Fallout4の雑記:その8

こんばんは、ゴッチです。
Fallout4話です。

d0087129_1948695.jpg

Fallout3にも出てきた、かなり狭い個人用核シェルター。
有事の時に慌てて逃げ込んでも、入った瞬間人生詰みそうですよねこれ(笑)
外は放射能汚染されてるだろうし、出るに出られないという…
そもそもこれ、そんなに頑丈には見えないし。
というわけで、開けてみると中から葛藤の末自殺したであろう白骨死体とピストルが出てきたりします(・。・;

d0087129_19482342.jpg

スナイパーライフルを改造したら見た目がかなり良くなりました。強そう!
威力もイイカンジです。
しばらくはとっておきの武器になりそうですよ!

エネルギー武器も独特のデザインでカッコイイけど、やっぱり実弾武器はロマンがあるぜ…!


-----------------------------------------------


d0087129_1948884.jpg

さあ、雑記も8話目。
ここへきてようやくmaguroの本来の目的である「人捜し」に着手しますよ!(遅
まあでも、この雑記ではなるべくメインクエストについては説明しない方針なので、今後触れることがあってもサラリとお話ししていきます。

何はともあれ「ダイアモンドシティ」に向かいます。
道中に気になる場所がいくつかあったけど、マップに記すに留めて探索は後回しにしよう。
じゃないといつまで経ってもシティに着かない(笑)

d0087129_1948992.jpg

そろそろ到着かな?というところで「助けて!ケガをしてるわ!」と叫んでいる人を発見。
近づいてみるとそそくさと建物の中に入っていったので、

「ははーん、罠だな」

と思ったけどあえて突入。

案の定レイダーの会話が聞こえてきた
d0087129_194811100.jpg

ほうら、やっぱり(笑)
残念だがお前らの作戦は失敗だ!死ね!
そしていつものようにレイダーどもを皆殺しにして必要そうなモノをいただきます。


d0087129_19481217.jpg

そんな寄り道を経て、ようやくダイアモンドシティ到着。
見たところスタジアムっぽい。スタジアムの廃墟を町にしたんだろうか。
町の中は安全そうだけど、周りはレイダーやスーパーミュータントがうろうろしてます。

ここへ来るまでに結構いろんな所へ行ってきたけど、周りの敵を見る限り、ここへ来るにはそれなりの強さになってからじゃないとダメっぽいのかなあ?

野球場だった形跡があちこちに
d0087129_19481439.jpg

ちなみにここは実際にボストンにある野球場「フィンウェイ・パーク」がモデルのようです。
野球場だから「ダイアモンド」なのかしら。

過去作もそうでしたが、Fallout4も実際のアメリカの有名な場所や建造物が登場します。
フィクションの世界なので改変はされているけど、ある程度は似ていたりするので、実際の写真とかストリートビューを調べてみると結構面白いです。

ダイアモンドシティはFallout3の「メガトン」的な、なんでも一通り揃ってる町のようで便利そう。
お店も充実してるし床屋もあるし整形までできる。
RADを除去できる医者がいるのがとても助かります。
鍵か掛かってるけど、後々自分の家にできそうな空き家もありますね。

でも町の人達はなにやら人造人間の問題で困ってるようです。
町の市長が演説で「私は人造人間ではない!」とか宣言するほど大きな問題みたい。
明日には隣の人が人造人間にすり替わっているかもしれない…なんていう恐怖が街中に蔓延してますね。
ウーム、人造人間の根源らしき「インスティチュート」とやらはいずれ調べないといけないかな。
興味もあるし。

d0087129_19481632.jpg

それにしても…この町はウロウロしてるだけでクエストのきっかけがメッチャ増えますね!
クエストがいきなりすごい数になったぞ(・。・;

d0087129_19481732.jpg

ラジオ局のパーソナリティーにも会えたけど、なんかあまりラジオDJな雰囲気じゃないですね。
まあそれはラジオを聞いていればわかるけども。
大人しそうな彼がなぜラジオをやろうと思ったんだろうか。

まあでも最近はあてのない旅のお供によくラジオを流してます。
流れる曲はFallout3のラジオの曲に加えて、新曲(って言うんだろうか)も増えていて良い感じです。


-----------------------------------------------


YouTubeにあったので貼っておきます


ラジオで流れる曲の中でも一番のお気に入りが「The end of the World」。
このゆったりとやさしい曲が、日が暮れていくウェイストランドの廃墟とものすごくよくマッチしてなんだか泣けてくるほど良いです。
いやほんとにものすっごい合うんですよ。
しかも題名が「世界の終わり」ですもんねえ。

歌詞の和訳を調べたら、もうまさにFallout4の主人公にぴったりな曲でした。
いやあこれは泣けますね…
ま、今のmaguroさんは主婦の時より活き活きしてそうですが(笑)

ウーム、それにしてもFalloutに使われるオールディーズはどれも良い曲ばかりだ。


-----------------------------------------------


そうそう、maguroの人捜しも一応進展しそうだけど、すんなりとは行かなさそうですね。
まあ他のクエストが気になるのでメインクエストは今のところどうでもいいや(←ひどい)

d0087129_19481827.jpg

お、このおっさんはユニフォーム着てバット持ってる。
野球にゆかりのある人かな?

Falloutの世界では野球はとんでもねぇバイオレントなスポーツになってた
d0087129_19481944.jpg

おっさん「昔、このスタジアムで『ベースボール』というゲームをしていたんだ。
     2チームに分かれて試合をする」

maguro「うん」

おっさん「片方のチームがこのベースボールバットでもう片方のチームを死ぬまで殴るのさ」

maguro「えぇ……? (;´д`)」


…もはやベースもボールも関係ねぇ!
どういうスポーツなんだよそれ!!
アストロ球団もびっくりだよ!!!


一応maguroが正しいルールを説明したけど、聞く耳持たないようだ(笑)
しかしまあ、こういう発想、僕は好きですねえ。
実にFallout的というか。


d0087129_19482113.jpg

新聞記者の「パイパー」というお姉さんと話していたら仲良くなりました。
どうも町の市長には煙たがられているようだけど、Vault出身のmaguroには興味があるようで協力的。
なので一緒に旅をすることにしました。
ちょっとドッグミートにはお留守番してもらおう。

d0087129_1948226.jpg

ところで新聞の記事にしたいからとインタビューに応じたら、出来た新聞の内容はまあいいんですが、なんか変な新聞だな(笑)
もうちょっとこう、新聞っぽくならなかったのか…
Skyrimの本の方がぜんぜんマシだったぞ(笑)


-----------------------------------------------


d0087129_19482454.jpg

さてじゃあいろいろとクエストがてんこ盛りになったので、積極的にクエストをこなしていくかな。
でもどれから手を付けたらいいのやら(^^;

ってところで、また次回でーす。
[PR]
by maguro_negi | 2016-02-17 20:00 | Fallout | Comments(0)

いろいろブログ


by ゴッチ