ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

コナミのファミコンゲーム好きならやるべき!「Bloodstained:Curse of the Moon」を遊ぶ。


こんばんは、ゴッチです。

アンチャーテッドも終わり、「なんか手軽なゲームやりたいな」と思って探してたら、気になるタイトルがあったのでやってみました。


サークル オブ ザ ムーンではない

d0087129_09202663.jpg

Nintendo Switch「Bloodstained:Curse of the Moon(ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン)」!

今作は「悪魔城ドラキュラ」シリーズのプロデューサーでおなじみ五十嵐さん(IGA)がコナミから独立して現在制作中の「ブラッドステインド」のシリーズ。
キックスターターで資金を集めていたときの約束に「8ビットスタイルのゲームを作る」というのがあったそうで、それが本作「カース・オブ・ザ・ムーン」ってわけです。
これは本編の前日譚にあたるストーリーみたいですね。

ブラッドステインド本編は探索型になるようですが、本作はステージクリア型。

…というか…ぶっちゃけ…これは…
すごく…「悪魔城伝説」です(笑)

スタッフも悪魔城伝説を相当意識して作ったんだなあというのがビシビシ伝わってきますね!
でもマネというよりはリスペクトというか、これドラキュラの新作と言われても納得できるほど素晴らしい出来映え。

主人公「斬月」は、武器が刀でリーチが短いですが、動かした感じはまさにドラキュラ的挙動。


d0087129_09202961.jpg

グラフィック、サウンドともにファミコンの性能を意識した作り。
流れる水に入った時には、スプライトの限界でキャラがチラチラするというところまで再現(笑)
※ファミコンはキャラが横に5個以上並ぶと表示限界を超えてしまいチラチラしてしまうのだ。

でも要所要所で二重スクロールとかしてたりするので、「見た目がファミコンなのにすげえぞ!」みたいに思えます。
感心したのはシャンデリアが揺れる時に、安易にスプライトを回転させたりせずにちゃんとアニメパターンで傾けさせているところですね。


d0087129_09203467.jpg

ボス戦は、ファミコンでは表示できないであろう大きさのキャラがグイングイン動いたりします。
でも、大きなキャラでも胴体と腕は繋がってなくて別パーツだったりと、ファミコン的な部分はきちんと守ってて、こだわりを感じます。
ボスは「倒した!」と思っても最後に一発デカイ攻撃が来るので気を抜いてるとやられます(笑)


d0087129_09203105.jpg

階段を上るときに、画面上のステータス表示部分にキャラが突っ込んだりする表現とか、ファミコン的なチープさがたまらない!


d0087129_09203754.jpg


道中で仲間になるキャラは、ムチで戦うミリアム(ブラッドステインド本編の主人公)、杖と錬金術(炎とか氷とか)で戦うアルフレッド、そしてコウモリに変身する能力を持つ、どう見てもドラキュラ伯爵の息子さんぽいジーベル。
なんだかみんなどこかで見たような気がするけど、き、気のせいさ!

仲間キャラはいつでも切り替え可能なので、地形や敵に適したキャラで攻略できます。
うっかり穴に落ちそうになって、「ヤバイ!」とジーベルに切り替えてコウモリになって落ちるのを回避とかも可能。
悪魔城伝説をやっていた頃の僕なら対応できてたんですが、
おっさんになった今では、「ヤバイ!」と思っても操作が追いつかずにスッと落ちます(笑)

しかもキャラ変更ボタンとサブウエポンボタンを間違えて、サブウエポンを投げながら穴に落ちる有様(汗


難易度はそれなりに高めだと思いますが、設定でダメージを受けたときに後ろに吹っ飛ぶ「ベテラン」か、吹っ飛ばない「カジュアル」かを選べます。
僕はおとなしくカジュアルで遊びました(笑)
カジュアルだと難易度がだいぶマイルドになりますね〜。
いや!吹っ飛んで穴に落ちてこそドラキュラ的ゲーム!」と思う方はベテランで頑張りましょう。


d0087129_09210116.jpg


各ステージの前には全体図も完備。
これこれ!こういうのあると嬉しい!


d0087129_09210491.jpg

サウンドは低音が素晴らしい8ビットサウンド。
いかにもドラキュラ的なメロディがゲームを盛り上げます。
特に幽霊船のBGMと城の書庫っぽい場所のBGMは秀逸ですね!
いや、1面のBGMも良いよな…
2面の雰囲気も好きだよなあ…
まあとにかく!BGMは素晴らしい!
ドラキュラっぽい曲が多いけど、他にも「MADARAっぽいなあ」とか「月風魔伝っぽいぞ」みたいな曲もあります。
とにかくあの頃のコナミっぽい!





d0087129_09210608.jpg

ラスボスを倒すと崖の上から城を眺めるシーン。
うん、やはりこういう終わり方だよな!
でも城は崩れないけどね(笑)


ところで!
カース・オブ・ザ・ムーンは、条件を満たすと別の物語「ナイトメアモード」が選べるようになります。
ナイトメアモードでは仲間が揃っている状態で遊べるので、今まで行けなかった分岐にも行けたりして、新鮮な気分で遊べます。
で、ボスがちょっと強くなってます。


d0087129_09210944.jpg

ナイトメアモードのラストステージは通常の時とは別ステージで、いろいろあって雰囲気がゴシックホラー調から一転、和風ホラー調に切り替わります。
そう…まさに「月風魔伝」的な!


d0087129_09211143.jpg

ラスボス前は長い下り階段と、ドラキュラとは逆の演出が憎い!


ソシテ センリツノ ヨルガ オトズレタ

d0087129_19024704.jpg

このゲーム、プレイヤーの行動次第でエンディングが変わります。
そういや悪魔城伝説もマルチエンディングでしたねぇ。
結局誰も居なくなるエンディングとかもあります(・。・;
慣れればスタートからクリアまで1時間程度なので、周回プレイも苦にならない。




d0087129_19014963.jpg

現在は「アルティメットモード」というのに挑戦中。
このモードでは斬月の能力が強化されていて「二段ジャンプ」や「溜め斬り」などが使えます。
ドラキュラ的ゲームでありながらもかなり豪快な戦いができます。
これはこれで楽しいな…!


d0087129_09211475.jpg

いやー、カース・オブ・ザ・ムーン、何度も周回したくなる作りですごい楽しいのに、これで1,000円以下とは安い、安すぎる!
軽い気持ちで買ったけど、これは想像以上のナイスゲームでした。
ファミコンでワクワクしてたあの頃の気持ちになりたい方、悪魔城ドラキュラ好きの方、これは是非ともオススメです!

で、これを遊ぶとブラッドステインド本編も遊びたくなるという…!
むぅ、は、はやく本編を発売してください!

[PR]
by maguro_negi | 2018-10-05 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)