ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

年末三夜連続企画:2009年(おもにゲーム)を振り返ってみる 第二夜


こんばんは、ゴッチです。
2009年に遊んだゲームの話をしています。今回は第2回。

今回は、僕が2009年に遊んだ据え置きゲームのソフトで、気に入ったものを振り返ってみます。


Xbox360

年明けに360エリートを導入しまして、大容量HDDで遊びまくりだぜと息巻いたものの、起動2日目にして赤ランプという素敵な話題(笑)を提供してくれた今年のXbox360。
結局今年は360を全然遊びまくれませんでした。だって買ったソフトが「真・三國無双5 Empires」だけですよ!
でも「真・三國無双5 Empires」はかなり堪能してました。今後もちょこちょこ遊ぼうと思ってます。ほら、どうせお正月とかヒマだろうし(笑)

・Fallout3
買ったのは2008年の年末でしたが、遊んでたのはおもに今年だったので今年の話題として取り上げます。
正直、ここまで面白いものだとは思いませんでした。
圧倒的な世界観と、そこでサバイバルな生活をするという緊張感。クエストが進むにつれ見えてくる深い設定。すさまじい作り込みとグラフィック、久しぶりに夢中で遊びました。夢中と言えば去年遊んだ「バイオショック」もそうだったんですが、あちらは集中してクリアして「あー面白かった!」という感じ。
一方Fallout3は自分の好きに冒険できるので「次はあそこに行ってみようかな」「マップのこれはなんだろう?」みたいに、興味が尽きないうちはいつまででもブラブラ遊んでいられるという。
この特盛りなボリュームは、僕にとっては2010年もFallout3で過ごせそうだぜと思うほどです。
始めた当初はメインクエストをクリアしたらもう放っておくんだろうなと思ってたんですが、途中からサブクエストもやらないと気が済まなくなって、DLCも遊んだりして、実は今もDLCのひとつ「Broken Steel」をやっている途中です。これが終わったら「Mothership Zeta」というのもやりたいなと。僕好みな宇宙ネタらしいのでこれは是非ともやらねば!
今から遊ぶ方はDLC全部入りの「Fallout 3: Game of the Year Edition」か、本編のみのプラチナコレクションが出ています。ガッツリ遊びたい方はGame of the Year Edition、とりあえず本編だけ(でもかなりのボリュームです)遊びたい方はプラコレをぜひどうぞ!

・オメガファイブ
Fallout3の合間にちょこっと遊べるゲームはないかなあと探してみて、Xboxライブアーケードで買ったのが「オメガファイブ」。横スクロール全方位シューティング。操作系は360のアーケードによくあるタイプですが、ゲーム自体はいわゆる横シュー。ボリュームは少ないながらも良いまとまり感で、集中してスカっと遊べます。弾幕系じゃなくて、メガドライブとかスーパーファミコン、PCエンジンあたりの時代のシューティングのような印象。
何度か遊べば無傷で進めるようになる、適度な難易度なのでかなり快適に楽しめました。
最近のシューティングは辛口なのが多くてツライ、という方は「オメガファイブ」いかがでしょう。
「これぞゲームミュージック」と思えるBGMも大変よろしいです。思わずサントラ買ってしまいました。

・真・三國無双5 Empires
「エンパイアーズ」シリーズは好きなので是非買おうと思っていたソフト。
無双5の本編はやったことなかったので、新しくなった戦闘システムが新鮮でした。
エンパイアーズでの楽しみは、エディット武将で好きなように遊べるところ。今回もかなり自由に作れる上、相当数作れます。
君主以外にも武将の立場でも国盗りが楽しめるのも面白い。
武将だとじっくりとキャラを育てつつ進める感じで、君主だとどんどん他国に攻め入っていける。
どっちのモードでもあまりストレスを感じずに遊べました。
一度天下統一を果たしても、データを持ち越せば次のプレイがより面白い。何度も何度も楽しめるスルメゲー。
すでに無双というゲーム自体がマンネリ感漂ってますが、なんだかんだ言って楽しいです。


Wii

・朧村正
「プリンセスクラウン」「オーディンスフィア」ですっかりファンになっているヴァニラウェアの横アクションRPG。今回は和風な世界ですが、相変わらず見事すぎるグラフィック、キャラの動き、そして食べ物へのこだわり(笑)
プリクラやオーディンスフィアでは戦闘が少々面倒な印象があったんですが、今回は楽に戦闘出来るモードもあって、非常に快適。ゲームのテンポや尺もちょうど良くて、とても楽しめました。ストーリーも痛快で良かったです。個人的に今まで遊んだヴァニラウェアゲーの中でも一番の出来でした。
これはもっとたくさんの人に遊んでもらいたい良ゲーム!
小粒な印象だけど、こんなに良い気分になれる、こういうゲームがもっと増えても良いと思うのです。

・スターブレード
バーチャルコンソールにアーケードカテゴリが追加。もはやWiiは家族向けマシンじゃない、おっさんの夢を叶えるマシンだ!
というわけで、中でも大変良いと思ったのが「スターブレード」。Wiiリモコンで狙い撃ちするという操作がアーケードに近くて、過去のどの移植作よりもすばらしいスターブレード体験ができます。生ポリゴンの渋い世界に浸るために、部屋を暗くして音大きめ(あるいはヘッドホン)でお楽しみいただきたい一本。クレジット入れ放題、連射機能もあるので誰でもエンディングを拝めますよ!

・Wii Sports Resort
ピンポン。これしかない。モーションプラスは正直ジャマですが(笑)、しかしピンポンの面白さは異常です。一人でも充分楽しいですし、二人で遊べばかなりの面白さ。他にもいろいろなゲームが入ってますが、やはりピンポンの出来にはかないませんね。タイトル画面でゲームスタートさせずにAとBを交互に押して遊んだりするのも一興。

・モンスターハンター3
当初やらないつもりだったモンハン3ですが、会社の同僚がやるというのでつきあいで始めました。
と思ったらやっぱりハマってしまった(笑)
ぶっちゃけそんなに変わってはいなかったんですが、微妙に良い方向に調整されていて遊びやすかったです。モンハン2の路線のまま続編だったらさぞや厳しいものになったと思うんですが、モンハン3では一度踏みとどまって初心者にもやさしい仕様になっています。特にお守りシステムはプレイヤーごとの個性が際立つ、とてもナイスなアイデアだと思いました。
タイトルは「3」ですが、今モンハンを始めたいと思ったらPSPのMHP2Gか、このモンハン3あたりから始めるのがいいんじゃないかと。覚えることが多いのでどちらも取っつきはいまひとつですが、序盤の難易度はかなり優しいのでくじけずに続けられるんじゃないかしら。
オンラインは相変わらず不親切な感じですが、過去作よりは多少よくなった所もあります(逆に悪くなったところも)。


据え置きゲームのソフトは、かなり粒よりですね。Wiiは他にも何本か買ったりしたけど、360に至っては本当に「真・三國無双5 Empires」しか買ってません。
正直据え置きゲームのソフトに期待するものは、今となってはほぼなくなってしまいました。360のソフトで「これやってみたいな」と思うものもほぼ海外ものですしねぇ。
まあでも超グラフィックのリッチなゲームを堪能したい時もあるので、来年も360には集中的に活躍してもらいたいです。ここぞと言うときにやってくれる、頼れる代打の切り札的な感じで。
Wiiも360と同じような位置づけですね。今年は朧村正とかモンハン3というようなナイスなソフトがあったのでかなり稼働したけど、来年はどうでしょうねえ。というかモンハン3はPS3版とか360版があったらそっちを遊びたかったというか(まだ言ってる)。

では来年遊びたい据え置きゲーム機のソフトは…

Xbox360
・バイオショック2
・ザ エルダースクロールズ IV: オブリビオン Game of the Year Edition

むうっ、Wiiで遊びたいものがない!
でも最近の傾向として、発売が近くなったら発表されるソフトなんかもあると思うので、きっとなにかしらは買うと思いますけども。勝手に来年は「モンスターハンター3G」とか出るんじゃないか、とか思ってます(笑)
出たらきっと買うなぁ…

360の「バイオショック2」は、かなりの期待をしています。前作はかなり好きでしたし、また水中都市ラプチャーを探検できると思うだけでワクワクですね。
オブリビオンはどうやら拡張パックを追加したバージョンが出ると言うことなので、この機会にやってみたいなと。
あと発売日未定ですが「ライオットアクト2」とかが2010年に出るならぜひやってみたいですね~。
既発ソフトでも気になるものがいくつかあるので、もしプラチナコレクションとかで出たら欲しいかな。
これに加えてFallout3のDLCも合わせたら、僕的に来年の360は安泰っぽいです。

そういえば、去年この話題で「ナインティナイン・ナイツ2」とか言ってましたが、まだ出てないっすね(笑)

来年はこれらに加えて、待望のブルーレイ・プレイヤーPS3様が登場予定です。
ブルーレイを見るのが基本的な使い方になる予定です(^^;


これで今年遊んだゲームを振り返るお話は終了です。
明日は雑記っぽい文章で今年のゴチログを締めようかなと思ってます~。
[PR]
by maguro_negi | 2009-12-30 21:16 | 雑談 | Comments(0)