ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

パックマンで大いに語る


XBOX360話です。
なんだかXBOX LIVEアーケードの「PAC-MAN Championship Edition(パックマンCE)」がイイ出来と聞いたので、体験してみました。
d0087129_19384756.jpg

パックマンの生みの親、岩谷氏が監修して数人のチームで作り、「正当進化」と言えるものになってます。

過去のパックマンシリーズを全て遊んだワケじゃないので偉そうなことは言えませんが、今までのものはどこかしらオリジナルに勝てない部分があったと思います。なにかアイデアを加えた替わりに、良いところだった部分が弱まってしまうというか。テンポだったり、爽快感だったり、シンプルさだったり。
でも「パックマンCE」は「オリジナルの良いところ、面白さをそのまま活かして」今風になってます。ゲームシステムは大きく変えずに、見た目と遊び方を工夫してみた感じ。
d0087129_19392368.jpg

d0087129_19394443.jpg

「パックマンCE」はオリジナルのドット絵を活かしつつ、うまいことアレンジしてずいぶんカッコイイ画面になってます。
ステージはワイド画面に合わせた横長になりました。ワープゾーンは上下左右。
体験版で遊べる3分モードは、3分間でひたすらエサを食べまくるというモードで、まずエサがステージの一部にだけ出ていて、それを食べていくとステージの別の場所にまたエサが出るという形。ステージの形もどんどん変わっていくので気が抜けない。そんな感じでもうひたすらず〜〜〜っとモンスターと追いかけっこをしながらエサを食べまくります。
パックマンの大前提だと思っていた「面クリア型」という部分を「面に分けないでステージを少しずつ変えながらずっと続ける」としたアイデアは「おお、なるほど、こういうやり方があったのね」と感動しちゃいました。
ひたすら消していくテトリスをやる感覚に近いです。もう黙々と遊び続ける。

徐々に早くなるスピードが気持ちいいし、パワーエサでモンスターを食べたときの演出も爽快。控えめながらスピーディーなBGMも爽快感アップに繋がります。なによりゲームのテンポが最高にイイ。
これなら完全版買ってもいいかな〜、と思える出来ですね!なにしろシンプルでアツイのです。

最近はよく「あのゲームやってみたいけど、クリアする自信が(あるいは時間が)ないから買わない」って気持ちになっちゃうんですよね。
でも、少年時代の僕はクリア出来るかどうかなんてぜんぜん気にしないでゲーム買ってました。たぶんみんなそうだったと思う。
そもそも、その頃はエンディングがないゲームが普通でした。

最初はすぐゲームオーバーになってたけど、繰り返しているうちにジワジワと粘れるようになるっていうゲームばかり。
単純ゆえに夢中になれるってヤツですね。
この「パックマンCE」はまさにそういうゲームです。なにか忘れていたものを思い出した気がしますね。
最近のゲームがハンバーグだとしたら、「パックマンCE」は切り干し大根のような…ちょっとつまむ系の、飽のこない一品みたいな。
…なんだこの例え(笑)

とにかく、遊べる環境の方はぜひ一度おためしを!
[PR]
by maguro_negi | 2007-06-21 19:49 | Xbox360 | Comments(0)