人気ブログランキング |

ゴチログ GOTTHI-LOG gotthi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

いろいろブログ


by ゴッチ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

d0087129_07595587.jpg

♪つっかっもーうぜ! ドラゴンズドーグマ!
世界でいっとー スリルなひーみーつ!

さっがっそーうぜ! ドラゴンズドーグマ!
世界でいっとー ユカイなきーせーきー!
(※ドラゴンボールの主題歌『摩訶不思議アドベンチャー』のメロディで)


オッス、オラ覚者!
最近Nintendo Switch版のドラゴンズドグマやってんだけどよ、結構前のゲームだけどこれメチャクチャおもしれぇんだよなぁ〜!
正直作りがショボイ部分もあっけどよ、つえぇ奴との戦いはオラすんげぇワクワクすっぞ!





d0087129_07595930.jpg

どうもこんばんは、ゴッチです。
というわけでNintendo Switch版「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」をやっております。
なんかね、「うわー!冒険したい!」って気分になったので、お手軽に遊べるSwitch版ドラゴンズドグマいいかも!と思ってゲット。


「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」、ご存じない方もいらっしゃると思いますのでざっくりと説明を。


d0087129_07350960.jpg

「ドラゴンズドグマ」はPS3とXBOX360で発売された、ハイファンタジー世界を舞台にしたアクションRPG。
これに大型のダンジョン「黒呪島」を加えたアッパーバージョンが「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」。
その後、PS4・XBOX One・PCでグラフィックと内容が調整されたリマスター版が発売され、Switch版はリマスター版の内容になっています。

d0087129_07351161.jpg

オープンワールドのフィールドを巡り、メインストーリーの他にも数々のクエストをこなしていきます。
プレイヤー「覚者」は多数のジョブを自由に切り替え、スキルやアビリティを組み合わせて戦います。

プレイヤーの相棒になる「ポーン」がこのゲーム最大の特徴で、メインポーンの他にあと2人ポーンを雇えば、最大4人パーティで冒険できます。
雇えるポーンは他のプレイヤーが作ったメインポーンで、自分が作ったメインポーンもオンラインで他のプレイヤーが雇うことになります。
この「ゆるいオンラインシステム」が結構面白いんですよね。





さて、説明はこの位にして、まずは冒頭の簡単なあらすじを。

d0087129_08000269.jpg
d0087129_08000457.jpg

平和な漁村に伝説の存在、ドラゴンが現れました。
そのドラゴンに無謀にも立ち向かったまぐろ(プレイヤー)は、ドラゴンに吹っ飛ばされてしまいます。
倒されたところにドラゴンの鋭い爪が、まぐろの胸の方へ…!

や、やめろ!
まぐろは薄いシャツ一枚しか着ていないんだぞ!
そのヒモを切ったら大変な事に!
この健全なブログでエロ展開はダメだーっ!


d0087129_08000701.jpg

ドラゴン「…エロ展開じゃないぞ。おまえの心臓は預かった。頑張って取り返しに来いや」
まぐろ「エロくはなかったけどちょっとグロかったわ」


d0087129_08000905.jpg

そんなわけでドラゴンに心臓を奪われたまぐろは「覚者」となり、心臓を取り返すため長い旅に出るのでした。

Q:「覚者」って何?
Q:ドラゴンに心臓を奪われて平気なの?
Q:頑張ってキャラメイクしたけど顔が変…

ええと、こまけぇこたあいいんだよ!
とにかく冒険にいくぞ!

…顔については、「ドラゴンズドグマあるある」というか、どうもイベントシーンでは思ったような顔にならなかったりしますね(笑)






d0087129_08001254.jpg

「ドラゴンズドグマ」はPS3で結構遊んでたけど、久々にやってみてもやっぱり面白い。
グラフィックはキレイだし、ゲーム性も古さは感じません。

今回は、以前は手を出さなかった魔法使いで冒険を満喫しております。


d0087129_08002110.jpg


いやあ、ソーサラー楽しいっすね!
戦闘前にポーン達に属性をエンチャントして、戦闘が始まったらポーンに突撃の指示を出し、覚者は物陰に隠れながら大魔法を詠唱、発動!
これが気持ちいいんですよ!ホント。
敵味方が入り交じって混戦してるところに毒の霧を出したり、サイクロプスに雷当てて武器を落とさせたりとか、状況に応じた動きをするのが楽しすぎる。
なんだ、魔法使いプレイはこんなに楽しかったのか。

で、目下の目標は「マジックアーチャーになる」です。
今はその一環でソーサラーをやってるわけです。
やはりダークアリズンをやるからには黒呪島を攻略したいし、マジックアーチャーは黒呪島攻略に向いているそうなので、じゃあそれやろうと。


d0087129_08001466.jpg

しかしSwitch版、やはりスリープ復帰が爆速なのもあってものすごい手軽でいいですね!
携帯モードでも結構遊んでます。
病院の待ち時間とかに(笑)
病院でドラゴンズドグマができるとか、すごい時代になったもんだ。

Switchには他にもゼルダやスカイリムも遊べるわけで、改めてすごいハードだと思います。
お手軽に超ガッツリ系ゲームが遊べちゃう。


d0087129_08001725.jpg

でも病院でメインポーンのキャラメイクをしてたので、ボイスのチェックがちゃんとできずに「まあこれだろ」と勘で決めた声がなんか微妙で困ってます(笑)
そんなわけで早めに本編をクリアしてキャラクリやりなおしたい…(・。・;
覚者まぐろももうちょっと顔を調整したかったし…。

1週目が終わる頃にはマジックアーチャーも板に付いてきてるだろうから、2週目はキャラメイクをやり直してマジックアーチャーを楽しみつつ黒呪島を攻略していこう!





この人、一応重要人物だけど割とどうでもいい存在だったり…

d0087129_08001903.jpg

ドラゴンズドグマ、冒頭でも少し書いたけどゲーム全体の作りは正直イマイチに感じます。

オープンワールドにしてはマップが小さめなのは別にいいんですが、マップ上のネタや建造物・町が少なかったり、重要人物以外の人達は同じ事しか言わないし、メインストーリー自体は面白い話だと思うけど詳細の描き方が微妙だったり、クエストのフラグがいろんな状況に対応されていなくて自由度が低かったり、調合システムはあまり活かされていないし、防具は重ね着もできるシステムだけどおしゃれ出来そうなデザインのものは少ないし、ホットキーが追加されて多少便利になったもののUIは相変わらずちと使いにくいし…





大魔法「メテオフォール」をおみまいしてやーる!

d0087129_08003494.jpg

でも、そのイマイチさを補ってあまりあるのが戦闘アクション。
ポーンとの共闘感は擬似的にオンゲーをやってるような感覚でテンション上がります。

d0087129_08002658.jpg

フィールドにサイクロプスやキメラ、グリフィンというようなボス級のキャラがウロウロしていて、気ままな探索中に突如ボス戦が発生したりするのも楽しい。


ダンジョン攻略は雰囲気抜群

d0087129_08002904.jpg
d0087129_08003991.jpg

ダンジョンの数は少ないけど洞窟、遺跡、地下墓地、砦や城のようなファンタジーものにありそうなロケーションはきちんと抑えていて、ランタンを灯して攻略する雰囲気はすごくいい。
そう、このゲーム、「冒険してる雰囲気」が抜群に良いんですよね!


ボスバトルこそドラゴンズドグマの醍醐味

d0087129_08002424.jpg

そして魔物達や巨大な敵とのバトルが最高に熱い!
この部分だけでも「このゲーム買って良かった」と思えます。
気合いの入ったグラフィックとエフェクト、カッコイイBGM、ポーン達の掛け合いがシーンを盛り上げてとてもエキサイトできる!

さらに終盤、プレイヤーたちが十分強くなってきたころに挑めるエヴァーフォールや追加コンテンツの黒呪島というハクスラ風味のダンジョンが超面白いのです。





今日のおしり

d0087129_08003713.jpg

そんなわけで、その楽しいダンジョン攻略を目標にして一週目を頑張ってます。
なんだかこのところ結構寝不足で遊んでるなぁ。
ネタがあれば、また雑記を書きまーす。

# by maguro_negi | 2019-09-16 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
友達にお題を出してもらって、スマホの壁紙を作る「壁紙シリーズ」。
今回はこちら。

※画像クリックで原寸サイズが表示されます

d0087129_08483726.jpg


アニメ「ありふれた職業で世界最強」から「ユエ」さん。
吸血鬼だそうです。
各種情報は絵を描き終わってからブログを書くためにネットで調べて知りました。
資料を見たとき、「肌が白いなあ」と思ったので、いつもよりも白い肌色を使いましたが、そういうことだったのね。

ユエさんの服、前にフリルが付いていて面倒そうだったので、後ろ向きにして面倒な部分を描かないという作戦でこのポーズになりました(笑)
壁紙シリーズ、回数を重ねる毎に僕のズルさがレベルアップしていく!
いや、「作業が洗練されていってる」ってことにしよう…(・。・;
そんな壁紙シリーズ、なんと来年で10年目ですよ!そんなにやってたのか…!




今回の残念賞

d0087129_08483459.jpg


そして今回採用されなかったお題はこちら。
残念賞描くの久々だったなあ。
今回はブラシをいつもと違うものにしました。
これにより残念感が増した気がする!
そしてやはりぱっつん女子の残念賞はいいな。


※当ブログでは、イラストのリクエストは受け付けておりません。

# by maguro_negi | 2019-09-15 00:00 | 壁紙いろいろ | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

d0087129_07234671.jpeg

先日配信開始になった、Nintendo Switch Onlineのスーパーファミコン、早速遊んでみました。

メニューにはファミコン同様にパッケージアートがズラリと並びます。
スーパーファミコンのソフトの箱は企画が統一されていたので、すごいキレイに並びますね〜。
でも「ファイナルファンタジー」シリーズみたいにパッケージアートが横になってるのが配信されたらどうなるのか。
…ん〜、でもファイナルファンタジーはたくさんリメイクとかされてるからあえてスイッチでオリジナル版は配信されないのかな?





いまさらマリオワールドの出来に唸る

d0087129_07235108.jpeg

で、とりあえず「スーパーマリオワールド」を始めてみたけど、さらっと様子見するつもりが結構遊んじゃった(・。・;
僕はスーファミをもちろん持ってたけど、このマリオワールドは持っておらず、何かの機会で少し触った程度でした。
なので今回がほぼ初プレイなんですよね。

それに、スーファミが家庭用ゲーム機の覇権を握っていた1990年代、当時高校生の僕はちょっとひねくれていたというか…王道から外れたいお年頃でして(笑)、ゲームはメガドライブをメインに遊んでました。
なので、「マリオなんて子供が遊ぶヤツだゼ」みたいに思ってたんですよね。
だって雲に目が描いてあるんですよ。なんてファンシー。
俺は特別な存在。世間はそれに気付いていないだけ…」的な考えを持つティーンエイジャーがそんなファンシーな世界観のゲーム…たとえやりたくてもやるわけないじゃないですか。

d0087129_07235896.jpeg

しかし今の僕は鼻毛に白髪が混じり、老眼もはじまったおっさん。
中二的な気持ちが失せた今、このマリオワールドも心から楽しめる。
そして「うわー、これなんて楽しいゲームなんだ!」って思いました。
操作感、BGM、気持ちいいSE、さりげないけど気の利いている演出!


d0087129_07240453.jpeg

中でも「これいいなぁ」と感心したのが序盤のメッセージ。
音読するとすごくテンポのいい文章で、読んでいて楽しくなります。
「マリオをひとり プレゼント!」っていう言い回しが楽しい!
マリオを「モノ扱い」してるところがなんとも言えぬ面白さ。


d0087129_07241200.jpeg

「セレクトボタンで とれたりもします。」
このやさしい言い方のおかげで、ゲームを中断して説明文を読んでもそんなにストレスを感じない。
ゲームの世界に入り込んだまま、説明を聞いている感じ。
「キープしたアイテムはセレクトボタンで取り出せます」みたいな文章だと興が冷めますもんね。
「これ、うまいなぁ」って感心しました。
なんだか糸井重里さんが書いたかのような雰囲気の文章です。





d0087129_07260924.jpeg

そして「F-ZERO」。
僕が初めて買ったスーファミソフトがこれ。
今遊んでも楽しいなあ、ほんと楽しい!
このスピード感、気持ちのいい操作性!ダッシュゾーンで加速したとき、限界を超えて加速したマシンをどうにか制御する感じ!
熱い、熱いぜ!

d0087129_07263164.jpeg

でも、思ったのが「Joy-ConじゃF-ZEROをきちんと堪能できないな」ってことでした。
アナログスティックやJoy-Conの独立した十字のボタンでは、マシンが蛇行しがち。
F-ZEROでキレイにラインを走るには、十字キーをコツコツと押して角度を調整する必要があるけど、アナログスティックではそれがすごくやりづらい。
ジャンプ台でも下を押しながら少し横に曲がるとかもやりづらい。
なのでF-ZEROはプロコンで遊びました。


今日の事故

d0087129_07262448.jpeg

スクショ撮ろうと思って走りながらコントローラーを持ち替えてたらジャンプ台に乗っちゃって墜落しました(笑)
落ちれば死… F-ZEROは容赦ない…!





d0087129_07502510.jpg

Joy-Conではやりにくく感じたし、プロコンでも当時の操作感とはちょっと違う。
そうなるとやはりスーファミを真に堪能するには、このスーファミコントローラーをゲットした方が良いってわけか…。
これ、欲しいなぁ(笑)

# by maguro_negi | 2019-09-09 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

d0087129_20223541.jpg

「Nintendo Direct 2019.9.5」見ました。
また今回も物量の暴力というか、
「ほれほれ、新しい情報だぞ!」
「これもあるぞ!」「これはどうだ?」「まだまだあるぞ!」
「さらに『ぶつ森』の映像もあるぜぇ…!」
という感じでお腹いっぱいでした。


d0087129_20223920.jpg

のっけから「オーバーウォッチ」がスイッチに来るという情報!
おお、これはキャラが魅力的なんですよね〜!
気になるぞ!
他にもスマホで人気のバトロワ「荒野行動」も配信されるとか。
あえて「PUBG」じゃないところが、スマホ世代へのSwitchのアピールってところでしょうか。


d0087129_20224231.jpg

そしてスマブラSPで「バンジョー&カズーイが当日配信」とパンチをかましたあとのテリー参戦決定!
参戦ムービーがいいですねえ〜!
僕らの世代的にはネオジオ起動音だけでニヤニヤするし、「草薙京…じゃないのか!」「ナコルル…でもねぇ!」という引っ掛けの連発がおもしろ過ぎる!
わざわざネオジオ画質のドットで作ってるところがものすごい「わかってる」なあ。
ムービーを見ながら「あ、これ覇王丸だな、サムスピ新作スイッチで出るらしいし」と予想したんですが正解はテリーでした(笑)
最後の切り札はものすごいスケールのパワーゲイザーなんだろうなと予想。

そしてこれで「カプコン vs SNK」が任天堂のゲーム(しかも開発はナムコスタッフ中心)で実現するというわけのわからないことに…!

ところで、追加キャラ枠はあと一人なんですが、さらなる追加キャラも増やすのだとか。
どこまで増えるんだこれ…(・。・;
キャラが増えると新ステージ制作やキャラごとのバランス調整とか、あとカービィのコピー追加の作業が発生するわけで…
そろそろ桜井さんとスタッフを休ませてあげて!
でもカービィの「バーンナッコー!」とか聞いてみたい。
きっとすっげえかわいいぞ(笑)





d0087129_20274956.jpg


そして僕としてはかなりうれしい「Nintendo Switch Online スーパーファミコン」配信!
なんと20本が一気に同時配信!やべえ!
久々に「F-ZERO」「スターフォックス」あたりをサクッと遊びたい。
スターフォックス同様にスーパーFXチップ搭載の「ワイルドトラックス」は未プレイだったので、この機会にぜひやってみたいですねえ。
いまやると「フレームレート低っ!」って感じると思いますが、僕は先日メガドライブ版「ハードドライビン」と「バーチャレーシング」を遊んだばっかりなのでたぶん大丈夫だ(何が)

しかし、ミニスーファミで人々にスーファミを認知させてからしばらく時間をおいて、スイッチでスーファミを一挙配信とか、最近の任天堂は戦略がうますぎるな…!





d0087129_20342529.jpg

あと、すごく気になったのがポケモン。
着せ替え要素がすごいですねえ。もう着せ替えというかアバター作成に近い。
この着せ替えやりたさにポケモンやりたい位だ(笑)





d0087129_20225128.jpg

あっ、配信されたらぜひやろうと思ってる「すすめ!! まもって騎士」がさらっと10月配信と発表されてるーっ!?
やべえ!それまでに今進めてるゲームをなんとかしないと!
っていうかアマゾンさんあいかわらずムチムチだな!
3DS版のあとに無料配信されたおまけゲームでのダイエット失敗したのか…?
まあ僕はぽっちゃり大好きだからむしろいいんですけど!


d0087129_20225303.jpg

さらに懐かしの「もじぴったん」新作が出るのか!これはやりたい!
もじぴったんはゲームも面白いけど何と言ってもBGMが秀逸なんですよね。
最近の言葉も収録されているようで「いんすたばえ」なんてのもある(笑)
さらにゲームに収録される言葉も募集するらしい。
むう、これ若者言葉やネット用語増えそうだぞ。
「とりま」とか「タピる」とかあるかもしれない。
タピオカの行列を見ても、おっさんの僕はなんであれに並ぶのか意味がわからないんですが(・。・;





d0087129_20225681.jpg

「あつまれ どうぶつの森」の情報は、E3時点の情報をおさらいした感じですね。
まだしずえさんが出てこない…
こうなると、いずれやるであろう「あつまれ どうぶつの森 direct」までひっぱるのか!?
それにしても、道を作る作業の手つきが職人的で素晴らしい。
道の角を丸くするとか、いったいどこまで土木作業にこだわれるんだこのゲームは…!
は、はやく土木作業をやらせるんだ!
もう待てねぇ!





とまあ、僕が気になったところだけ抜き出してもかなりの物量でした。
WiiやWiiUからの移植もちょいちょいありますね。
個人的にはそろそろ「Wii Sports」とかSwitchでやりたい!
特に「Resort」のほうにあった「ピンポン」を。
むしろピンポンだけでもいい!
あと、WiiUの「スーパーマリオ3Dワールド」、未プレイなのでSwitchで出たらやりたいなあ。


ところでカプコンは移植ものばかりなのが気になりますね。
そろそろ、「モンハン新作をスイッチで出す!」とかやってほしいところですが、もしやるとしてもゲームショウとかのタイミングなのかしら。

うーん、ともかくまずは10月の「まもって騎士」だな!これはやろう!

# by maguro_negi | 2019-09-06 00:00 | Wii・Wii U・Switch | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
友達にお題を出してもらって、スマホの壁紙を作る「壁紙シリーズ」。
今回はこちら。

※画像クリックで原寸サイズが表示されます

d0087129_07231461.jpg


アニメ「からかい上手の高木さん」から「高木さん」。
「高木さん」って名前ないのかしら?


今回の背景はうまくできたと思う

d0087129_07294588.jpg

ところで、今回は背景を合成写真にしました。
空と遠景と近景の3枚の写真を適当に切り抜いて色調整してぼかしたりして組み合わせてます。
色調整で写真がアニメの背景によくある色合いの背景になったので、「お、これは使える」と思って採用。
この手法は簡単で見栄えが良いので、今後も折を見てやってみよう。
この合成写真はPhotoshopでやったんですが、今後はPhotoshopに頼らずに壁紙を作ることにしたので、iPadで同じような画像調整が出来るのか…?
今度実験してみようっと。

ということで、しばらくの間は壁紙シリーズの背景や仕上げがかっこ悪いかもしれません(笑)
ご了承ください(^^;


ところで前回書いたとおり、今回も残念賞はありません。
2回連続残念賞なしだと、なんか物足りない気分。
そろそろキチッとした残念賞を友達にお見舞いしたいところです…!



※当ブログでは、イラストのリクエストは受け付けておりません。

# by maguro_negi | 2019-09-01 00:00 | 壁紙いろいろ | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。

最近息子がDSで「リズム天国ゴールド」をやっていて、それを見ていた僕もリズム天国やりたいなあと思うようになり、「リズム天国 ザ・ベスト+」を買ってしばらく遊んでました。
で、一区切りついたかなと思ったので感想です。

d0087129_15271702.jpg

3DS「リズム天国 ザ・ベスト+」はおなじみリズム天国シリーズの3DS版。
過去のシリーズから全てではないけどかなりの数のリズムゲームが収録されており、さらに新作も入っている特盛ボリュームで遊びごたえバッチリ。

タッチペンで遊ぶ「ゴールド」の曲も、ボタン操作で遊べるようになってます。
「はじく」がポイントだったゴールドの曲がボタン操作になると、かなり簡単な印象。

歌モノは一部ボーカル担当が変わっていたりしますがほとんどはオリジナルのまま収録されてます。

今作の特徴として、リズムゲーム中、ボタンを押した時のタイミングが下画面で確認できるようになりました。
一定のリズムを刻む系のものだとこれでタイミングを微調整ができるので助かります。

さらにリズムゲーム後の判定画面で細かい得点が表示されるようになりました。

いままでは大雑把に「やりなおし」「平凡」「ハイレベル」でしたが、今作でついにその中身が明らかになったのだ!
でも得点は出るものの判定表示は今まで通りですけど。
いやむしろ得点だけになったらそれは味気ないのでこれでいいと思う!


今作でも女子キャラはかわいい。もちろんシュールなキャラもいるけど!

d0087129_15273606.jpg

また、曲のあるポイントでジャスト判定が出ると星マークが付く「キメ星」なんてのもあります。
このキメ星が決まった時の音が気持ちいいんですよね〜!

リズム天国って、曲がいい上にSEが気持ちいいから遊んでいてすごく楽しい。ここは今作でもしっかり踏襲されています。


リズムゲームをクリアして門を開き、先に進む作りになっている

d0087129_15272083.jpg

そして今作ではシリーズ初の試み、「ストーリーモード」があります。
今までは一覧画面でリズムゲームをクリアすると次のリズムゲームが出てくるという流れでゲームが進みましたが、今作はストーリーを追いながらリズムゲームをクリアしていくようになりました。

…ま、ストーリーがあろうがやることは一緒です(笑)

で、このストーリーが僕には正直邪魔に感じました。
遊びつつ「これ、要る?」って。
致命的なのが、先が気になるような話じゃないという点です(・。・;

先に進むためのモチベーションを保つためにストーリーを入れるなら、せめて先が気になる魅力的な話にすべきだと思うし、そういう話じゃないならいつも通りの一覧画面でよかったよなあと思います。





やはり「レスラー会見」は最高だな!ドヤァー!

d0087129_15272952.jpg

ストーリーはイケてないけど、リズムゲーム自体はどれも面白いし、新作もいい出来。
「マキネコ」の後ろのネコがウザいのとか面白すぎる!


d0087129_15272751.jpg


「ミュージアム」という場所なら過去作みたいに一覧の形でゲームが遊べるので、ストーリーが終わったら主にミュージアムでゲームを遊ぶようになりますね。


やっていて一番好きなのは「かえってきたバトミントン(Wii版のバトミントン)」!これはホント気持ちいい。

d0087129_15273111.jpg







やり込み要素としては、おなじみの「パーフェクトキャンペーン」の他に「チャレンジ」というのがあります。
「チャレンジ」はいつもより早いテンポで遊んだり、ジャスト判定を繰り返さないと強制終了させられるという条件付のもとで数個のリズムゲームに連続挑戦するというモード。


ボッサレシーブやりたいけど高い…!

d0087129_15272208.jpg
d0087129_15272594.jpg


今作では、ストーリーに含まれなかったリズムゲームは「ショップ」で買うことで遊べるようになるんですが、リズムゲームを買うには「ノリ玉」というのが必要で、これはパーフェクトキャンペーンでパーフェクトを取るか、チャレンジをクリアすることでもらえます。


ノリ玉を集めるのがだんだんしんどくなってくる

d0087129_15273871.jpg

パーフェクトキャンペーンは過去作同様に丁寧なプレイを心がければ大体クリアできるからいいとして、チャレンジが途中からかなり厳しくなってきて、やっていてイライラするようになってくるんですよね。
うーん、良かれと思って追加した要素がどうにもイケてないというか、面白さを邪魔してる感じに思えてしまう…。





「カラテ家」のシリーズがこれ一本で全部遊べるというだけでも価値がある。パンチキーック!

d0087129_15273331.jpg

そんなわけで、「リズム天国ザ・ベスト+」の感想でした。
一通りリズムゲームをオープンしてしまえば、あとはリズム天国の決定版として楽しく遊べるけど、そうなるまでが面倒。
チャレンジはあってもいいけど(少し手加減して欲しいけど)、単調なストーリーのせいで次々リズムゲームをクリアしていく今までのリズム天国のシンプルかつ快適なテンポが削がれてしまったのがもったいない。
作りを変えずに今まで通りに作れば決定版になれたのにという惜しい一本でした。

願わくば、Switchで今度こそ決定版をお願いしたい!
次はストーリーなしの素直な作りでお願いします!

# by maguro_negi | 2019-08-28 00:00 | DS・3DS | Comments(0)

こんばんは、ゴッチです。
友達にお題を出してもらって、スマホの壁紙を作る「壁紙シリーズ」。
今回はこちら。

※画像クリックで原寸サイズが表示されます

d0087129_07103879.jpg


アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」から「ラティナ」さん。
むぅ、タイトル長いな(・。・;
長すぎて、ブログのタグにタイトル全部入らなかったや…
魔神族の少女で、頭に角があるけどリボンで隠しているそうです。

今回は余裕があったので、友達KとMが出したお題を両方壁紙として作ったので、残念賞はありません〜。
つまり次回も残念賞がありません。
残念賞ファンの方すみません!(そんなファンいるのか)
ではまた次回でーす。



※当ブログでは、イラストのリクエストは受け付けておりません。

# by maguro_negi | 2019-08-25 00:00 | 壁紙いろいろ | Comments(0)