ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

カテゴリ:Fallout( 52 )



こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話の続きです。

2回目プレイ、意外と続いています(笑)


放浪ついでにキャッスルも地図に記しておいたのだ
d0087129_15445128.jpg

ミニッツメンクエストの大きなイベントに「キャッスル奪還」があります。
マイアラーク(カニのようなモンスター)に占拠された、かつてのミニッツメンの本拠地を取り戻すというもので、本来はガービーさんや他のミニッツメン達と協力してマイアラークと戦うんですが、ネットによると一人でもやれるらしい。
マジっすか!


d0087129_15445502.jpg

ということで無謀かなと思いつつ、大した準備もせずに一人でキャッスル奪還を決行(笑)
難易度を下げているとは言え、強力な武器が使えない(※)ので案の定マイアラークの群れに襲われて相当厳しい戦いになりました。
※2回目のプレイでは、武器は近接武器と拳銃のみで戦うことにしています(グレネードや地雷はOK)。


d0087129_15450088.jpg

ボスの「マイアラーククイーン」と、「伝説の発光マイアラーク」といういかにも強そうな敵に追われて何度も瀕死になりつつも、どうにかクイーンを撃破。
ボス戦では木に隠れながらパイプピストルをペチペチ当てるという地味な展開に(・。・;
クイーンは人を溶かすほど強力な酸を吹いてくるのに、このとき盾に使った細い木はびくともしない。
木さん、流石やでぇ…!

発光マイアラークの方は、逃げていたら近くに居たレイダーの方へ行っちゃいました。
しばらく銃声が聞こえていたけど、その後どうなったのかわかりません(・。・;
ついでにどっちもくたばりやがれェ!(AKIRA6巻より)





戦いで消耗したので一度家に帰って回復をして、
キャッスルとの補給ルートを確立させてからジェネレータを設置しに再度キャッスルへ戻ると…

d0087129_15450546.jpg

伝説の発光マイアラークさん、ご丁寧にファストトラベル地点で待ちかまえてました(汗
お前死んでなかったのかよ!!
完全に不意を突かれて焦りました。

d0087129_15451014.jpg

しかしここに先程補給ルートのために任命したプロビジョナーが加勢し、
火炎放射器で伝説さんを焼却。

た、たすかった…!
この伝説さん、手持ちの武器だと正直勝てないかもと思ってたや。
っていうか、プロビジョナーさん、火炎放射器なんて持ってたのか。


d0087129_15451593.jpg


こうしてキャッスル奪還を終えて、準備を整えた後でガービーさんに報告すると驚かれました。

「キャッスル奪還の戦いでまた犠牲が出るかも知れない、それでもやるしかない」
と覚悟を決めていたのに、フラリと旅から戻ってきた将軍から、

攻撃部隊は必要ない。あそこの掃除はもう済んだ。

なんて言われたらそりゃ驚くよなあ(笑)





ところで、PS4版Fallout4のMOD対応、どうやら実現しそうですね!
↓ベセスダのニュースページへのリンクです。

とは言え、いろいろ制約がありそうで、テクスチャを差し替えたりするものはNGになりそうな感じです。
フーム、となると肌をキレイにするとかのMODはなさそうかなあ。
テクスチャは今のままで良いので、顔とか体型をもっといじれるMODがあるといいなあ。
物好きなMOD職人さんがPS4用の体型変更MODを作ったりしてくれると、とてもありがたいんですが…

まあ、おそらくそういうことはPCで思う存分やってくれ、ってことになるのかな。
でもせめて髪型追加MODは出て欲しいところ…

ゲームシステムを調整して遊びやすくしたりという系はありそうかな。
モーションを変更するものとかもあると嬉しいですねえ。
あと、コンソールコマンドとかも使えるようになるといろいろと面白そうなんだけど、その辺はどうなるのかしら。

MOD対応時期はSkyrimリマスターの後だそうなので、来年とかになるんですかねえ。
まあ気長に待つとしましょう!

[PR]
by maguro_negi | 2016-10-12 13:45 | Fallout | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話の続きです。

2回目のプレイを開始してしばらく経ちました。
1回目みたいに「クリアまで頑張るぞ!」みたいな気持ちもないので、かなりマイペースでやっています。


d0087129_15260628.jpg

相変わらずメインクエストを進めずに放浪の旅を続けています(笑)
録音されたメッセージを受信したので、発信源を探っていったら小さな住宅地に着きました。
しかしそこはスーパーミュータントの集落でした(・。・;
どうにか敵を片付けて、辺りを探ってみると…

核爆弾が落ちた日、とある父子が地下シェルターに逃げ込んだ
病院に勤めている母親の帰りを待ちつつシェルターで生活を続けていた
しばらく経ったあとならず者達に襲われ、仕方なくシェルターから外に逃げた
母親を待ちながら住宅地の近くで野営生活をしていたが結局全員死亡した

ということがわかりました。
一家には子供が二人いたようですが、小さい白骨死体があったので、これは野営生活していたがすぐダメになったような感じですねえ。
母親の帰りを待っていたから、遠くへ旅をするわけにもいかなかったのか。
うーん、悲しい話だ…
ネットによると、母親については勤め先の病院に行くとその後どうなったのかがわかるそうです。
これはいずれ病院も探索しなければならないな!

で、ならず者達はその後スーパーミュータントに襲われて、以後はスーパーミュータントが住み着いて今に至ったようです。

Fallout4、こういうメインクエストに直接関係ない話もやたらしっかり設定してあるのが魅力ですねえ。
それも、断片的な情報だけしかわからなくて「あとは想像してね」っていうスタイルなのがまた良いです。


d0087129_15261287.jpg

そしてここのシェルターの近くで近接武器「リッパー」ゲット。
リッパーは小型のチェーンソーで、攻撃ボタンを押している間はずっと攻撃判定が出ます。
銃を装備している敵やグールみたいな、ガードができない敵にはめっぽう強い。
そして近接攻撃のperkを上げると、より凶悪な武器になるらしい。
上手に使うのにコツはいるけど、これは良いモノを手に入れたぜ!





炎系武器を好んで使う集団、フォージ
d0087129_15261728.jpg

今度は息子が家に伝わる大事な剣を持って出て行ってしまって困っている人に会いました。
息子は武装した集団「フォージ」達が居る製鉄所へ行ったそうで、フォージどもから剣を取り戻して欲しいそうです。
剣が優先で息子は二の次ってのがなんだかアレですが…(・。・;

今回の敵「フォージ」はは単なるレイダーとは違うようで、火炎ビンや火炎放射器を使ってくる厄介やつらでした。

むぅ、こいつら相手に拳銃で戦うのは厳しい…!
ここは「敵に突進してリッパーを当て続けて倒す」という強引な戦法で突破しました(笑)


d0087129_15262277.jpg

パワーアーマーを着込んだボス「スラッグ」を倒し、無事に息子も剣も取り戻しました。
って、この剣…「シシケバブ」じゃないか!

シシケバブは、Fallout3にも出てきた「斬ると敵を燃やせる剣」です。
むぅ、これは欲しい…!
しかしこれは返さないといけないものだけど…こっそりもらっちゃうか?


d0087129_15262664.jpg

そこで事前にセーブをして、とりあえず剣を返したらどうなるのかを調べることにしました。
すると「剣はお前が持っててくれ」と気前の良い返事をいただきました。
おおお!これはありがたい!

でもこのシシケバブ、ダメージ的には今ひとつなんですよね(・。・;
見た目はカッコイイんだけどなあ。
せめて「条件は難しいものの改造したら超強くなる」とか、そういう設定にしてほしかったなあ。
「見た目だけのロマン武器」というわけか…

[PR]
by maguro_negi | 2016-10-05 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:2回目開始


こんばんは、ゴッチです。
久々にFallout4話。

Fallout4、MODが配信されたらそれを吟味してもう一度はじめからやろうと思ってたんですよね。
でもPS4版のMODはいろいろあって無期限延期になったそうで。
むぅ…XboxONE版はMODを導入できるようになっているのに、PS4版はダメだったか。
かなり楽しみにしてたんだけどなあ。





d0087129_20364655.jpg

まあ、気を取り直して。
上記の通り、2回目のスタートを待つ理由がなくなったので2回目をやることにしました。
キャラメイクを適当に済ませて、2代目maguroの冒険、スタートです!

初代のプレイでは適当に育てていたけど、2回目はゲームの流れなどが分かったのでゆる〜い縛りプレイというか、成長方針を明確に決めることにしました。

今回僕が決めたのは「武器は格闘&近接系、銃は拳銃系のみ」。
なるべく近接で戦いたいけど、きっと銃がないとやってられないと思うので(笑)、拳銃はOKとします。
でも拳銃でもスコープ付きとかあるし、そこまで辛いことにはならない…はず。

思えば初代はライフルばっかり使ってました。特にスナイパーライフルが楽しかったんですよね。
で、2代目は逆に近距離の戦いをやろうと。
初代の時は弾丸やスティムパックをなるべく使わずに温存していたけど、終盤の時にはどちらも余りまくってたんで、今回はもうガンガン消費して豪快に遊ぼうじゃないか。
ちなみに格闘が多くなるので難易度は初めから下げました。
ゲームの中ではラクがしたいのです…!






2回目では初めからドッグミートを連れて行くことにした
d0087129_20365498.jpg

さて、Vault111を脱出し、200年振りに自宅に戻った後は、あえてコンコードに寄らずに放浪開始。
メインクエストはしばらく手を付けずに行こう。
さらわれた息子の事なんて知ったこっちゃないぜ!(←ひどい)

拠点を開放する活動はしていきたいので、ミニッツメンのクエストはどんどん進めよう。


ところで、主人公は200年経ったとは言えその間コールドスリープされていました。
つまり、主人公からしたらついさっきまで人殺しなんてしたことない人なわけですよね。
そんな人がVault111を出た途端、当たり前のようにマチェット片手にダッシュ回転斬りとかしてレイダーの首をはねたりしてるのってすごくおかしい気がするけど、
ま、いいか。(いいのかよ)

d0087129_20372740.jpg

武器を縛ると、「拾った武器を吟味する」部分が省けるのでゲームがテンポ良く遊べます。
ライフル系を手に入れても容赦なく分解したり売り払ったり。
レベルアップしたら探索に有効なpark(カギ開けとか)を取りつつ、それが落ち着いたら武器改造を上げつつ近接系と拳銃系を重視して伸ばしていこうかな。


d0087129_20370495.jpg
今回はミニッツメンルートでクリアを目指そうかしら。
BOSはパワーアーマーを拝領したら放置しようかな。
いや、でもBOSの一員「ナイト・リース」がムカつくんだよなあ(笑)
じゃあBOSとは関わらないか…?
この自由さ。やはりFallout4は最高だぜ…!


早くもヘーゲン砦とアークジェットシステムを発見
d0087129_20370911.jpg
ウロウロしてたら、全然メインクエストを進めていないのに中盤の山場「ヘーゲン砦」まで来ちゃった。
でも奥へは入れないんですね。
他にもBOSのクエストで行く事になる「アークジェットシステム」にも入ってみたけど、クエストに関係している場所までは行けないようになってますね。


d0087129_20371406.jpg
その後ミニッツメンクエストをキャッスル奪還直前まで進めてから(でもメインクエストは進めていない)、「輝きの海」まで行ってみました。
難易度を下げているとは言え、さすがに低レベルでここはムチャだったかしら(・。・;
デスクロー先生やラッドスコルピオンがウロウロしてるし…
ついでにこの辺はクマ(ヤオ・グアイ)とか居るのでうろつくだけでも危険です。
わかっちゃいたけどクマとの殴り合いはこちらが分が悪い(笑)
デスクロー先生は地雷でダメージを与えておいてからパイプピストル連射でどうにか退けたけど、地雷にも限りがあるし、今のうちはあまり相手にしない方が良さそうだ。


セントリーボットとの死闘
d0087129_20372381.jpg

その後も放浪を続け、偶然見つけたパワーアーマーを着込んだら、すぐそばのセントリーボットに襲われたりしました(汗
逃げつつパイプピストルで必死の抵抗をしてどうにか撃破。
むぅ、強敵との戦いでは他の武器も解禁したくなってくるな…(・。・;


もうアトムキャッツのガレージまで来ちゃった
d0087129_20371872.jpg
あえてメインクエストやダイヤモンドシティを避けつつ、気ままな放浪が楽しいです。
1回目のプレイではあまりうろつかなかった、マップの南側方面も今回はかなり歩き回っています。
ある程度遊んだらメインクエストに手を付けることにしようかな。
2回目は「知っている」からこそできる楽しみがありますね。


ウロウロしてたらパワーアーマーが結構集まった
d0087129_20373173.jpg
なんだろう、一度クリアしたので2回目のプレイはすごい気が楽ですねえ。
急に戦闘になってもそこそこ対応できるので気持ちに余裕ができています。

d0087129_20373725.jpg
これにMODも導入できてたら、さぞや楽しい旅になっていただろうなあ…。
いつか問題がクリアされて、PS4でもMOD対応するといいですねえ〜。

[PR]
by maguro_negi | 2016-09-28 20:00 | Fallout | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。
今回が雑記の最終回となります。


d0087129_18435730.jpg

とある場所の冷蔵庫。
中には、核戦争前に慌てて入ったけど、出られなくなったという子供がいました。
インディ・ジョーンズかよ!

んん、えっと、つまり200年以上前からこの中に…?
どうやら冷蔵庫の中でグール化したので今まで死ぬこともなかったそうですが、恐ろしい話だな(・。・;
この子供は「親に会いたい、家に帰りたい」と言うので、まあもう誰もいないし家もないぜと思いつつ一緒に探してあげたら…なんと親もグール化してご健在でした(笑)
200年後に感動の再会か。


-----------------------------------------------


d0087129_1844211.jpg

さて、「スターライト・ドライブイン」という場所に、満を持して新しい家を作りました。
冒険だけでも膨大な時間の掛かるゲームだけど、クラフトをやりだすと軽く何時間も吹っ飛びますね。
この家、試行錯誤を繰り返しながら作って、結局1週間以上冒険を中断してずーっと家をいじってました(笑)
しかしこれ、やってみると思っていた以上に容量が足りなくなりますね。

新居完成
d0087129_1844758.jpg

地べたに家を建てるのに抵抗があったので、高床式にしました。
「ちょっと浮いてる家とか、カッコええやん?」とか思いまして。
下階はスペースを広めにとって、武器改造台などの作業場やパワーアーマーを置いたガレージ的な部分と、テレビやソファーを置いたリビング部分で分けました。
アメリカンな家っぽくなったかしら。
なんかこう、「ガレージにソファーが適当に置いてある」みたいなのがやりたかったんですよね。

d0087129_1844984.jpg

階段を上がるとロフト状態になっていて、ここは荷物が入れてあるトランク、ベッドなどを置きました。
上の階からガレージ部分が見下ろせるので、「ビール片手に手すりにもたれながらガレージを見下ろすとかするとカッコイイよな」とか想像しながら作ってました。


ジェネレータは外に置いてあり、室内には配線を極力しないようにしてあります。
この配線や、電気の効果範囲を把握するのがなかなか難しい…
屋上は容量の問題などあって適当です(笑)
屋上と言えば、この柵の微調整に夢中になってたらそのまま落下死したんですよね(・。・;;
これで約1時間分の作業がパァになったのは、今では良い思い出…
クラフトモード中に死んでゲームーバーになるゲーム、それがFallout4(笑)




久々に動画を撮ってみました(約3分の動画です)。
maguroの家の紹介動画です。
しかしまあ、こんな時間泥棒なクラフトモードをオープンワールドRPGに組み込もうとかよく考えたなあ。
DLCとか、別ゲーにしてもいい位の内容ですよこれ。

今回、僕は平地に家を建てたけど、場所によってはバスの中に家具を入れて家にしたり、高層ビルを建てたりとかかなりいろんなことができるらしいです。
スイッチとかターミナルを使うといろいろなギミックも作れたりするらしいけど、僕は家を建てて照明を付けるくらいで気合いが無くなりました(^^;
こだわると相当スゴイのができそうですよね。
むぅ、奥が深いな、クラフトモード…!


-----------------------------------------------


終わりのあいさつです
d0087129_18441038.jpg

さてさて、いよいよこの雑記も今回で終わりです。
雑記をはじめた当初は「ストーリーを語らない」としていたんですが、結局終盤は普通にストーリーをなぞっちゃった(・。・;
でもネタバレになる部分についてはなるべく説明しないようにしたので「だいたいこんな流れ」くらいに思って貰えるとありがたいです。
他のルートもありますしね。僕が遊んだのはいくつかある中のひとつのルートです。
そしてそこに至るまでの道中はプレイヤー毎で異なるはずです。
Fallout4は一人一人が違う冒険を楽しめる、そんなゲームなんです。

d0087129_184412100.jpg

Fallout4は万人受けするようなゲームじゃなく、むしろ遊ぶ人を選ぶゲームだと思います。

ストーリーは途中から少し中だるみしちゃう感があるし、演出も淡々としているし。
拾えるモノとか作れる物とかありすぎて、そういうのが面倒に感じる人も多いでしょう。
しかし、気の遠くなるほどのボリュームで作られた世界を文字通りロールプレイできるし、探索できる場所や世界設定を補完する興味深い資料、皮肉めいたネタなどが山ほど用意されています。
「以前こんな事があったのか」とか想像するのも楽しいです。
クラフト要素もおかしいくらいの充実ぶりだし。

そういうゲームやりたかった!という方はかなりハマれると思いますよ!

この世界観に興味があるなら、ぜひVault111から脱出して果てしない冒険に出よう!
d0087129_18441369.jpg

それでは、Fallout4のプレイ雑記はこれにて一段落。
長々と読んでいただきありがとうございました!
[PR]
by maguro_negi | 2016-03-30 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その13


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。


八方美人はできない
d0087129_895454.jpg

さて、ストーリーはいよいよ大詰め。
選択肢と行動次第で今までmaguroがお世話になった派閥と敵対が決定的になることがあるので、それっぽい選択肢が出ると緊張します。
ウェイストランドの、連邦の未来を思うならどういう行動を取ればよいか。
うーーーーーん。

悩んだ末に、maguroが出した答え。
それは、

リバティ・プライム先生さすがです!
d0087129_895575.jpg

とにかくぶっこわす

…うん、非常に短絡的な答えになりました(笑)
あと、巨大ロボの活躍が見たかったという理由もあります。
ええ、そんな理由でこの「BOS」ルートにしたという…
Fallout3でもこのロボは終盤で活躍しましたねえ。

景気よく爆発する、とある本拠地。
いろいろと思うところもあるし、今回のmaguroの行動が人々から非難されることもありましょう。
でもこれが、これこそがmaguroがいろいろ考えた末の「正義」なのだ。


d0087129_895861.jpg

こうして自分が信じる正義を実行したmaguroは、BOSの隊員(かなり出世した)、ミニッツメンの将軍という肩書きに加え、
かつてキャピタル・ウェイストランドのごく一部で話題だった謎の戦士「正義マン」を名乗ることにしたのであった。


レイトヒーロー正義マン 作詞:ゴッチ

肉片 肉片 肉片
血だまりの中から現れた

爆発 爆発 爆発
黒煙の中から響く足音

揺るがぬ信念 それが正義パワー

フュージョン・コア セットイン
バルブ回転 正義アーマー装着完了

全てが みんな 狂ってる 世界の中で
ただ一人 佇む ブルー・エインシャント・ヤングマザー
引き金 引きまくれ コーラ 飲みまくれ 肉 焼きまくれ

うなれミニガン 振り下ろせスーパースレッジ
そうだ 今こそ 必殺の ヌカ・ランチャー
俺こそ正義 そうさ 正義 正義マン

フュージョン・コア セットイン
バルブ回転 正義アーマー装着完了

会う敵 みんな イカれてる 世界の中で
ただ一人 佇む ブルー・エインシャント・ヤングマザー
引き金 引きまくれ 酒 飲みまくれ クスリ キメまくれ
ニンジン 埋めまくれ 家 建てまくれ 今日のおやつはシュガー・ボム

うなれミニガン 振り下ろせスーパースレッジ
そうだ 今こそ 必殺の ヌカ・ランチャー
俺こそ正義 そうさ 正義 正義マン



d0087129_895910.jpg

今日もウェイストランドは平和です。


-----------------------------------------------


人は、あやまちをくり返す
d0087129_810246.jpg

というわけで、ようやくエンディングを迎えました。
最後の方は駆け足でのプレイとなったけど、終盤のストーリーは集中して遊べたので結構楽しめたなあ。
Fallout4のストーリーは、Fallout3のメインクエストみたいにエンディングまでほぼ一本道ではなく、終盤にどの派閥に付くかという大きな選択がありました。
なので結末はマルチエンディングという形になります。

派閥ごとにそれぞれ違う思想なので、どうしても「みんなが手を取りハッピーな世界を作ろう」みたいな結末にはならない。
現実もそうですよね。例えばふたつの意見があって、それぞれが「正しい」と思えるのでどう決断したらいいのか困る、みたいな。
Fallout4の旅を通じていろいろ考えさせられましたねえ。
あと、ボストンに行ってみたくなりました(笑)

ちなみに、今回僕が選んだルートだと、Fallout3のその後の話がちょっとだけ聞けたりするので、前作を遊んでいると少しニヤニヤできます。


d0087129_810336.jpg

エンディング後もゲームは続けられます。
クエストも中途半端なものがあるし、行きたい場所、やりたいこともまだまだ山積み。
なのでプレイは今後も続けていきますよ!

d0087129_810593.jpg

あ、プレイ雑記は次回で終わりになります。
ではまた次回でーす!
[PR]
by maguro_negi | 2016-03-23 08:09 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その12


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。

d0087129_1852164.jpg

最近maguroの髪型を変えました。
ずーっと同じでちょっと飽きてきたんで(笑)
この髪だとフワフワ揺れるのでちょっと楽しいです。
なんか「決意も新たにまとめていた髪を下ろして決戦に臨む」みたいな気分。
いやー、MODもなしでで髪が揺れるとはありがたい。


-----------------------------------------------


うおおお、デカイ飛行船!
d0087129_2131519.jpg

さて前回の続きでメインクエストをどんどん進めていきます。
ある所での仕事を終えた後、外に出たら巨大飛行船が現れました。
現在のウェイストランドにこんなデカブツを飛ばせる科学力があったのか…
メインクエストは話の展開も面白いし、大がかりな演出もあって遊んでいて楽しいですねえ。

コイツはこちらのことをたくさん煽ってくる嫌な敵、なんですが…
d0087129_2131681.jpg

maguroが(途中寄り道しまくったけども)ずっと捜していた人に繋がる大きな手がかりを見つけました。
そしてその人がいる場所は分かったんですが、行き方がわかりません。
そこで、情報を知る人物に会いに行く事になったんですが、それはあまりにも過酷な場所でした…


ついにパワーアーマーを本格稼働させる時が来た
d0087129_2131829.jpg

その場所は「輝きの海」。
核ミサイルが落ちた場所の近辺です。
Fallout4の雑記「その1」で、ゲームの冒頭で核爆発が起こりましたが、あの場所がここです。

放射能汚染が超激しい地域へ赴く
d0087129_2132137.jpg

さすが爆心地、200年経っても焼け野原のままか…
輝きの海とは良く言ったもんだ。
あちこちに放射性物質が落ちていたり漂っていて怪しく光ってます。
ここは戦争から200年経った今も放射能汚染が激しく、多少RADを遮断できるパワーアーマーを装着しての決死の探索となりました。
ガイガーカウンターは常にカリカリ言ってるし、グールの群れやラッドスコルピオン(でかいサソリ)、デスクロー先生が普通に歩いている…
ここが地獄なのか…!?
恐ろしくてアーマーを脱ぎたくないですよここ(・。・;
アーマー脱いだら一瞬で死ぬんじゃないのか…?
ゲームやってる僕自身も息苦しくなりながら遊んでました(笑)


未来感溢れる場所に来た
d0087129_185232.jpg

その後、ついにmaguroはVaultを111を出発してからずっと捜していた人に出会えました。
しかしそれはmaguroが望んでいたような再会ではありませんでした。
…ま、それはちょっと予想していたんで「ああ、やっぱりそうか~」という感じでしたけども。

そしてここからが「決断」になります。
この先のmaguroの行動と選択で、どの派閥に肩入れするのかが決まっていきます。
ストーリーが分岐していく訳ですね。

いよいよmaguroの旅に大きな区切りが付けられそうですよ!
ゲーム的には次回でエンディングを迎えます。
でも雑記はもうちょっと続きます。


-----------------------------------------------


d0087129_1852527.jpg

では今日の所はこの辺で。
続きまーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-03-16 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その11


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。

今日のおしり
d0087129_1934352.jpg

ロード画面にはいろんなキャラやモノのモデルが表示されます。
うーむ、この人、いいおしりしてるなぁ…
おもわずスクリーンショットを撮っちまったぜ…!
Fallout3のVaultジャンプスーツはもうちょっとゆったりしてたけど、Fallout4ではピッチリしたデザインなんですよね。
この姿で荒れ果てた荒野を歩くと、なんとも言えぬミスマッチ感があって非常に良いんですよねえ。
核戦争後の破壊されたアメリカとレトロフューチャーの組み合わせというFalloutの世界観を考えた人はマジで天才だな…!


-----------------------------------------------


d0087129_19334599.jpg

さて今回は、「ボストンコモン」という公園から続く観光ルート「フリーダムトレイル」を辿ることにしました。
地面に赤い線が引いてあり、それを辿ると数々の史跡が観光できるという。
このフリーダムトレイルというのは実在するみたいですね。
ウーム、Fallout4をやると実際にボストン観光をしたくなるな(笑)

この赤いレンガの線みたいなのがトレイル
d0087129_19334712.jpg

…で、トレイルを辿った先には教会があり、その地下は秘密組織「レールロード」の本部になっていました。
こちらは初対面だけど、向こうはmaguroがミニッツメンの将軍(という名の小間使い)であることを知っていました。
いろんな事に手当たり次第に首を突っ込むmaguroが気になったようで調べていたらしい。

d0087129_1933487.jpg

この組織「レールロード」は人造人間を保護して連邦(Fallout4の舞台である地域)から脱出させているそうです。
人間と見分けがつかない型の人造人間には、人間と同様に「感情」があるそうです。
人造人間と言っても、悪さをするものもいれば人間の道具として扱われるのを嫌うものもいて、中には自由になりたいと願う個体もいると。

まあ、わからないこともないかな。
ある時に勝手に人がすり替わるってのは怖いけども、それは後ろで手を引いている奴が悪いわけで。
その黒幕はどうも「インスティチュート」という、これも秘密の組織だそうです。
ああ、ダイアモンドシティでもインスティチュートの話が出てきましたね。
フム、ここはひとつ彼らに協力しようじゃないか。

…というのはタテマエで、本音は「新たなクエストの匂いがするから首突っ込もう」からなんだけど(笑)

人造人間に占拠された以前のレールロード本部を調査する任務
d0087129_19335026.jpg

ということで、お使いをこなしてリーダーに認められ、maguroもレールロードに加わることにしました。

プロフェッサーmaguro誕生の瞬間
d0087129_19335472.jpg

コードネームは「プロフェッサー」。
レールロードのクエストでは合言葉や秘密の記号とかが決められていて、気分はさながら007のよう。
これはスーツに蝶ネクタイ、サイレンサー付きの拳銃でも装備しようかしら。
そしてマティーニをシェイクするのか!

d0087129_1934417.jpg

試しに手持ちの装備でボンドさんっぽくしてみたけど…
むしろ今までより目立つなこれ(笑)
あとスーツだとアーマーが装備できないから紙防御で困る(^^;
さらにボンドガールがそれほど美人じゃな(略

エージェントは外では任務の話をぼかしながら会話する
d0087129_1934553.jpg

その後いくつかのクエストをこなしました。
インスティチュートから逃げてきた人造人間を護衛して避難させたり、観測機械を受け取って設置したり。
レールロードのクエストもある程度進めると一段落しますね。
どうやらこの先はメインクエストを進めないといけないっぽいです。


-----------------------------------------------


d0087129_1934672.jpg

というわけで、ようやく本腰を入れてメインクエストに取りかかります。
ダイアモンドシティの住人に人捜しをしていることを話すと、シティに探偵が居るので頼んでみたらと言われました。
でも事務所を尋ねてみたらその探偵さんも行方不明という(笑)

バレンタインさんカッケエ!
d0087129_19342627.jpg

探偵さんはシティ近くのVaultで捕まっているそうなので、Vault114に乗り込んでギャングっぽい人達を蹴散らして救出。
…って、この探偵「ニック・バレンタイン」って人造人間だーーっ!?

d0087129_19342969.jpg

思わず身構えるmaguroですが、どうもこの人(人?)はいい人っぽい。
確かに人造人間に怯えるシティの人もバレンタインさんは信用してるようだし、信用してもいいのかな。
助けてくれたお礼に手伝ってくれるというし。
それはそうとバレンタインさん、良い声してますねえ。
映画の吹き替えとかやってる方なんでしょうかねえ。

d0087129_1934318.jpg

ところでVault114も他のVault同様にぶっ飛んだ実験をしてたみたいですねえ。
ここは政治家とか上流階級の人を狭い部屋に入居させ、精神がイカれてる人を監察官(Vaultを管理する一番偉い役職)に据え、その顛末を見るという実験をしていたようだ。

ここでは新品のVault114ジャンプスーツをゲット。
Fallout3でもそうだったけど、普段着ているのと番号の違うVaultジャンプスーツってなんか好きで集めちゃうんですよね。
まあFallout4では111でも114でもアーマーで番号が隠れちゃうのでありがたみはイマイチだけども…(・。・;


-----------------------------------------------


いい雰囲気の町で怪しいマシンに乗り込む
d0087129_19343274.jpg

さて。
ここで少し先の話をすると、Fallout4は、「メインクエスト」の他に「派閥クエスト」というのがあります。
まだエンディングまで行っていないんで結果がどうなるのかは分からないんですが、今までにmaguroが首を突っ込んでいる派閥は「BOS」「ミニッツメン」「レールロード」。
そしてちょっと上で出てきた「インスティチュート」にも参加することができます。

今後のゲームの流れを説明すると、メインクエストを一通りやったあとで自分の身の振り方を決め、派閥クエストを最後まで終わらせるとエンディングとなります。
でも各派閥クエストを深く進めていくと、他の派閥と敵対することがあります。

なのでどういうスタンスでロールプレイをしていくか…これはプレイヤーにとって悩みどころ。
「八方美人は無理」という仕様なので、この行動をしたら以後は敵対だな、という時の選択は覚悟が要りますね。


-----------------------------------------------


ふと撮ったスクリーンショットがいい雰囲気でした
d0087129_19343459.jpg

では今日の所はこの辺で。
続きまーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-03-09 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その10


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。


d0087129_1712993.jpg

パイパーさんと会話してたら「口説く」キターッ!
文字が黄色いのは「説得」にあたる選択肢だからです。
今のところmaguroはカリスマが低めなので、説得は失敗する可能性が高いんですが、
セーブ&ロードでしつこく口説けばたまに成功します(←ずるい)

d0087129_1713011.jpg

ちなみにこれより前にも「口説く」出たんですが、夜に服装を試している最中に会話が始まったので暗闇の中、下着でうすら笑いを浮かべている変態画像が撮れてしまった(・。・;
これはブログには使えぬ…と思ってたけどせっかくなので載せておこう(笑)

d0087129_1819062.jpg

で、口説いたりパイパーさんが喜ぶような行動をしていると好感度が上がり、やがて「ロマンス」という選択肢が出ます。
これも口説く同様に説得扱いで、見事成功するとパイパーさんと恋人同士ということになります。
んでその後ベッドで寝たりすると…その、まあ、ゲフンゲフン。
※maguroは女性ですが、ロマンスイベントに性別は関係ないようです。

d0087129_1819211.jpg

こんな感じで仲間との親密度が最高になると特別なperkが貰えたりします。
仲間によって貰えるperkが違うみたいなので、仲間をとっかえひっかえ(表現がひどい)するのもいいかも。

d0087129_1819485.jpg

そうか、Fallout4はギャルゲー要素までをも含んでいるのか…
これはPC版ではパイパーさんを美人化や美少女化するMODが熱いことになりそうだな(笑)

MODはすでにいろいろある
d0087129_1713112.jpg

ほう…!
こういうのを見ると、PC版いいなあと思いますね(笑)
PS4もMOD対応するっていう話ですが、それがいつになるのかわからないし、きっと体型とかモデルを変更するようなMODは対応しないと思ってます。(特に体型変更MODには健全じゃない要素も含まれそうですし)
まあいつかパソコンを買い換えるような時が来たらPC版Fallout4も考えたいところですが、今の僕には「パソコンの買い換え」なんて恐ろしいワードは奥さんに言えるわけがないのでありまして(^^;

d0087129_1819699.jpg

ところで、ある日自宅で寝て目が覚めたら目の前に農作業を任せているお手伝いさんが堂々と家に上がり込んでいてこちらをガン見してたんですが(笑)
むぅ、さすがウェイストランド、油断もスキもありゃしないぜ…(・。・;


-----------------------------------------------


キャッスル奪還中
d0087129_1713350.jpg

そう言えば、ミニッツメンの拠点にするべく「キャッスル」を何者かから奪還する作戦の途中でした。
敵が何かもよく知らないまま(敵を知らないのはmaguro将軍だけのようですが)乗り込んでみたら、マイアラーク(カニっぽいモンスター)の群れが!
なんすか!オバケガニが相手なの?
こんなん全員でやらなくてもなんとかなりそうじゃないですか!

d0087129_1713432.jpg

なーんて言ってたら巨大なオバケガニが出たーっ!(汗)
しかも謎の黄色い液体(深い意味はありません)で一度死ぬ始末(・。・;
な、なるほど…確かにこれは大変だ。

d0087129_1713520.jpg

再戦してどうにか勝利。
むう…このボス固かったな…
今使ってる銃、スーパーミュータントならもう苦労しない位の威力なのに、相当量撃ち込んでようやくか…
というか、こういういかにもな「ボス」が出るんですねFallout4。
Fallout3では大きな敵は珍しかったんで、このボス戦は新鮮でした。

ラジオに電気を通してクエスト完了
d0087129_1713869.jpg

ボスを倒して、キャッスルを奪還。
ここの強力な無線機を使用できるようにして、キャッスル奪還クエスト完了。
以降はミニッツメンのラジオが聴けるようになります。
フム、これでミニッツメンのクエストはキリ良くなったかな。


-----------------------------------------------


d0087129_1713927.jpg

じゃあ次回からまた違う系統のクエストに挑戦しようかしら。
続きまーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-03-02 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その9


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。

d0087129_1541361.jpg

何となく立ち寄った居住地。
ここの人と話してたら、「レイダーに殺された娘が持ってたロケットペンダントを取り返して欲しい」と言われました。
普通ならここでレイダーの居場所がマップに表示されて、そこで戦闘してアイテムを回収するという流れですが…

d0087129_15573471.jpg

それ、雑記その4でもう取ってた。

なので依頼を受けたその場でクエスト完了(笑)
そうか、あれやっぱりクエストアイテムだったのね…
あのレイダーの親玉強かったもんなあ、ボスだったのか……(・。・;

まあこういう「通常とは違う流れでクエストクリア」というのがあるのもベセスダ製オープンワールドRPGの面白いところですかね(笑)



-----------------------------------------------


ダイアモンドシティでクエストがいろいろ増えたので、どんどん片付けていくことにしました。
まずはシティのすぐ近くの高層ビルから「捕まっている!助けてくれ!」という救難放送が聞こえてきたので行ってみることに。

d0087129_15413833.jpg

このビル、全域に渡りスーパーミュータントがうようよしているというなかなかヘビーな場所でした(笑)
なるべく隠密で一体ずつ片付けていきますが…
結局見つかっちゃって大乱闘、の繰り返しになりました(・。・;

d0087129_15414074.jpg

無事放送の主のおっさんを救出。
…ってスーパーミュータントも捕まってる!?
思わず銃を構えるも、このスーパーミュータントは味方のようです。
この「ストロング」は人間に興味があるようで、みんなで脱出したあとは仲間になりました。
まあでもスーパーミュータントを連れての冒険はなかなかしづらいかな(汗

助け出したおっさんは俳優らしいです。
ここのスーパーミュータントに知識を教えようとしてたけど結局捕まっちゃったそうです。
なんて無謀なことをするんだ…!

で、ラジオがあったのでそれで救難放送をしてたんだけど、それを聞いた人間がここに集まってくるので、スーパーミュータントにとっては獲物が勝手にやってくるからむしろ好都合だったらしい(笑)
なんて迷惑なおっさん…!
まあとにかくこれでクエストひとつクリアです。
このクエストは脱出の際にも敵襲があるのでなかなか熱いクエストでした。


-----------------------------------------------


d0087129_15414165.jpg

お次はミニッツメンのガービーさんが、(maguro将軍自らが各地で働いたので)各地に居住地が増えてきて嬉しいが、居住地が多くなったことでそれぞれとの連絡が取りにくくなってきたんでそろそろミニッツメンの本拠地を設置したいという話が。

うん…、なんか、時々「将軍」っていう役職っていったいなんだろうって思うのよね。
自分が何もしなくてもミニッツメンの次の行動が勝手に決まってるんですけど。
今maguroがやってるような、各地に出向いて近隣のレイダーを倒して居住地の人に安心してもらうような役は将軍の仕事じゃないと思うんですけど!

d0087129_15414256.jpg

すでに候補地は決まっていて、そこは昔にミニッツメンが司令本部にしていた「キャッスル」という場所だそうです。
でも今は何者かに占拠されているんで奪還したいそうで。
うーむ、結局今回もmaguro将軍自らが出向いてそのキャッスルとやらを奪還するってことなんだろうな(笑)
将軍とはいったい…うごごご!
「小間使い」とか「便利屋」っていう意味なんですかね(・。・;

d0087129_1541436.jpg

そんなわけでキャッスルへ向かいます。
シティからさらに東、海側へ向かうんですが、海が近くなるにつれ景色が港っぽくなってきますね。
いやあいいなあ。良い景色。

d0087129_15414528.jpg

そうそう、ちょうどこの頃「AQUAGIRL」というperk(能力)を取りました。
これは水中でも呼吸ができる上にRADも上がらないという能力。
もう池や川や海も怖くない!
海を泳いでもへっちゃらだぜ!

そういや以前、「水に潜ってパイプを修理する」っていう仕事をしたけど、潜水中にRADが上がりまくってひどい目に遭ったなあ。
あれ、このperk取ってからなら別になんてことなかったのでは…(・。・)

今のmaguroは、どちらかというと探索が楽になるようなperkを優先して取るようにしています。
やっぱりオープンワールドRPGはいろんな場所を探索するのが楽しいですもんね。

d0087129_15414444.jpg

キャッスル近辺に到着。
ガービーさんや他のミニッツメンも集結してます。
今回はmaguro将軍一人じゃなく、総力戦なんですね。
なんか討ち入り前の赤穂浪士的な雰囲気だ。
どうやらこれは激しい戦いになりそうだぜ…!

っていうか、まだ敵が何者か知らないんですけど!?
結局maguroの相手は何なんですかね?
まあどうせスーパーミュータントだろう。

…なんて思ってたら違う敵だったんですが、それはまた次回。


-----------------------------------------------


d0087129_15414648.jpg

では今回はこの辺で。
続きまーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-02-24 20:00 | Fallout | Comments(0)

Fallout4の雑記:その8


こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。

d0087129_1948695.jpg

Fallout3にも出てきた、かなり狭い個人用核シェルター。
有事の時に慌てて逃げ込んでも、入った瞬間人生詰みそうですよねこれ(笑)
外は放射能汚染されてるだろうし、出るに出られないという…
そもそもこれ、そんなに頑丈には見えないし。
というわけで、開けてみると中から葛藤の末自殺したであろう白骨死体とピストルが出てきたりします(・。・;

d0087129_19482342.jpg

スナイパーライフルを改造したら見た目がかなり良くなりました。強そう!
威力もイイカンジです。
しばらくはとっておきの武器になりそうですよ!

エネルギー武器も独特のデザインでカッコイイけど、やっぱり実弾武器はロマンがあるぜ…!


-----------------------------------------------


d0087129_1948884.jpg

さあ、雑記も8話目。
ここへきてようやくmaguroの本来の目的である「人捜し」に着手しますよ!(遅
まあでも、この雑記ではなるべくメインクエストについては説明しない方針なので、今後触れることがあってもサラリとお話ししていきます。

何はともあれ「ダイアモンドシティ」に向かいます。
道中に気になる場所がいくつかあったけど、マップに記すに留めて探索は後回しにしよう。
じゃないといつまで経ってもシティに着かない(笑)

d0087129_1948992.jpg

そろそろ到着かな?というところで「助けて!ケガをしてるわ!」と叫んでいる人を発見。
近づいてみるとそそくさと建物の中に入っていったので、

「ははーん、罠だな」

と思ったけどあえて突入。

案の定レイダーの会話が聞こえてきた
d0087129_194811100.jpg

ほうら、やっぱり(笑)
残念だがお前らの作戦は失敗だ!死ね!
そしていつものようにレイダーどもを皆殺しにして必要そうなモノをいただきます。


d0087129_19481217.jpg

そんな寄り道を経て、ようやくダイアモンドシティ到着。
見たところスタジアムっぽい。スタジアムの廃墟を町にしたんだろうか。
町の中は安全そうだけど、周りはレイダーやスーパーミュータントがうろうろしてます。

ここへ来るまでに結構いろんな所へ行ってきたけど、周りの敵を見る限り、ここへ来るにはそれなりの強さになってからじゃないとダメっぽいのかなあ?

野球場だった形跡があちこちに
d0087129_19481439.jpg

ちなみにここは実際にボストンにある野球場「フィンウェイ・パーク」がモデルのようです。
野球場だから「ダイアモンド」なのかしら。

過去作もそうでしたが、Fallout4も実際のアメリカの有名な場所や建造物が登場します。
フィクションの世界なので改変はされているけど、ある程度は似ていたりするので、実際の写真とかストリートビューを調べてみると結構面白いです。

ダイアモンドシティはFallout3の「メガトン」的な、なんでも一通り揃ってる町のようで便利そう。
お店も充実してるし床屋もあるし整形までできる。
RADを除去できる医者がいるのがとても助かります。
鍵か掛かってるけど、後々自分の家にできそうな空き家もありますね。

でも町の人達はなにやら人造人間の問題で困ってるようです。
町の市長が演説で「私は人造人間ではない!」とか宣言するほど大きな問題みたい。
明日には隣の人が人造人間にすり替わっているかもしれない…なんていう恐怖が街中に蔓延してますね。
ウーム、人造人間の根源らしき「インスティチュート」とやらはいずれ調べないといけないかな。
興味もあるし。

d0087129_19481632.jpg

それにしても…この町はウロウロしてるだけでクエストのきっかけがメッチャ増えますね!
クエストがいきなりすごい数になったぞ(・。・;

d0087129_19481732.jpg

ラジオ局のパーソナリティーにも会えたけど、なんかあまりラジオDJな雰囲気じゃないですね。
まあそれはラジオを聞いていればわかるけども。
大人しそうな彼がなぜラジオをやろうと思ったんだろうか。

まあでも最近はあてのない旅のお供によくラジオを流してます。
流れる曲はFallout3のラジオの曲に加えて、新曲(って言うんだろうか)も増えていて良い感じです。


-----------------------------------------------


YouTubeにあったので貼っておきます


ラジオで流れる曲の中でも一番のお気に入りが「The end of the World」。
このゆったりとやさしい曲が、日が暮れていくウェイストランドの廃墟とものすごくよくマッチしてなんだか泣けてくるほど良いです。
いやほんとにものすっごい合うんですよ。
しかも題名が「世界の終わり」ですもんねえ。

歌詞の和訳を調べたら、もうまさにFallout4の主人公にぴったりな曲でした。
いやあこれは泣けますね…
ま、今のmaguroさんは主婦の時より活き活きしてそうですが(笑)

ウーム、それにしてもFalloutに使われるオールディーズはどれも良い曲ばかりだ。


-----------------------------------------------


そうそう、maguroの人捜しも一応進展しそうだけど、すんなりとは行かなさそうですね。
まあ他のクエストが気になるのでメインクエストは今のところどうでもいいや(←ひどい)

d0087129_19481827.jpg

お、このおっさんはユニフォーム着てバット持ってる。
野球にゆかりのある人かな?

Falloutの世界では野球はとんでもねぇバイオレントなスポーツになってた
d0087129_19481944.jpg

おっさん「昔、このスタジアムで『ベースボール』というゲームをしていたんだ。
     2チームに分かれて試合をする」

maguro「うん」

おっさん「片方のチームがこのベースボールバットでもう片方のチームを死ぬまで殴るのさ」

maguro「えぇ……? (;´д`)」


…もはやベースもボールも関係ねぇ!
どういうスポーツなんだよそれ!!
アストロ球団もびっくりだよ!!!


一応maguroが正しいルールを説明したけど、聞く耳持たないようだ(笑)
しかしまあ、こういう発想、僕は好きですねえ。
実にFallout的というか。


d0087129_19482113.jpg

新聞記者の「パイパー」というお姉さんと話していたら仲良くなりました。
どうも町の市長には煙たがられているようだけど、Vault出身のmaguroには興味があるようで協力的。
なので一緒に旅をすることにしました。
ちょっとドッグミートにはお留守番してもらおう。

d0087129_1948226.jpg

ところで新聞の記事にしたいからとインタビューに応じたら、出来た新聞の内容はまあいいんですが、なんか変な新聞だな(笑)
もうちょっとこう、新聞っぽくならなかったのか…
Skyrimの本の方がぜんぜんマシだったぞ(笑)


-----------------------------------------------


d0087129_19482454.jpg

さてじゃあいろいろとクエストがてんこ盛りになったので、積極的にクエストをこなしていくかな。
でもどれから手を付けたらいいのやら(^^;

ってところで、また次回でーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-02-17 20:00 | Fallout | Comments(0)