ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る

「TES V:Skyrim」の雑記 その4


こんばんは、ゴッチです。
Skyrim話です。

d0087129_0183527.jpg

度重なる強敵との戦闘で、maguroは魔法の重要性を知った。
剣と盾だけではやはり限界がありそうだ。
勇者たるもの魔法もそこそこ使えるべきだろう。
今使える魔法よりも強力な魔法を求め、maguroは遠い北の地にあるという魔法大学で魔法を勉強するため旅立ったのであった。


d0087129_0183896.jpg

しかし…大学は家から遠い!
めっちゃ遠いよ!
途中で寄り道しちゃって、持ち物一杯になって街まで戻って、さっきの場所から先に進んで、また寄り道しちゃって…とか繰り返してたらかなり時間が掛かりました。

d0087129_0184114.jpg

だいぶ北の方まできて、寒そうな景色にも少し飽きてきた頃ようやく到着。
大学があるっていう位だから立派な街なのかと思ったら、さみしい集落だった…。
昔は街も立派だったらしいです。
大学の建物は今も変わらず立派なんですね。
大学では今使える魔法を披露したら、あっさり入学できました。
なんという楽なテスト…!
しかも自分のベッドまで用意してくれました。
だけども生徒は数える位しかいないぞ?

d0087129_0184730.jpg

大学で授業らしいのは最初くらいで、そのあとは外で実習という形で遺跡に行って(要は普通のダンジョン攻略)、そこでなんか大変なことが起こって、maguroがあちこち遠出して問題を解決したりしていたら…

d0087129_0185169.jpg

いつの間にか校長先生に任命されていたでござる。

あ、あれ…?
あの、自分は魔法の勉強をしに来たんだけど…地位とかどうでもいいんですが…
校長先生になると魔法の能力がいきなりすごくなるというワケでもないようだし。
(頂いた校長先生の服はかなり優秀だけども)
結局、maguroが欲しかった上位魔法は、一定の魔法スキルとゴールドさえあれば、大学とか関係なしに普通に買えるということを後で知りました(笑)
あの大学関連の冒険の数々はいったいなんだったんだ…!

この一件、いくつもダンジョンを攻略することになるんですが、そのひとつにやたら長いダンジョンがあって大変でした。
敵も強いし、持ち物も一杯で、引き返そうにも今来た道を戻るなんてすごい時間がかかりそうだし…
結局持って行きたいけど諦めたアイテムもあったなあ。

d0087129_0185433.jpg

その長いダンジョンではいろんな機械の敵と戦いました。
これを作ったドゥーマー(この世界ではドワーフをそう呼ぶらしい)は、今はもういない種族らしいんだけど、機械技術が相当進んでたんだなあ~。
まさかSkyrimでロボと戦闘することになるとは思わなかった。


いやあこの大学のクエスト、結構面白かった。いろんな所に行ったし。
「魔法になんて頼らないぜ、俺はこの剣ひとつでやっていくんだ」みたいな根っからの戦士の方も、このクエストはぜひやってもらいたいですね~!
maguroも結局、ほとんどのダンジョンは魔法じゃなくて剣と弓で攻略してました(笑)
そんな人を魔法大学の校長先生にしちゃうとか、そんなんで大学大丈夫ですか!?

…そしてmaguroは学校を後にして、また気ままな冒険に旅立ったのでした。
今後、魔法学校は校長不在ってことでヨロシクお願いします。
[PR]
by maguro_negi | 2012-02-07 00:28 | Xbox360 | Comments(0)