ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

自己と向き合う死にまくりジャンプアクション「CELESTE(セレステ)」を遊ぶ。


こんばんは、ゴッチです。

「ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン」を堪能したことで、自分の中に2Dアクションブームがやってきました。

ということで次にチャレンジするのはこれだ!


d0087129_08055149.jpg

「山のぼりゲーム」!

……。

も、もとい!
(いや、山のぼりゲームも大好きですが)


d0087129_08055396.jpg

Nintendo Switch「CELESTE(セレステ)」!
これ、世間の評価がかなり高いそうで、前から気になってたんですよね。
よゐこの動画でも面白そうだったし。


d0087129_08055673.jpg

主人公はMadeline(マデリン)という女性。
心に悩みを持っていて、あるとき思い立って「セレステマウンテン」にやってきました。
セレステは登山者の心を映すと言われています。
「この山を登れば、自分の中の何かが変わるかもしれない」
マデリンはそんな思いで、セレステの頂上を目指すのです。





d0087129_08055850.jpg

セレステは、横視点のジャンプアクション。
ドットで描かれた世界は美しく、場面や雰囲気に合わせたBGMや環境音、迫力のあるSEがゲームを盛り上げます。
長いオープニングとか覚えにくいチュートリアルとかはなく、ゲームスタートしてすぐゲーム。
いいぞ、こういうのがやりたかったんだ。

一見するとスーパーファミコンあたりの時代のゲーム画面に見えますが、特にレトロな感じを狙ってるわけじゃなく、凝ったエフェクトがふんだんに使われていて古くささはありません。
SEやBGMに関してもレトロハードのスペックを意識した作りではないようです。
「ドット絵で作られている現代のゲーム」って感じ。



「こんなんどうやって行くんだ…」の連続

d0087129_08060047.jpg

ゲームルールは実にシンプル。
アスレチックを進んでゴールを目指す。
これだけ。

マデリンのアクションは基本的に4種類。

・ジャンプ
壁に掴まる
壁からのジャンプ
空中ダッシュ

これらのアクションを駆使して、一見「無理だろこれ」みたいなステージを次々にクリアしていくことになります。


d0087129_08060252.jpg

山頂への道は険しく、何回、いや何百回も失敗します。
でもものすごい速さでリスタートするので、
ぐぬぬ、もう一回!」という気になれます。
リスタートポイントは細かく設定されているので、頑張っただけ先に進める感じ。

そうやって何度も繰り返しているうちに、次第に操作のタイミングが洗練されてきて、難関がクリアできるようになってくる。
この、難しい!できた!の繰り返しが気持ちよくて、いつしか夢中になってやってしまうのだ…


チャプター毎に地形のメインとなるギミックが変わり、手を変え品を変えプレイヤーを楽しませてくれます。
新たな仕掛けに慣れないうちはもちろんドカドカ死にますが、爆速リスタートのおかげで、ミスしたときのストレスをほとんど感じないのがすごい。

このゲーム、難しい反面、操作性やシステムがものすごく快適だから、何回死んでもやり直す気になれるんですよね。





山のイチゴ狩りは命がけ

d0087129_08060700.jpg

道中には収集アイテムの「イチゴ」が浮かんでいます。
空中に浮かぶフルーツ…いかにもゲーム的(笑)

イチゴはいかにも取りにくそうな場所にあって、普通にクリアするだけでも大変なのに、イチゴも狙うとなるとさらに難易度が上がります。
ちなみに集めたイチゴの数で、エンディングがちょっとだけ変わります。

やり込み要素はイチゴの他にも、隠されたカセットテープを取ると挑戦できるようになる高難易度な裏面「B面」があったり、B面をクリアすると出現する更なる高難易度な「C面」があったり、チャプターをノーミスでクリアすると手に入る「ゴールデンストロベリー」というのもあるらしい…

こ、このゲームを…ノーミスでクリアする…だと……???


d0087129_08060956.jpg

しかも、なんかゲームギアっぽい画面の「8ビット風セレステ」まで遊べちゃう。
(どうやらセレステのプロトタイプのようです)

ゲーム性はほとんど変わらないので、こっちでも何度も死にながらつい1面クリアまで遊んじゃった(笑)



音関係はマジで素晴らしい

d0087129_08061558.jpg

このゲーム、BGMがシーンにすごく合ってて、チャプターの始めは静かな感じだけど先に進むにつれ音に厚みが出てきて曲が盛り上がってきたり、場面に合わせてBGMのボリュームが小さくなったりと音の演出が秀逸。

リアルな足音や風の音などのSEや環境音もすごく良くて、厳しい雪山に挑む気分をグイグイ盛り上げてくれます。
セレステを遊ぶ時はぜひ大音量で遊んで欲しい!
ホントに音が良いんです!

ゲーム終盤、山頂へのアタックになるチャプター7のBGMは、辛い道中も苦にならないような、すごく前向きになれる良い曲がプレイヤーの疲れを吹き飛ばしてくれます。
シーン毎のアレンジ、盛り上がりもすごくいい!やる気になってくる!





会話シーンもイイ感じ

d0087129_08061715.jpg

チャプタークリア時や道中で時折挿入されるイベントシーンでストーリーが語られますが、しっかりゲームと一体化しています。
なぜこのゲームがこれほどまでに難しくしてあるのかということにも、きちんと理由付けがしてあります。


d0087129_08062754.jpg

マデリンはうつ病であり、パニック障害も持っているので、これまでいろいろと苦労してきたそうです。

自分の心を映しだすという不思議な山、セレステを登ることで、自分を見つめ直して新しい一歩を踏み出そうとしているマデリンの目には、どうもセレステはひどく難しいジャンプアクションとして見えているようだ…

この死にまくりなアクションゲームをクリアできるくらいに頑張らなきゃ、マデリンが抱えている心の闇を乗り越えられないってのも、なんだか納得しちゃう。


そしてゲームを進めていくうち、いつしか僕自身の中にも、
「ゲームを投げそうになる気持ち」と、
「難しくてもクリアしたい気持ち」が
せめぎ合ってることに気付きます。


『 征服すべきは山の頂上ではなく、自分自身だ
登山家、エドモンド=ヒラリーの言葉。

…うん、そうかもしれない。
自分と向き合い、問題を乗り越える。
自分と戦い、頂上へ辿り着く。
セレステというゲームは、たしかに登山とよく似ています。

面白そうだなと思ってゲームを遊んでいただけなのに、自己洞察みたいなことを考えさせられるとは…
霊峰セレステ恐るべし。


d0087129_08063035.jpg

登場人物は少ないですが、みんな個性的で好きになれるし、山のパワーでマデリンの闇の部分が具現化した黒マデリン(僕が勝手にそう呼んでる)との会話もすごくいい。
初めは憎しみ合っていたのに、登山の途中で何度か話し合ううちに、次第に理解し合えるようになってくる。
ゲーム中盤の会話のシーンで僕は泣きましたよ、ええ。

セレステ、ストーリーもシンプルながらもとてもいい話です。
セリフのローカライズもいい感じ。
一部和訳が変な部分もあったけど、まあ流れで内容はわかるからいいか。


ただ面白そうだなと思ってジャンプアクションゲームを遊んでいただけなのに、感動して涙するとは…
霊峰セレステ恐るべし。





プレイヤーはいつしかマデリンと一体化している

d0087129_08064064.jpg


終盤でマデリンが「2段空中ダッシュ」を会得するんですが、当然ステージが2段空中ダッシュを駆使しないとゴールできない作りになるので、難しさがまた一段と上がります。
しかも、それまでリスタートポイントが細かく設定されていたのに、終盤は長丁場のアクションをこなさないと次のリスタートポイントに辿り着けなくなります。


2段空中ダッシュをうまく使って、あのイチゴ取れる?

d0087129_08063239.jpg

汗ばむ手で身をよじるほどの難しいアクションをどうにかこうにかこなして、最後の最後でミスったときの悔しさったらないです(笑)
でも見事にアクションが決まったときは思わずガッツポーズが出るほど嬉しい!


終盤はこれまでの集大成ともいえるマップが待ち構え、ここはまさに自分の中にある弱い心との戦いと言えます。
そしていつしかマデリンと一体化したかのような気持ちになっています。

コントローラーを握る手、ボタンを押す指にこんなに力が入ったことは久しぶり。
心の中で「もうちょっとだ!マデリン頑張れ!つかまれーッ!」って叫びながらやってました。


d0087129_08064519.jpg

で、ようやく山頂に到着して、マデリンとともに晴れやかな気分になりつつスタッフロールを見ながら下山して、エピローグを楽しみました。
僕は登頂までに1169回死んだようです(汗)
そしてイチゴは全体の半分も集まってないや…。





さて、ともかくエンディングを見たし、これにて僕のセレステ登山は終わり…と思ったんですが、


d0087129_08064875.jpg

ち、チャプター8!?
続きがあるの…?
このゲーム、チャプター7で終わりじゃないのかーっ?

とりあえずやってみたけど、道が途中で塞がっている…
どうやらこれまでの道中で見落としていたアイテム「ハート」を取ってこないと先への道は開かないっぽいです。

最近の僕なら、
「スタッフロールも拝んだし、ここらでいいかぁ」
と思って終わりにするんですが、なんだろう…

「もう一度、最初から登ろう」

っていう気になるんですよね。
山って不思議。

あの死ぬほど(文字通り何度も死んだ)大変だった道中。
さらに隅々まで探索するのはさぞや大変だというのに、僕はそれをやろうという気持ちになっている。





d0087129_08065648.jpg

というわけで、最終チャプターにチャレンジするため、現在アイテム集めをやっています。
ついでにイチゴもできるだけ集めよう。
その一環でB面にも少しチャレンジしたけど、B面はBGMのアレンジが変わっててこれはまた違った雰囲気!


d0087129_08065350.jpg

いやあ、セレステ、ホント良いゲームだ。
世間での高評価も納得の、僕としてもぜひみんなにオススメしたい一本です。

難しいと書いたけど、
確かに難しいけど、
頑張った先には素晴らしい達成感と感動が待ってます。
少しでも興味があったら、ぜひ勇気を出して、セレステ登頂への一歩を踏み出して欲しい!
安いしね!


さあさあ、こんな文章読んでるヒマがあったら、あなたも早くセレステに登るんだ!

[PR]
by maguro_negi | 2018-10-19 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)