ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

カテゴリ:セガサターン( 6 )



こんばんは、ゴッチです。

なんか、ゲームしたい。
けど、今遊びたい新作が特にない。
プレイ途中のもあるけど、なんか続きをやる気がしない。


まあ、そういう時は青春時代のゲームを遊んで熱かったあの頃を思い出そう。というわけでサターン話の続きです。

シューティングのリクエストはないなあ、やはりアーケード移植モノは需要がないのかな?と思っていたところにリクエストが!
というわけで今回はコレを。
d0087129_1322452.jpg

「レイディアント シルバーガン」!ガッツリプレイしようじゃないか!
「レイディアント シルバーガン(RSと略します)」は、トレジャー作の横画面縦シューティング。サターンと互換基盤「ST-V」でアーケード版として登場して、のちにサターンに移植されました。アーケード版はステージ分岐があったけど、移植の際にアーケードモードに加えてサターンモードを追加。サターンモードは分岐なしで全てのステージを遊べます。ストーリーを盛り上げる演出も追加され、パワーアップ状態がセーブできて、繰り返して遊ぶと攻略がしやすくなる仕様になっています。どちらかというとサターンモードがRSのメインモードと言えましょう。
RSは設定やストーリーも面白いし、最終ステージに隠された開発者のメッセージとか、多彩なボスの小ネタとか、とにかくRSは見どころいっぱい。
d0087129_132492.jpg

もちろん縦シューとしての面白さも抜群。
ですが。
シューティングとしてはかなり個性的です。バリバリ撃って避けてボンバーでピンチを切り抜けるシューティングとはぜんぜん違う印象。
3種類のショットボタンの組み合わせて多彩な攻撃ができ、場面場面で使い分けて戦います。
次から次へとボスが出てきて、このゲームはボス対決に特化したシューティングと言えます。道中はスコア稼ぎを頑張る感じ。同じ色の敵を倒し続けるとボーナスとか、決められた順番で倒すとボーナスとか、他にもボーナスはいろいろ。
スコアが経験値となってショットがパワーアップするという珍しいパワーアップシステムなので、上手いとそれだけ自機が強くなっていき、終盤でも立ち回れるようになる、と。
d0087129_1333196.jpg

パズル的要素やスコア稼ぎが醍醐味とされているゲームですが、もちろんクリア重視のプレイでも十分爽快感を味わえるはず。個性的なボスとの対決や、行動範囲が限られた中での戦闘とか、縦シューではあまり出てこないようなアイデアが盛りだくさんで、ただクリアを目指すだけでも楽しく遊べます。
「結局は覚えゲー」と言えばまあそうなんですが、普段シューティングでは使わない部分の脳みそを使う感覚が新鮮で面白いのです。
d0087129_134057.jpg

渋い背景演出、魂が震えるオーケストラ調の崎元サウンド。遊び始めると思わず没頭しちゃう魅力がありますねえ!
d0087129_1343684.jpg

d0087129_13533.jpg

d0087129_135272.jpg

アーケードモードならそれなりだけど、サターンモードだと全面通しプレイに加えて追加ボスも居たりして、エンディングまで遊ぶと結構な時間がかかります。盛りだくさんなのは良いけど、ちょっとサービスしすぎじゃあないですか開発の方々!こんなに長いとオッチャン集中が持たないよ(笑)
しかし「まあでも、せっかくやるんだし…」とサターンモードを選んでしまうわけです。やりはじめれば面白いわけで。やっぱり終盤の熱いデモを見ないことにはRSをやった気にならんわけです。
終盤ともなると、僕なんぞの腕ではもうボーナスを狙う余裕もなく、ごり押しでクリアすることになりますが…。ラストステージを突破して、シルバーガンのコントロールから解放されると、かなーり疲れがきます。
d0087129_1355244.jpg

くたびれた自分に、エンディングの曲がしみますねえ〜。スタッフロールの背景の揺らぐ星空が結構好きです。

あれ、でも「斑鳩」のクリア時よりもそんな疲れてない気も…?
「斑鳩」は短時間超集中ゲームなので、もしかしたらあっちのほうが疲れるのかも知れない。

そうです、このRSのシステムをもとに作られたのが名作「斑鳩」。
斑鳩についてはゴッチウェブのゲーム感想コーナーや、ゴチログではXBOX360版が配信された時の話題でも語ってますので、興味がおありならどうぞです。

RSは斑鳩よりも懐の広い印象でした。斑鳩はルールを理解しないとどうにもならない硬派なゲームですが、RSはキャラが立ってる登場人物の掛け合いが楽しいし、ゲームはその場のノリでどうにか出来ちゃうことも多い。でも攻撃が7種類とか、とっつきはよろしくないんですが(笑)
斑鳩から入ってRSの存在を知った人には、機会があればぜひ触れてみてほしい一本ですねえ。


というところでまた次回でーす。



追伸:7月ってRSが発売された月だったんですね。しかも発売が1998年、今年でちょうど10周年だったのか!ブログ製作にあたり資料を調べて知りました。
しかもゲーム中の重要事件がある日付も7月…むぅ、この話題が7月になったのもなにか意味がありそうな、なさそうな(笑)

ちょっと裏話をしますと、実はRSを話題にしようとしてたのは「ゲイルレーサー」の次だったんですよね。写真は撮ってなかったけど、テキストのベースはすでに出来てました。
でもリクエストに応えているうちに掲載がずれ込んで7月に。結局テキストにもだいぶ手を入れて別物になりました。そういう経緯があるんで、なにか7月に運命的なものを感じちゃったわけです(笑)


そうかぁ、コレを遊び倒してたのが10年前の夏だったのね〜。しみじみ。
[PR]
by maguro_negi | 2008-07-03 01:55 | セガサターン | Comments(4)

こんばんは、ゴッチです。

なんか、ゲームしたい。
けど、今遊びたい新作が特にない。
プレイ途中のもあるけど、なんか続きをやる気がしない。


まあ、そういう時は青春時代のゲームを遊んで熱かったあの頃を思い出そう。というわけでサターン話の続きです。

今日は、リクエストをいただいたコレを。
d0087129_046474.jpg

「デジタルピンボール ネクロノミコン」!
カゼ(KAZe)製作のピンボールゲームです。前作「ラストグラディエイターズ」を何気なく買って、思いがけずドハマりした僕としては期待の一作でした。
「ラストグラディエイターズ」は実機を模した台で、演出も実機っぽい電光掲示板風グラフィックが出るというこだわりの作りだったけど、「ネクロノミコン」は思い切ってあり得ないデザインを採用。台からランプ(ボールが転がるレール)がはみ出していたり、変形するギミックがあったり。
でもそれらはすごくリアルに描かれていて、高解像度表示よる素晴らしいグラフィックも手伝ってとても説得力があります。
d0087129_0471044.jpg

もうね、選択画面からしてカッコよすぎる。どこをどう選んでいいのかわからないけど(笑)
ネクロノミコンはクトゥルフ神話(クトゥルー神話)をテーマにデザインされています。ピンボール台は3台収録。それぞれをトコトン遊ぶモードと、3つの台を連続で遊ぶモードがあります。
細かいところまでこだわったデザイン、演出、センスの良さは2008年現在でも古さを感じないし、ここまでデザインがカッコイイと思ったゲームは滅多にみかけませんね〜。

サウンド関係も素晴らしいです。
実際のピンボールはアナログな機械なので、いろんな音が鳴ります。フリッパーの動く音とか、スイッチの音とか、バネの音とか。
そういうアナログな音もしっかり再現してるので、ピンボールをやってる雰囲気はバッチリ。
そして要所要所でイカスBGMが流れます。どれもロックテイスト溢れる曲で、ノリノリでプレイしているとトリップしそうな気持ちよさ。
d0087129_0473458.jpg

台にある特定のスイッチを入れるとラウンドレディ状態になり、その状態でラウンドスタートスイッチを入れると各ラウンドが始まります。ラウンド中は特定の仕掛け反応させるとボーナスが入るという仕組み。それぞれの台にいろんなラウンドが用意されています。各ラウンドのルール(どことどこにボールを通せば得点が入る、とか)を知ればより面白くなるし、その台全体のルールを知れば知るほど深みにハマって面白くなるのです…!

…まあ、やってることは最初から最後までピンボールですが、なぜかクセになる。
d0087129_04847.jpg

さあ!このゲーム最大の見せ場、マルチボール!
最大7つ(!)のボールが画面を暴れ回ります。こうなるともう狙って打つとかとても無理(笑)上手い人はこんな状況でも狙うらしいけど…
落とさないようにひたすらはじき返していると、一番オイシイポイントにボールが入って「ジャックポット」になって、スコアがぎゅんぎゅん上がります。さらにジャックポットには条件を満たすとゲットできるスゴイ版もあったりして、スコア稼ぎがそこいらのゲームでは味わえない面白さだったりします。
d0087129_0482432.jpg

…はー、久々に熱く遊んでしまいました。何回かやりなおして、どうにか「アーカム」という台で10億点台を出したものの、これでもぜんぜんショボイプレイ内容です…。もうちょっとで20億点だったのが悔やまれる。
僕の腕は大したこと無いのでかなり面白く遊べてますが、100億点台をたたき出すようなやり込みプレイヤーにはスコア稼ぎの仕組みに不満があったりするようです。
また致命的なバグもいくつかあるようです。たしかに昔やってた時、台の奥に入り込んだボールが落ちてこなくてリセットした思い出が…。

でもやっぱりピンボールはアツイっすね。本物もやりたくなってきたなあ。新宿のゲーセンにあったあの台(名前知らない)、結構得意だったんだよなあ〜。

今回は画面写真がどれも地味ですね(笑)なかなか良いシーンの写真って撮れなくて、ゲームの面白さが写真からはどうにもわかりづらくなってしまいました(^^;

というところでまた次回でーっす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-07-01 01:07 | セガサターン | Comments(8)

こんばんは、ゴッチです。

なんか、ゲームしたい。
けど、今遊びたい新作が特にない。
プレイ途中のもあるけど、なんか続きをやる気がしない。


まあ、そういう時は青春時代のゲームを遊んで熱かったあの頃を思い出そう。というわけサターン話の続きです。

今日はリクエストいただいたコレやってみます。
d0087129_21594954.jpg

「ガーディアンヒーローズ」!
トレジャー製作の横アクション。タイトルも伝説のアクションシューティング「ガンスターヒーローズ」を彷彿とさせるし、こいつぁ期待できるぜ!と発売日に意気込んでゲット。一人でゲームを繰り返し繰り返し遊んで、友達が来たら協力や対戦で盛り上がり、とにかく楽しく遊べたゲームでした。
d0087129_2201546.jpg

ゲームはいわゆるベルトアクション。「ファイナルファイト式」と言えばいいかしら。でも「餓狼伝説」のようなライン制(3ライン)になっていて、L・Rボタンでライン移動。こうすることで2D格闘風操作+ベルトアクションならではの大勢を相手に大暴れという美味しいトコ取りを実現させてます。
キャラクタはセル画風に描かれて、滑らかなアニメーション。大量の敵キャラを蹴散らす爽快感。操作性も良いし、多彩な技も簡単なコマンドで出しまくれます。
d0087129_2204643.jpg

魔法ゲージを消費して魔法を繰り出すと、カメラがぐいーっと引いて大勢の敵を巻き込むというアツイ演出。「ああもう!俺こんなのやりたかったんだよ!」って感じでした。
敵を倒すと経験値が貯まってレベルが上がり、ステージクリアの際にポイント振り分け制でパワーアップができます。キャラクタの特徴を伸ばすか弱点を補うか、自分好みに設定できるのが嬉しいところ。
ストーリーは5人の主人公から一人選んで進めます。マルチエンディングになっていて、道中の選択肢で進むステージとストーリーが分岐していきます。
お話は単に悪をやっつける!というものでもないので、いろんな展開を見てみたくなります。どれが一番グッドエンドなのかはプレイヤー毎に違ってくるはず。

ストーリーの方は2人同時でも遊べます。対戦だと最大6人!対戦モードでは主人公の他にザコキャラからボスキャラまで実に多数のキャラが使えます。さすがに6人対戦はやったことないけど、CPUを入れられるので、CPUをボス級の敵にして友達と協力して戦ったりとか、プレイヤー同士の対戦だけじゃなくいろんなシチュエーションで遊べます。
遊び方無限大の対戦モードがガーディアンヒーローズのメインという人も多いと思います。


んと、ここでリクエストの際にプレイの注文があったので、それをやってみます。

ニコレで『ばりあー(そういう技)』ハメなしでクリア

むうっ、僕はニコレ苦手なんだぞ!走ってると勝手にコケるし…
まあでも、声がピカチュウの人だから頑張るか(どんな理由だ)
d0087129_2221686.jpg

ばりあーは、文字通りバリアを張る技で、ステータスが上がった強力なばりあーを画面端でやると敵が押しつぶされてものすごいHIT数の攻撃になります。図体がデカイ敵ほど効果的。
d0087129_2211910.jpg

ばりあーハメを封印しても、裏技を使えばいくらでも強くできるからラクラクだ(笑)
え?ズルい?いやいや、まあまあ…
レベルを上げすぎると強すぎてさすがにつまんないので、ほどほどに上げておきます。
え?上げすぎ?いやいや、まあまあ…
d0087129_2224891.jpg

よし、クリアしました。このルートのラスボスはガンスターヒーローズのラスボスといっしょ。念のため、写真のニコレの上の方で吹っ飛んでるのは味方です(笑)


d0087129_2232346.jpg

ちなみに僕がよく使っていたのは少年魔法使いランディでした。
d0087129_2242113.jpg

魔法使いだから格闘は苦手かと思いきや、見栄えがするアクションや手数が多い攻撃があって面白い。そして魔法がド派手。いいっすねえ!

久々だったけど、しっかり堪能できてスッキリ。
また友達とコレで遊んでみたくなってきたなー。

というところでまた次回でーす。
[PR]
by maguro_negi | 2008-06-28 22:15 | セガサターン | Comments(5)

こんばんは、ゴッチです。

なんか、ゲームしたい。
けど、今遊びたい新作が特にない。
プレイ途中のもあるけど、なんか続きをやる気がしない。


まあ、そういう時は青春時代のゲームを遊んで熱かったあの頃を思い出そう。というわけでサターン話です。

リクエストをいただいたので、今日はアレいっちゃいます。
d0087129_23323826.jpg

「ヴァーチャル ハイドライド(セガ/T&Eソフト)」!きたこれ!
2008年現在だと、「ハイドライド」と言ってもピンと来なくなっちゃいましたねぇ。「ハイドライド」は1984年にPC-8801で発売されたパソコンゲームで、アクションRPGの草分け的存在でした。大ヒットしたゲームなので、いろんなマシンに移植されまして、シリーズは「3」まで作られました。
d0087129_2333562.jpg

で、その初代ハイドライドを3D化したのがこの「ヴァーチャル ハイドライド」です。主人公は実写取り込み、敵はレンダリングCG、背景はポリゴンとスプライトの組み合わせで構成されてます。
ちなみにベースとなっているのは初代ハイドライドではありますが、オリジナルにはないアイテムやダンジョンがあったりと、今作だけのアレンジも加えられてます。
原作は2等身のカワイイキャラ達だったんですが…さすがヴァーチャル、リアルです(笑)
っていうかヴァーチャルって言葉にとても時代を感じます。当時は最先端を予感させる言葉だったんだけどなあ。

あ、ハイドライドにはストーリーがあります。要約するとこんな感じ。

勇者ジムよ、魔王バラリスを倒し、フェアリーランド(ハイドライドの世界)とアン王女を救うのだ!

というようなド直球ストーリー。ヴァーチャル化してもそこはそのままです。

このゲームの特徴のひとつに、自動生成マップがあります。新規で遊ぶたびに世界とダンジョンのマップが組み直され、繰り返しプレイでも新たな気分で遊べるのだ!
で、ゲームには初級、中級、上級、さらに上級をクリアすると選べる特級という難易度があるのですが、難易度が上がると勇者ジムさんの負担が増えていきます(笑)


いくつか具体例を低難易度高難易度で表します。
・マップが最初から完成している自分で歩いて作りなさいよ
・次の行き先がわかる自分で探しなさいよ、なにを甘えてるんだ
・拾ったアイテムはある程度判別できる使ってみるまでわからないぞぉ、大泉くぅ〜ん
d0087129_23333199.jpg

高難易度だと薬草と毒草の見分けもつきません(笑)
使ってみて、毒状態になって初めて「毒草だった!」となるわけです。
一度使えば毒草なら判別できるようになるので、毒消し草のつもりで持ってた謎の草が全部毒草だったりしてもう!みたいなことに(笑)
そんなことに体を張る勇者はいやだ!

全体のボリュームは少ないのでエンディングまでは短いです。ダンジョンで重要アイテムを見つけて、それが次のダンジョンで役に立つ、という流れなのでそれほど難しい部分はないと思います。まあまずは次の行き先がわかる初級からやるのがいいでしょう。
ジムさんのアクションはもっさりしてるけどなかなかイイ動きだし、イベントクリアでレベルアップしていくシステムなので、レベル上げとか面倒なことしなくてもOKと、意外とテンポよく遊べます。

ただ、ただです。
今遊ぶと常に処理落ちしてるんじゃないかと思うほど動きがガックガク。
特に建物内など、画面にモノが多くなるとガクガク度アップ+スローという状態に。
もう、これはきっと魔王のしわざに違いない!
おのれ魔王め!

…まあ根気よく遊んでいればこのガクガクにも慣れてきます、たぶん。

d0087129_23342486.jpg

ううむ、ちょっと遊んで満足するつもりだったけど、中盤ちょいくらいまで進んじゃった。
でも今回はこの辺で次に行くとします。

ちなみにここまでのプレイ時間は結構ダラダラしたペースでやって、約1時間半(画面左上のTimeがそれ)です。
普通に遊んでも数時間でクリアできるでしょう。
あ、このゲームはセーブに使用するブロックが288。
サターン本体のブロックが450くらい。
本体にセーブしようものなら、ほぼヴァーチャル ハイドライドが占領します(^^;
なるべくなら外付けのパワーメモリーに保存したいトコですね。カセットの接触が悪いけど…

ってなところでまた次回!


------------- リクエスト受付中 -------------
この話題のために今出してあるソフトはこれら。
d0087129_23541091.jpg

この中で見たいもののリクエストがあれば対応しますよー。

※現在はリクエストを受け付けておりません。
[PR]
by maguro_negi | 2008-06-25 23:45 | セガサターン | Comments(8)

こんばんは、ゴッチです。

なんか、ゲームしたい。
けど、今遊びたい新作が特にない。
プレイ途中のもあるけど、なんか続きをやる気がしない。


僕はオトナになってから、たびたびこんな状態になったりします。
例えば途中のゲームとか、残業がひどくて数日遊べなかったりすると、続きがどうでもよくなっちゃったりします。

そんな時、どうすればいいのか僕は知っている!
d0087129_2245232.jpg

セガサターンを遊べば万事解決!
…当たり前ですが、これは僕に限っての話ですから(笑)
でも、昔アホみたいに遊んでたゲームを久々に遊ぶと、なぜか新作を遊ぶよりも心が満たされるのは、オトナのみなさんなら多少なりとも経験があるのでは。

というわけで、久々にサターンを遊びます。
何やろうかな〜。
手持ちのサターンソフトの中からいくつかピックアップ。
見ての通り、お気に入りのソフトはほとんど当時のアーケードの移植モノです。
d0087129_22413888.jpg

ん〜

じゃあ、今日はコレにしましょう。
他のはまた次回にでも(次回あるのか)。

d0087129_224218.jpg

「ゲイルレーサー(セガ)」!
アーケードゲーム「ラッドモビール」のアレンジ移植版です。
ラッドモビールは、専門学生の時によく新宿で遊びましたねえ。だーれもやらないので僕が延々と遊んでました(笑)
ゲイルレーサーは擬似3Dのレースゲーム。ポリゴンではなく、ラインスクロールでもない、道を小間切れにした部品を連続で拡大させて道に見せているという不思議な技術でコースが作られています。(パワードリフト方式と言えばわかる人にはわかるでしょう)

あ、このゲームは視界が狭い上に遠方がほぼ見えないというレースゲームとしてはかなり困った仕様なので、遊ぶ時は気合いでどうにかしてください(^^;
d0087129_22422263.jpg

まずはすばらしいオープニングムービーを堪能。当時は「スゲーーーッ」と思ったもんですが、今見るとエライ絵がシンプルですねえ。クルマの挙動もなんかおかしいけど、気にしないことにしよう(笑)
d0087129_22425786.jpg

ズモーーーーーーーー(エンジン音)
このレースはアメリカ横断ラリーでして、ロサンゼルスからスタートしてニューヨークを目指すことになります。コースはバラエティに富んでいて、要所要所でイベントみたいなのがあったりします。警察に怒られたりとか、隣は崖という山道でコンボイ(?)に追いかけられたりとか。
1区間走るとロードが入りますが、ロードは短いのでテンポは良いです。元々アーケードだし、ニューヨークまで走ってもそれほど時間はかかりません。20分くらい?
最終ステージでは、突如後ろからぶつかってくる奴と対決になります。
白熱のラストバトル!一体1位でゴールするのはどっちだ!?

ん…?

実はこのレース、順位があったのだ!
ここにくるまでに普通にライバルマークの付いた敵車を抜かしていれば、自動的に最終ステージの段階で自分が1位になるようにできてるのですが(笑)ライバルを抜かせずにその区間を終わらせても最後の方でつじつまが合うようになってます。
これがいわゆる「出来レース」ってやつですね!
d0087129_22432182.jpg

で、ラスボス(?)を体当たりでひっくり返してゴールするとエンディングムービー。正義は勝つ!って感じでスッキリ。

ところでこのゲーム、ライバルを抜かす時にライバルが空き缶投げてきたり、クルマがジャンプしたりすると「ヤッフー」とか声が出たり、いろいろバカっぽい要素が満載です。

最近のセガゲーって、こういうノリがどっか行っちゃった気がしますねえ。
そしてこのゲームはBGMがやたら熱いです。ゲームはそれほど盛り上がってないのに曲だけ激アツだったりするのでなんかおかしな気分になります(笑)


さあ次はなにやりますか〜。
でも、長くなってきたので今回はここまでということで。

今回出してきたソフトの中で、もし「あのソフト見せてくれ」というリクエストがあれば対応しますよ(笑)

※現在はリクエストを受け付けておりません。
[PR]
by maguro_negi | 2008-06-22 23:06 | セガサターン | Comments(4)

64ビット級


なんか、無性にセガサターンがやりたくなったので、引っ張り出してきました。

ちなみ我が家のサターン(初期型)は残念ながら故障してしまい、現在稼働中のサターンは中古で買った2台目です。これも色はグレーだけど、一度値下げされた後のタイプ。カセットの接触は1台目も2台目も悪いです。
これのおかげでいろいろな悲劇が生まれたものです…。
ウチの1台目はプリンセスクラウン中に読み込みエラーが出たり、バーチャコップ2中に勝手にフタが開いてゲームがすっとんだりしたステキマシンでした(^^;
特にバーチャコップ2の時は、バーチャコップ1を持ってる友達が銃を持ってきて、
「じゃあ二人で撃ちまくろうぜ〜!」
とかなり盛り上がって遊んでいて、ステージ1、2、と順調にクリアしてステージ3のボスの時にフタが開きました、自動で(笑)

それまで二人で一生懸命銃をカチカチやってたのに、いきなり例の画面。
d0087129_2139397.jpg

もうね、二人で爆笑しましたよ、ええ。

-----------------

なにか短い時間で濃ゆいゲームがやりたかったので、そういう時はシューティングだと決めつけて、心のゲームを2本チョイス。

・心ゲー1:レイヤーセクション
・心ゲー2:ダライアス外伝

この頃のタイトーシューティングは光っていた。そしてこの移植版は素晴らしい出来だった。
サターンは良質なアーケードの移植が多かったですね。
当時はレイヤーセクションを遊ぶとき、自分が横になって強引に縦画面プレイをしたりしましたが、今回はおとなしく普通にやりました。
レイヤーセクションは今見てもイカすなあ。BGMもカッチョイイし。エンディングがもの悲しいけれど。
続けてダライアス外伝。お決まりのルートを通ってエンディングへ。ボスのパターンをほぼ忘れていてボムを使いまくってしまった。
d0087129_2140450.jpg

しかしこれ、どういうシチュエーションなんでしょうね(笑)

1ゲームあたり20分くらい。実に濃い時間です。
こういうゲームだと「ああゲーム遊んだなあ!」という気持ちになりますね〜!
[PR]
by maguro_negi | 2007-04-05 21:48 | セガサターン | Comments(2)