにか面白い物もあるかもしれない。

よ、よし、ちょっと怖いけど突入してみるか…!


というところで、また次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-17 00:02 | Fallout | Comments(0)

d0087129_2011439.jpg

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

寄り道しちゃってあらすじを忘れかけてきたけど(笑)メインクエストを進めます。
えー、maguroを撃った奴を追いかけてるんだっけ。
次は「ノバック」という場所を目指しますが、途中「ニプトン」という町を通っていくらしい。
紅茶みたいな名前だな。

d0087129_2012068.jpg

んむ…あの煙をあげてるところが「ニプトン」?
そういやモハビ前哨基地の人が「ニプトンから煙があがっている」と言っていたなあ。
何者かの襲撃を受けたみたい。

d0087129_2012565.jpg

あちこちで火の手が上がっているし、あちこちで人がはりつけにされてる…
建物の中はたくさんの住人が殺されていました。
生き残りの人がいたんで話を聞くと、パウダーギャングとNCRがここで戦っている所に「シーザー・リージョン」という集団が襲撃してきてこのありさまに。
どうもここの市長が悪巧みをしていたらしいけど、その市長も殺されてしまったようだ。

このモハビ・ウェイストランドにはいくつかの派閥や勢力があって、このリージョンという組織は中でも結構大きなものみたい。

d0087129_2012844.jpg

ご丁寧に町の奥でリージョンの人が待ちかまえてました。
犬だかオオカミだかのかぶり物なんかしちゃって、見るからに怪しいぞ。
彼はこの町で自分たちのやったことを自慢げに語って、去っていきました。

うーん、なんだか感じの悪い奴等だな…。
試しに追いかけて戦いを挑んでみたら、あっさり返り討ちに(笑)
うほ、こりゃダメだ。


d0087129_2013297.jpg

えっと、さっきの戦いはなかったことにして(笑)ノバックへの道を急ぎます。
ニプトンから結構歩いたな~。

ワールドマップを見ると、グッドスプリングスから相当離れた所まで来てますね。

d0087129_2014482.jpg

ノバックに到着。
ここはいきなりギャングが襲ってきたりしないようで、どうやら安全な町みたい。
じゃあさっそく聞き込みしましょう。
とりあえずでかい恐竜の看板がある建物に…モーテル、安宿ですかね。

d0087129_2014749.jpg

ここのおばちゃんから情報をゲット。
ずいぶん親切な人だ。
じゃあ親切ついでに部屋貸してくれませんかねー?

d0087129_2015063.jpg

マジで部屋貸してもらえました(笑)
なんともあっさりマイルームをゲット…!
ありがとうおばちゃん!


じゃじゃじゃあ、さっそく引っ越しするか!
グッドスプリングスの自宅(仮)に戻って荷物を持ってこようっと!


と、いうところでまた次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-15 20:10 | Fallout | Comments(2)

d0087129_22265855.jpg

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

d0087129_2227173.jpg

元保安官という人は、「NCRCF」という場所に捕まっているらしい。

建物に近づいたらいきなり撃ってきた!?
え、ちょっとなんスか!?

…どうやらここもギャングが占領しているようだ。
maguroの評判はこんな所にまで伝わっているのか…!
入り口は一カ所みたいなので、入ってみると敵だらけ(笑)
敵が待ち構えているのは覚悟してたけど、予想より大勢だし!
むおおおお!

d0087129_222745.jpg

…どうにか返り討ちにして、元保安官に無事会えました。
彼はプリムの保安官になることを了承してくれたけど、NCRにそのことについて許可を得たいという。
このモバビ・ウェイストランドでは、NCRはかなり重要な組織なんでしょうかねえ。
無法の世界かと思っていたけど、町の保安官になるには許可がいるのか。

うーん、思っていたよりこのクエスト長いな(・。・;
もっとあっさり終わるのかと(笑)
メインクエストに戻りたい気もするけど、まぁもうちょっと付き合いますか。
今度は「モハビ前哨基地」という所へ向かいます。


あ、ちょっと待って!
ホテル攻略のあたりから、持ち物が一杯で困ってたんだった。
売れそうな物は売ったりしてたけど、売りたくない物もたまってきちゃったし。
そろそろ拠点になる家が欲しいなあ。
でも今自分の家みたいなものって無いしなあ…。


ひとまずグッドスプリングスに戻りました。
ここの空き家に置いてあるトレーラーハウスみたいなのをとりあえず家ということにしよう。
収納もあるし、ベッドもある。
一応屋根もあるしね(笑)
d0087129_2227726.jpg


…ううむ、でもやっぱり野宿してる気分。
少なくとも「いやー、帰ってきた!」って感じじゃないな(^^;
屋根はあるけど、これ実質外だからな(笑)
まあでも贅沢言っていられないか。

d0087129_22271229.jpg

荷物を箱に入れて、拾ったテディベアをベッドに置きました。
武器防具の修理に使う予備の装備も箱に入れます。


荷物もおろしてスッキリ。
さあでは次の場所に向かうとするか!
次は「モハビ前哨基地」だったよな。

d0087129_22271750.jpg

「モハビ前哨基地」。
ずいぶん高い所にありますね。
坂の上からの景色がいいですね〜!

ここでNCRの人にプリムの保安官の件を話し、了承されました。
これを元保安官に伝えればクエストクリアかな。

ここではサブクエストをいくつか受けられます。
というか人と話してたらサブクエがどんどん追加されていきました(^^;
でもこれらは冒険ついでにやれるので、受けておいた方がお得かも。

d0087129_22272083.jpg

プリムに戻り、元保安官に報告をして、無事クエストクリア。
フヒー、寄り道のつもりが結構かかってしまったぜ…!

で、ひとまず平和になったプリムを歩いていると、なにやら壊れたロボットを発見。
修理できそうなので直してみたら…
おぉ…どうやらコイツは仲間として一緒に戦ってくれるらしい。
これは頼もしい!
しかもコイツが倒した敵の経験値は自分にちゃんと入るという親切設計。

d0087129_22273680.jpg

孤独な冒険に、頼れる相棒が出来ました。
名前は「ED-E」か。
「肉汁」じゃないのか…。

Fallout3の時は、フォークスというスーパーミュータントの仲間がいました。
イイヤツだったけど、見た目がかなりすごかったなあ(笑)
今回の相棒は小さくて可愛いですね~。

さあ、じゃあメインクエストの続きに戻りますか!

というところで、また次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-12 22:36 | Fallout | Comments(0)

d0087129_20534099.jpg

こんばんは、ゴッチです。
New Vegas話です。

d0087129_10374683.jpg

今回もpip-boyにはラジオが備わっています。
「ミュージックラジオ」というのはひたすら曲が流れるっぽい。
「ニューベガス・ラジオ」というのは、「ミスター・ニューベガス」というDJがニュースと曲を繰り返すラジオ。
こっちがFallout3でいうところの「ギャラクシー・ニュース・ラジオ」っぽいですね。
今度のDJはずいぶん渋い声だなあ。

d0087129_20534215.jpg

さて、旅に出たmaguroの続きです。
情報を頼りに向かったのは「プリム」という町。
そんなに遠くないのであっさり到着。
ん…でも誰かに呼び止められました。

d0087129_20534545.jpg

うーむ…どうやらこの町はギャングに占領されてるみたいですね。
この人たちは「NCR」という武装集団だそうです。
階級もあるし、結構統率が取れた軍隊っぽいな。
でもこの人達は人手不足なのでギャングと戦えないようだ。
えー、ギャングってそんなに手強いの…?
しかしこのギャング達ってのも結構大規模っぽいですね。

d0087129_20535070.jpg

とは言えmaguroはここに用があるので、乗り込むことにしました。
堂々と正面から行くぜ!

敵を数人倒し、町の中に入りました。
おー、カジノマシンがありますね-!
でも使えないみたい。
建物内には住民が居ますね。この人達もギャングに困ってるようだ。

d0087129_20535271.jpg

このおっさんはmaguroがやっていた運び屋組織の人らしい。
maguroを撃った人がどこへ向かったか聞き出します。

情報を得たのでそのままプリムをあとにしても良いんだけど、せっかく立ち寄ったのでここの人たちの話を聞いてみると、この町の保安官代理が町のホテルに捕まってるという。
保安官は家を訪ねたらすでに亡き人に…おのれギャングめ!
すでにギャングとは敵対関係になっちゃってるので、保安官代理を助けることにしよう。

d0087129_20535768.jpg

おー、なんかジェットコースターが併設された立派なホテルだ。
でも乗ることはできないなー。
まあいいか、僕はジェットコースターが苦手なのだ。
敵を倒しながらホテルを攻略していきます。
Fallout3で建物探索は慣れたので不安はほとんどないし、武器防具がどんどん手に入る。
ベッドもあるので休むこともできるし。
これは良いホテルだなあ(笑)

d0087129_2054010.jpg

広い部屋で数人の敵と銃撃戦を終えました。
あれ、倒した人の中に「脱走した受刑者のリーダー」って人が。
この人がこの一団のリーダーだったか(笑)
えー、なんの盛り上がりもないじゃん…(・。・;
まぁFallout3もわりと地味にイベントが進むゲームでしたよね。

d0087129_2054347.jpg

捕まっていた保安会代理を救出。
でもこれでプリムの町は守られた訳じゃないみたい。
どうやらちゃんとした保安官が必要みたい。
なんだ、この話はまだ続くのか。
いくつか選択肢があるけど、別の場所にいる元保安官という人にお願いしてみることにしました。
でも情報に寄れば、こっちの保安官も捕まってるらしい…

ンモー、保安官捕まりすぎだよ!
でも乗りかかった舟なので、メインストーリーを逸れて元保安官という人の元へ向かうことにしました…。


というところで、また次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-11 21:03 | Fallout | Comments(2)

こんばんは、ゴッチです。
先日発売された「Fallout: New Vegas」ゲットしました。

d0087129_22181666.jpg

iPodtouchのアプリでちょっとレトロ風味な画像にしてみました。

amazonで頼んだら、アメコミの本が付いてきました。
特典とか気にしてなかったのでこれはラッキーだ。

まあでも僕としてはゲームが遊べればそれでいい!
さあレッツ・スタート!

---------------------

アメリカと中国による全面核戦争が勃発した未来。
人類達は地下のシェルター「Vault」に逃げ込み、そこで暮らした。
それから長い年月が経ち、人類は再び地上へ出て行った。
しかし核の影響で地上は荒れ果てており、無法の地となっていた…

「Fallout: New Vegas」の舞台は「モハビ・ウェイストランド」という場所で、大きなカジノ街「ニューベガス」が中心となっているようです。
そんな場所でのお話。

主人公は運び屋の仕事をしています。
仕事を請け負い、とある荷物を届ける途中に何者かに襲われ、荷物を奪われた上に銃で撃たれて墓場に埋められてしまいます。

おおぅ、のっけからショッキングな展開だぜ…!

d0087129_2214450.jpg

…ん?
気がついたらベッドの上でした。
助かったのか?

どうやらこのおっさんが助けてくれたみたいだ。
このおっさんはVault出身らしく、医療技術もそこで得た物らしい。
おっさんの問診がそのままキャラエディットになっているのね。
ずいぶん親切な人だけど、どうもFalloutの世界だといい人ってうさんくさく思えるなあ(笑)
回復した後で「じゃあ手術料3万キャップね」とか言うんじゃないか、この人…?

d0087129_2214613.jpg

でも特になにも請求されずに、元々の持ち物に加えて服やpip-boy(腕に取り付ける小型便利端末)までいただいてしまった。
なんだこのおっさんホントにいい人じゃないか!
疑ってすみません!

d0087129_22141066.jpg

というわけで、主人公「maguro」の冒険が始まりました。
当面の目標は、自分を撃った奴を見つけることのようです。

maguroが運び込まれたのは「グッドスプリングス」という小さな集落。旅人もあまり通らないような場所みたい。

d0087129_22141386.jpg

さっきのお医者さん(おっさん)の他にも、戦闘の仕方などを教えてくれるお姉ちゃんがいたり、この場所は拍子抜けするほど良い場所だなあ。
前作「Fallout3」だと脱出劇から始まって、いきなり人がたくさんいる広い街「メガトン」に向かうという展開で、何がなにやらという感じだったけど、今回の「New Vegas」は、序盤はだいぶ親切になってますね~。

助けてくれた恩もあるし、ウロウロしながら住民と話してみると、どうもこの集落に「パウダーギャング」と呼ばれるギャングの一味に狙われた人が一人隠れ住んでいるらしい。
住民はトラブルに巻き込まれたくないというのであまり乗り気じゃないけど、さっきのおっさんやお姉ちゃんが協力してくれるようで、ギャングと戦うことになりました。
小さな町をギャングから守る…なんとも西部劇な展開じゃないか!

d0087129_22141657.jpg

勝ちました。もっと激しい戦いになるのかと思ったけど…案外あっさりんこ。
すかさず慣れた手つきで倒した敵の身ぐるみを剥いで持ち物をゲット(笑)

d0087129_22141849.jpg

この戦いで銃もへたれてきたけど、敵から奪った銃を使って修理。
いやあ、このゲーム、操作もシステムもFallout3そのままなんで、始めて少しだというのにこの慣れっぷり(笑)

d0087129_22142223.jpg

こらしめた悪者どもはその辺のリヤカーにぶっ込んでおきました。
全員「シェー」にしてやろうかと思ったけど大変そうだったのでやめました(笑)

この戦いで、この集落におけるmaguroの評価が「好感」に。
ほうほう、どうやら「New Vegas」では地域や団体ごとに主人公の評価が変わるらしいですね。
つまり倒したギャング側の評価は悪くなったようです。
八方美人は無理というシステムなんですかねえ。

d0087129_22142688.jpg

さて、ではそろそろ冒険に出るとするか…

d0087129_22142955.jpg

旅人maguroは、グッドスプリングスをあとにして、自分を撃った奴を見つけるべく旅立ったのだった!


--------------------------

というわけで、「Fallout: New Vegas」の雑記、はじまりました。
今後はmaguroの冒険を追って不定期連載していこうと思います。
ネタがたまったら書く、という書き方をしているので、いわゆるプレイ日記みたいなこまめな連載にはならないと思います。
冒険が終盤にさしかかってきたら、ネタバレを避けて書くようにしようと(今のところは)思っています。

あと、連載が12月に突入したら問答無用で「MHP3」をやるので「New Vegas」は一端休憩となります(笑)

なるべく11月中にキリの良い所まで遊びたいですね~。
今回はメインストーリーを追いつつも、面白そうなサブクエストはどんどんやっていく予定。
気ままに楽しもうと思います。

それではまた次回でーす。
by maguro_negi | 2010-11-09 22:34 | Fallout | Comments(2)

ハロー、アメリカ。どうもゴッチです。
「Fallout3」のDLC「mothership zeta」というのをやっております。
今回で「mothership zeta」編、最終回です。

d0087129_22304724.jpg

覚悟を決めて宇宙船のブリッジに踏み込みます。
そしてキャプテンと名の付いた敵をV.A.T.S.で華麗に狙い撃ち!

ズシャーーン!(ビーム音)

あれ、一撃で倒しちゃった(・。・;
キャプテン弱ーっ!!

その後他のエイリアンと戦っていたら、みんなが合流してきました。
なんかサリーは慌てている様子。何事ですか?

d0087129_22305188.jpg

って、正面に別の宇宙船ーっ!?
しかも攻撃してきたし!

どうやらこちらの宇宙船を破壊しようとしているらしい。
そりゃ困る!

ということで応戦します。
ブリッジのパネルでバリアとレーザーを操作して、敵宇宙船と戦います。
敵の攻撃時にはバリアを展開して防御して、敵の攻撃が止んだらこちらのレーザーをおみまいだ!
とかやってたら後ろからエイリアンたちが攻撃してくるし!
いやいや、今それどころじゃないって!ちょっとみんな、後ろを頼む!
なんというアツイ展開、Fallout3じゃないゲームをやっているような気分だ。

d0087129_22305367.jpg

お、おぉ…!
敵宇宙船が落ちていく。
我らの勝利だ!

やったな、みんな!

って、ああーーっ!
ウェスタンな人が倒れている!
残念ながら犠牲になったようだ…。


d0087129_22305650.jpg

サリーによると、地上にテレポーターを投下したので、それを使ってウェイストランドに戻れるらしい。
そうか、帰れるのか、よかった…!
それでは、この宇宙船から脱出しますか。



d0087129_2231314.jpg

久しぶりにウェイストランドに戻ってきました。
宇宙もよかったけど、やっぱりこの荒野の方が安心しますね。

こうして、正義マンたちの活躍によりエイリアンの恐怖から地球は守られた!
d0087129_2231657.jpg

ウェスタンな人、君の装備はこの正義マンが受け継がせてもらうぜ。
君の勇気を俺は忘れはしない!

d0087129_2231968.jpg

夕焼けの荒野に響いたレヴォルバーの銃声は、心なしか哀しみに満ちていた…。



旅は終わらない
作詞:ゴッチ

水面(みなも)に浮かぶ死体
今日も荒野で 命のやりとり
口の悪いタロン・カンパニー
片っ端から骸に変えて タバコに火を付ける
正義マンの 旅は終わらない

悲しい顔するなよ ミッキー
きれいな水で 一杯やりな
おまえが死んだ時は
「シェー」のポーズにしてやるよ 約束さ

かかえきれないほどの テディベア
胸に抱いて まだ 拾う
荷物が多すぎて走れなくても
正義マンの 旅は終わらない

あの子に笑顔がもどるまで
正義マンの 旅は終わらない




---------------------------------



というわけで、これにてFallout3の雑記「mothership zeta」編は終了です。
「mothership zeta」は集中して遊ぶとそんなに長くはないけど、シチュエーションが興味深くて面白かったです。
今回はFallout3的な荒野、廃墟、放射能という部分がほぼないけど、それが逆に新鮮でしたね~。

そして今回をもってFallout3の雑記は終わりということにいたします。
ウェイストランドにはまだ行っていない部分も多いけど、まあ今回のDLCがFallout3にとっても最後ということなので、キリもいいかなと。

それでは長々と読んでいただいた方、どうもお疲れ様でしたー。
by maguro_negi | 2010-09-18 22:48 | Fallout | Comments(0)

ハロー、アメリカ。どうもゴッチです。
「Fallout3」のDLC「mothership zeta」というのをやっております。
宇宙船の探索もそろそろ佳境です。

d0087129_19245659.jpg

おおぉ…!

宇宙だ…!

こだまする呼吸音が宇宙にいる感じをよりリアルにしていますね。
とりあえず宇宙船の上を走っていると…

d0087129_1925042.jpg

おや、なんか部品が出っ張っている。
操作したら動きました。
他にもいくつかあるようだ。

d0087129_1925299.jpg

全部の部品を動かしたら、上部に続く部分が光りました。
よし、これで上部にいけるはず…!

上部に到着後テレポーターを起動させて、みんなにも来てもらいます。
下に地球が見えます。でも、全体的に黄色い。
やはり戦争の影響でこうなっちゃったんでしょうねぇ。

d0087129_1925561.jpg

ぬお!突然エイリアンの立体映像が!
なんか怒ってるっぽい!
そりゃまあ、結構暴れてきたからなあ。

サリーによると、この宇宙船には宇宙から地球を攻撃できる兵器が備わっているらしい。
脱出する前にそれをなんとかしないとヤバいということで、その「デス・レイ」というのを止めに行くことになりました。
まあ、要するに宇宙船のブリッジで親分を倒せば万事解決…かな?

当初はこっそり脱出するつもりだったのに、結局宇宙船をぶっ壊して脱出というハリウッド的なノリになってきた!
盛り上がって参りましたよー!

さて目的も定まったし、敵を倒しながらどんどん奥へ進みます。

d0087129_1925853.jpg

「デス・レイ」だと思うマシンの近くにジェネレーターがいくつかあったので、これも破壊。

d0087129_19251148.jpg

宇宙船の上部は研究施設が多いですね。捕らえてきた人たちを研究するマシンとかが置いてあります。

と、そこに!

d0087129_19251488.jpg

むうっ、新手のエイリアンか!
なんかでも、見た目がちょっとクリーチャー的な感じでもある。

倒した後、持ち物を見てみたら…、「タバコのパック」を持ってました。
え、これって…もしかして…
元々は人間なのか?

このあたりで記録されたメッセージを聞いてみると、やはりここで捕らえてきた人間を改造する実験をしたらしい。
エイリアンめ、なんてことをするのか…!

さらに奥に進むと、

d0087129_19251786.jpg

あれっ?サムライさん!いないと思ってたらこんな所に!
周りにはエイリアンの死体がごろごろ。
まさかこれだけの数をやっつけたのか!?
すげえ、さすがサムライウォーリアーだ…!

d0087129_1925207.jpg

そしてどうやら宇宙船のブリッジに到着したらしい。
いよいよ最終決戦なのか!

というところで、また次回ですー。
by maguro_negi | 2010-09-17 21:57 | Fallout | Comments(0)