ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

カテゴリ:メガドライブ( 4 )



こんばんは、ゴッチです。だいぶ間が空いたけど、メガドライブ話です。
今回はリクエストいただいたコイツを!
d0087129_23265747.jpg

d0087129_232849.jpg

「ハードドライビン」!
元々はアタリのアーケードゲーム。これはそれをメガドライブに強引に移植したものです。
どこらへんが強引なのかというと、これはポリゴンドライブゲームです。メガドライブは確かに当時の家庭用ハードのなかでは処理速度が速いなんて言われてたし、まあやろうと思えば結構ポリゴンが出せてしまうハードでした。やろうと思えば(強引な)拡大処理とか、(強引な)回転処理もやれてしまう、それがメガドライブなのだ。
d0087129_23284766.jpg

とは言え画面は実に単純にならざるを得ないです。でもアーケードもまだ生ポリゴン(テクスチャのない状態)だったし、なかなか雰囲気が出てます。処理速度はどの位なんでしょうねえ…かなりガクガクではありますが、まあ…やれないことはない、程度の処理速度です。スムースとはほど遠いけど、ガッ・ガッ・ガッとダイナミックに画面が描き替わる様はなかなか豪快です。

で。
「ハードドライビン」はひとつのコースをひたすら走るゲーム。時間内に次のチェックポイントに行かないとゲームオーバー。実にシンプル。
一周したときに良いタイムだと、チャンピオンとサシで戦うモードにチャレンジできます。
d0087129_23291692.jpg

スタート地点からふたつのコースに分かれていて、直進するとスピードトラック、右折するとスタントトラック。
スピードトラックはいろんなカーブを絶妙なアクセルワークとハンドリングで走破してコースを一周します。
クルマの挙動はこの時代にしてはリアルで、アクセル全開でコーナーに突入するとまず間違いなくスピンしてしまいます。うまくスピードを調節してカーブを曲がるのだ!
でもタイヤが滑り出してもある程度ならカウンターを当てて粘れるので、なんちゃってドリフトみたいな操作もできてしまう。

一方のスタントトラックは、右折するといきなり急坂。スピードが出ているとクルマが頭から落ちて壊れます(笑)
さらに進むと橋の途中が切れてる跳ね橋、そしてクルマゲームでは驚愕の一回転ループ。どちらも正確かつ安全な運転をしないと事故ります。スタントなんだから思い切って豪快にドーン!みたいなのとは真逆の、慎重な運転技術が要求されるという不思議なコースなのです(笑)
むしろスピードトラックの方がスピード出せてドリフトっぽいことできてよっぽど爽快だよ!
d0087129_23294596.jpg

残念ながら事故を起こしてしまうと、すかさず緊迫感溢れるBGMとともに事故シーンがリプレイされます。
クルマゲームのリプレイは「俺様のカッコイイ走りを客観的に見てやるぜのコーナー」というのが当たり前になった昨今ですが、この当時のこの事故リプレイ機能には驚きましたねえ。

あ、そういえば、マニュアルとオートマが選べるのですが、マニュアルにするとクラッチ操作も必要になります。クラッチ踏んでないとギア変えられないよ!半クラはさすがにないのでご安心を。


さいごに牛でも。
d0087129_233094.jpg

ん? 折り紙?

いえいえ、牛です。
これに体当たりするとかなりリアルな声で「モォー」と鳴きます(笑)

「リッジレーサー」がアーケードで出た頃、ハードドライビンはBGMがないことを利用してリッジレーサーのサントラを流しつつスピードコースをひた走るなんて遊びをよくやったなあ〜。

ちなみに、その後アーケードでは続編の「レースドライビン」というのが出ました。ハードドライビンのコースの他にもいくつかコースが増えて、クルマも数種類から選べる豪華仕様。
これはサターンで「レースドライビン」、プレステでは「レースドライビン・ア・ゴー・ゴー」というタイトルで移植されています。メガドラに比べればハード性能は段違いなので、動きはアーケードにも劣らない滑らかさ。
ですが、ハードドライビンと比べるとタイヤの粘りが完全になくなってしまっているので、タイヤ滑る→問答無用でスピンという残念な仕様になっております。
これさえ無ければ超滑らかなハードドライビンが堪能できたのになあ…というちと惜しいソフトでした。
[PR]
by maguro_negi | 2008-09-03 23:40 | メガドライブ | Comments(5)

どうも、ゴッチです。
ちょっと前に「ダライアスII」の話題でメガドライブを引っ張り出してきたので、ついでに他のメガドラソフトも遊んでみようかなと。

今日はリクエストいただいたコレをやってみよう。
d0087129_1325328.jpg

「エクスランザー」!
開発した「ガウ エンターテイメント」はその後「ネクステック」に移行してメガドライブで「新創世記ラグナセンティ」というゼルダっぽいアクションアドベンチャーを開発したりしました。
「ラグナセンティ」は淡い色使いのグラフィックが印象的でした。ゲームも丁寧な作りで面白かったですね〜。

さて、エクスランザー。
ロボット横アクションシューティングです。
かなりハイレベルなプログラム技術を駆使して作られているそうです。詳しいことはわかりませんが(笑)
d0087129_1331482.jpg

d0087129_1333710.jpg

d0087129_1342762.jpg

メガドライブのスペック以上の色を使って描かれたグラフィックとか、ステージ開始時のワイヤーフレームデモとか、やたら細かいロボの動きとか、渋いけどカッコイイ演出とか、技術とセンスを兼ね備えつつもゲームとしてもイケているという理想的な一本なのです。
ゲームはちょっとコツがわかるまで難しいと感じるかもしれませんが、メガドライバーのみなさんなら快適に遊べるレベルだと思います。操作に慣れて展開がわかればクリアは出来るようになるはず。
実際数年ぶりにやってみて、意外と楽だったと感じました。コツさえわかっていれば楽なのです。
ちなみにこのゲームは武器をバリバリ撃ってドンドン進むようなゲームじゃなくて、敵を確実に破壊しながらじわじわ進むような、ちょっと忍耐力のいるゲームです。基本はじわじわゲーだけど、やりようによっては華麗な速攻プレイもできちゃいます。3面とか。
エクスランザー(自機)は十字キーの上を押し続けるとバーニアが作動して、ゲージが無くなるまで長距離飛ぶことができます。小刻みにバーニアを使えば結構長い時間滞空できるので、バーニアを使ってホバリングしつつボスの弱点を撃つ、ということができます。
バーニアゲージは着地すれば一瞬で回復するし、落下中でも少しずつ回復します。急上昇しないのであれば小刻みにバーニアを使うというのがエクスランザーの基本テクと言えましょう。最後の最後までこのホバリングテクは使うので、しっかり慣れておきましょう。

基本攻撃はショボショット(笑)ですが、見た目よりも使えるのでバリバリ撃っていきましょう。
d0087129_136346.jpg

d0087129_1371956.jpg

そしてエクスランザーにはお供マシンがくっついてきます。お供マシンは面によって変わります。
エクスランザーはコイツと合体することで様々な機能が使えるのだ!

バイク型のお供マシンなら、合体したまま移動できます。この時はショボショットがホーミングになってかなり使いやすくなる!
バイク中は十字キーの下を押すとぐぐっと縮んで、キーを放すとジャンプという操作もあります。結構便利。


エクスランザーはショボショットの他にパワー(体力とは別ゲージ)を消費して使える特殊兵器をひとつ持っていけます。特殊兵器を切り換えるには、お供マシンと合体する必要があります。なにせ持っていけるのはひとつだし。
オススメは序盤だと「ファイアー」、中盤から終盤にかけては「サンダー」。たまに「メタルバード」が有効だったりもします。メタルバードは鷹っぽいメカ鳥が敵に体当たりしてから戻ってくるという、鷹匠みたいでイカす武器です(笑)特殊兵器の弾なら敵弾が消せるので、地味に痛い敵弾を消す意味でも特殊兵器は重要だったりします。
で、この特殊兵器用のパワーを回復させる方法がちょっと特殊。エクスランザーを語るには欠かせないポイントだ!

エクスランザーは「光」をパワーに変換させるのです。
つまり外とか明るい場所なら勝手に回復していくけど、洞窟や夜など暗い場所だと回復しない。
d0087129_1363685.jpg

洞窟ステージなら天井を壊して射し込む光で回復とか、夜のビルから漏れる明かりで回復とか。
触ると敵が飛んでくるという危険なサーチライトでも強引に回復できます。
敵の爆発の光に重なって回復なんてこともできます。
d0087129_139083.jpg

特殊兵器の中にはこんな超ビームが撃てるのもある。一発撃つとパワーをほとんど使い切りますが(笑)
ビームを撃つとまず光が収束して、少し遅れて極太ビームが画面を揺らしながらズバーっと発射!
しびれる演出!ロボット好きな男の子ならウキウキになることうけあいです。
メインのショボショットが地味な分、特殊兵器は少し派手めになっております。

d0087129_139199.jpg

というわけで無事エンディング。いやあ久々に熱い戦いだった。

……ん、この人だれだっけ…?

あ、ストーリーわすれてた!(笑)
ええと、なんか主人公の幼なじみの女の子が重要な力を持っていたらしくて、悪い奴にさらわれてしまいます。主人公はたまたま遺跡の中で見つけたロボ(エクスランザー)に乗り込み、女の子を助けに行くのだ!

みたいな感じです。え、テキトー?
まあまあ、ストーリーとか知らなくても面白いから…とか言ってみる(笑)


----------------- 実はまだリクエスト受付中 -----------------
メガドライブの話題の為に出したソフトはこれら。
今回僕がチョイスしたソフト、あえて少しマニア路線で攻めてみました(笑)
d0087129_1393769.jpg

サターンの話題同様、どんなのか気になるソフトがあったらリクエストいただければ取り上げますよ〜。

※現在はリクエストを受け付けておりません。
[PR]
by maguro_negi | 2008-08-09 13:16 | メガドライブ | Comments(2)

どうも、ゴッチです。
今自分の中で「ダライアスII」ブームです。
そんなわけで買ったPS2「タイトーメモリーズII 上巻(廉価版)」をやろうじゃないか!
d0087129_1018368.jpg

そしてAmazonマーケットプレイスで注文していたメガドライブ版も無事到着しました。合わせてこちらもやってみます。

まずはPS2版からやりましょうか。まずは元を知っておかねば。
ダライアスファンは「コレも基盤とは違うんだ」と言いそうですが、アーケードをやってない僕としては違いがわからないわけで…PS2版の再現具合はどんなもんなんでしょうねえ。
d0087129_10182661.jpg

d0087129_10194155.jpg

ほほーっ
以前紹介したタイメモII下巻の「ウォリアーブレード」同様、PS2の解像度なら2画面分をまるごと表示可能。これは嬉しいなーっ!
画面の上下が豪快に無駄になりますが(笑)まあしょうがない。
ワイドTVなら必要のない上下部分を無視してTVの横幅一杯に等倍で拡大表示させれば、なかなか具合のいい状態にできますね。
d0087129_1020376.jpg

ひたすら上ルートでやりました。
クレジット入れ放題だからごり押しでクリアしたけども…。
一回ミスると激ショボ状態になるのはものすごい困りますが(^^;
あと敵弾が妙に速かったりトリッキーな動きをするザコが多いですねえ。こういうシューティングが主流だった時代、忘れてたけどたしかにありました。

一度やられると辛いゲームですが、名曲の数々を聴きながら遊ぶだけでかなりワクワクなのです。
最終面の曲「say PaPa」が流れるととにかく盛り上がりますね〜!いやでもとにかくダメージをくらわないように一生懸命で曲に浸れないのが惜しいところ。
これはぜひヘッドホン着用、ボリューム大きめで遊んで欲しいですね。
こんどは他のルートで行ってみようかな?
気分でルートが変えられるのもダライアスシリーズの大きな大きな魅力ですよね。

d0087129_10202521.jpg

続いてメガドライブ版。
その1で語ったとおり、アーケード版をほとんど知らない人なので移植具合などはわからないんですが、BGMは聴きまくったのでそのガンバリ度は伝わってきますね!1面のセリフはないけど、オリジナルを聴きまくったせいか脳内でセリフが自動再生されるので問題ないぞ(笑)ツナサシミー!
PS2版と比べると、自機がキビキビ動いてイイカンジ。操作しやすい感じです。
この当時はアーケードの完全移植はムリな時代だったので、いかにゲーム性を再現させるかがキモでした。グラフィックや音関係がアーケードより落ちるのは仕方ない、でも遊んだ感覚は確かにあのゲームだ、というモノが「良移植」と言われます。
メガドライブ版もそんな良移植と言われている一品。地味なところですが敵編隊を倒した時の得点表示が上や下や斜めにツーンと動いたりするあたりはこだわってるなあと思います。こういうゲームと直接関係ない部分でもちゃんと再現しておかないと「ちょっと違うなあ」と感じちゃいますもんね。
d0087129_10204444.jpg

中ボスやボスが軒並み小さくカワイイ感じになってますが(笑)、だからと言ってゲームがつまらなくなってるワケじゃないから良いのでは。
エリアの構成やボス敵もいろいろと変わっているみたいだ。
d0087129_1021624.jpg

きたこれ!最終面です。
ここではなんと言っても最終面の出だし、名曲「say PaPa」の冒頭の部分を聴かせるためにあえて効果音を切るという演出が見どころ(聴き所)。PS2版では途中の部分から始まる形になってますが、メガドライブ版とマスターシステム版はこの形になってるらしい。
たしかに最終面は一曲ちゃんと聴かせて始めは効果音なしの方が盛り上がりますね。
オリジナルと違うアレンジを施したことがさらにいい評判を呼ぶこともあるという、数少ない例ですね。
大概は「あー、やっちゃった」「余計なことを…」という感じですもんね(^^;
d0087129_10213291.jpg

PS2版のあとだと迫力不足なのは仕方ないけど、こちらもかなり楽しく遊べました。良いゲームだ。
ちなみにネームエントリーで「ZTT」と入力するとサウンドテストができます。ガンバった名曲聴き放題!


というわけでダライアスIIを満喫したわけですが、タイメモII上巻には他にも僕の大好きな「レイフォース」が収録されてます。これもかなりオススメですよ〜!サターン版の横画面モードでは再現しきれなかった演出もしっかりやってくれてます。


で、せっかくメガドライブ本体を出したので、このままメガドライブの話題でもやってみようかな?
d0087129_10214951.jpg

ソフトもいくつか出したので、またリクエストでもあれば紹介しまーす。
今回は少しマニア路線で攻めてみました(笑)
RPG系もいくつか持ってるけど、やるのが大変だから出してません(^^;

※現在はリクエストを受け付けておりません。
[PR]
by maguro_negi | 2008-07-27 12:22 | メガドライブ | Comments(4)

こんばんは、ゴッチです。
今、空前の「ダライアスII」ブームです。とても個人的にですが。

僕はニコニコ動画で作業用BGMを探すのが好きなんですが、良く探すのがゲームのBGM集。
そこで偶然「ダライアスII」の移植版メドレーを発見。
メガドライブ版「ダライアスII」のBGMの出来の良さに「おおっ」となりました(その後プレイ動画まで観る始末)。
さらに海外でしか発売されなかったというマスターシステム版(海外版セガマークIII)の「サーガイア(内容はダライアスII)」のBGMがかなり頑張っているのを聴いて「おおっ」となりました(これもその後プレイ動画を観てその出来に感動)。

ついでにPCエンジン版「スーパーダライアスII」の出来に苦笑して、ゲームボーイアドバンス版「ダライアスR」のBGMに唖然としたりしました(笑)
ゲームボーイ版「サーガイア(こちらの内容は初代ダライアス)」のBGMがかなり良い出来だったのも新たな発見でした。

そういうわけで、ほぼ一日中ダライアスIIの曲をなにかしら聴いていたら、「ゲームもやらねば」という気になってきました。
d0087129_2259542.jpg

というわけで、ダライアスIIを収録したPS2「タイトーメモリーズII 上巻」ゲット!
廉価版が出てたのでそちらを。

さらにメガドライブ版「ダライアスII(中古)」もAmazonマーケットプレイスで送料込みで620円と安かったので注文しておきました。週末までには届くと思うので、メガドライブを出してワクワクして待つことにします(笑)
待ちきれないので先にPS2版やっちゃいますけどね!


ではゲームを遊ぶ前に、ダライアスの思い出でも(長くなりそうだ)。

「ダライアス」はアニキとアニキの友達がよく遊んでいたのを後ろで見てました。自分ではやりませんでした。
で、ズゴゴゴゴと振動するイスに「おお〜」と思ってました。ご存知の通りダライアスは3画面筐体で、弾が画面をまたぐとズレるのが気になってました。
アニキがサントラのカセットテープを買ってきて、よく聴いてました。初めはあの独特な音になじめなかったけど、いつの間にか好きになってるんだから不思議ですねえ。歳をとるにつれダライアスの曲の良さが染みてくる感じです。今では海ステージのBGMとかかなり好きな一曲だったりするし。

「ダライアスII」はほぼノータッチでした。この頃はアニキと一緒にゲーセンとか行かなくなったし、ファミコンとかの方に夢中でしたしねぇ。たまに筐体を見かけても、「なんかムズそうだなあ」と思ってやらなかったんですよね。

でも、スーパーファミコンの「ダライアスツイン」は遊びました。たしかアニキがやりたかったから買ったんじゃないかと思います。
結構遊んだクセにこんな事言うのもなんだけど…なんかイマイチだった印象が(笑)

「ダライアス外伝」はセガサターン版から入りました。この頃は「レイフォース」が根強い人気で、僕もかなり気に入ってまして「タイトーのシューティングなら面白いはず」と買ったのが「ダライアス外伝」。
そしてこれにメッチャハマり、良移植のおかげでアーケード版でもクリアできるようになって「ダライアスおもしれえなあ」と思うようになったわけです。

…気付くの遅ッ!

その後PCエンジンDUOを友達から借りて、これまた良移植と評判の「スーパーダライアス」を遊んだりしました。

「Gダライアス」は少し遊んだんですが、どうも絵になじめずにあまりやりませんでした。やはりダライアスはどこか古めかしい、濃いデザインのドット絵の方が似合ってる気がする。
でも曲はスゴイ好きなんですが。
ビームの撃ち合いは僕の大好きな「メタルブラック」的でカッコ良かったですね〜!


…はい、思い出話おわり。
案の定長くなりました。ということで買ったソフトをやるのは次回と言うことで(^^;
[PR]
by maguro_negi | 2008-07-23 23:28 | メガドライブ | Comments(0)